日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > Jリーグ序盤戦を終え、分かれた明暗

元日本代表レジェンドが率いるチームが軒並み低迷……Jリーグ序盤戦を終え、分かれた明暗

Jリーグ公式サイトより

 サッカーJ1リーグ序盤戦を終え、チームの明暗が分かれ始めている。

 まず明となったチームの筆頭といえるのが、大分トリニータだ。開幕前にサッカーライターたちが「大分は予算的には厳しいが、戦術スタイルが一貫しているという強みがある」と語っていたように(参照記事1)、その強みがフルに発揮され、4月25日現在4位につけている。

 同様に首位のFC東京、2位のサンフレッチェ広島、3位の名古屋グランパス、5位の鹿島アントラーズも、一貫された戦術で結果も内容もついてきている。

 不思議なのは浦和レッズ。6得点7失点の得失点差は-1と、下位にいてもおかしくない数字にもかかわらず、4勝2敗2分けで6位につけている。内容も低調なパフォーマンスではあるが、それでも確実に年間で1タイトルは獲得するオリヴェイラ監督のスピリットが浸透し始めたゆえんの数字だろう。

 一方で、8位のコンサドーレ札幌は13得点13失点で4勝4敗というわかりやすい成績に。攻撃型で素晴らしいパフォーマンスは見せるものの、勝負弱いペトロビッチ監督の色が出ている。ある意味、オリヴェイラ監督と同じで、自らの色を持っているともいえる。9位の横浜F・マリノスもポステコグルー監督らしいサッカーを展開している。

 そして、チームとして強固な色を持っている川崎フロンターレは現在7位。ただ、チームに焦りはなく、ここから徐々に順位を上げていくはず。10位の松本山雅FCと12位の湘南ベルマーレも近年作り上げたチームカラーに迷いはない。明とはいかない順位ではあるが、悲観的になる必要はない。

 暗といえるチームに部類されてしまいそうなのが、13位の清水エスパルス、14位のセレッソ大阪で、監督の手腕は申し分ないのだが、なぜか結果がついてこない。内容は悪くないだけに、シーズン中盤に向けて勝ち点を重ねないと、フロントも心中するか否かの判断が難しくなる。

 また、ガンバ大阪はメンバー的に上位にいてもおかしくないはずなのに、現在15位と低迷している。レジェンドでもある宮本恒靖監督が2年目となる今季で、チームに上積みを与えられるかにかかっている。

12
こんな記事も読まれています

元日本代表レジェンドが率いるチームが軒並み低迷……Jリーグ序盤戦を終え、分かれた明暗のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真