日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > 遺体を鍋で煮込んだ八王子カリスマホスト殺害事件
【wezzy】

遺体を鍋で煮込んだ八王子カリスマホスト殺害事件【高橋ユキ裁判傍聴】

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 天皇陛下の生前退位により、30年の歴史を終える「平成」。5月1日から新元号「令和」に改元される。バブルの崩壊とともに始まった平成を、各紙がさまざまな視点から回顧している。

 筆者は2005年(平成17年)から、主に刑事裁判を見つめ続け、傍聴ライターとして稼働してきた。本記事では、これまで傍聴してきた刑事裁判を1年に1件ずつ紹介しながら、平成の事件を振り返ってゆきたい。

【平成の事件10】八王子カリスマホスト殺害事件
<2014年傍聴@東京地裁立川支部>

 2010年11月、八王子市内のホストクラブ『バリカン』を経営していた土田正道さん(43=当時)が失踪。「西東京のカリスマ」と呼ばれていた土田さんはかねてより知人に「丸1日連絡が取れなくなったら警察に相談してほしい」と話していた。捜査員らは交友関係や金銭トラブルなどを徹底的に調べ上げた結果、2013年のホスト仲間ら7人の逮捕で全貌が明らかになる。

 その年、土田さんの遺体が同市内の民家に運び込まれたという情報が寄せられた。捜査員らが民家を家宅捜索した結果、汚水槽から顔の骨の一部とインプラントを発見する。このインプラントが生前の土田さんのものと一致した。

 犯行を主導したのは土田さんの後輩で、金銭トラブルを抱えていたホストクラブ店長・玄地栄一郎(31=逮捕時)と、インプラントが見つかった民家所有者の息子でホストの阿部卓也(同26)だった。玄地は公判を待たずに拘置所内で首に靴下を巻き自殺している。阿部には懲役20年の判決が下された。

 阿部は店内で土田さんを射殺後、遺体を衣装ケースに入れ、寸胴鍋、コンロなどとともに、父親の家に運び込んでいた。遺体を鍋に入れ、パイプ洗浄剤などの類いの強アルカリ性の薬剤を大量に投入し、コンロの火をつけ、薬剤で煮溶かしていたのだ。

 阿部には当時妻がおり、その妻は阿部から『父親を飲みに連れて行ってほしい。その間に死体を溶かす』と頼まれていた。そのため前日の夜から阿部父は元妻と飲みに出かけていた。しかし、予想に反してなかなか遺体の処理が終わらず、結局朝に。それでも遺体は溶かしきれなかった。阿部父が帰宅したとき目の当たりにしたのは、自分の息子が遺体を鍋で煮込んでいる場面だった。

「息子をそのままにしておけない、息子を犯罪者にするわけにはいかない。鍋もあって、死体もそこにまだあって、どうにもできず、しかも卓也も『頼むから続けさせれくれ』と言うので通報できなかった」

 公判でこう振り返った阿部父は、その後、息子の願いを聞き入れ、リビングに座り、遺体が溶けるのを待ち続けたという。

「キッチンには入らなかったので鍋の中も見てません。溶けるときの音は聞こえてました。けっこう大きな、ジュッて音だったんで」

 ところが翌日になっても息子の仕事は終わらない。結局、阿部父もついに死体損壊に関与してしまった。

「骨を砕くのを手伝いました。初めは息子は『何もしなくていいから』と言っていたんですが、だんだん焦ってきたようで、鍋から骨出して、砕き始めて、その音が大きくなってきて、けっこう見るに見かねて『手伝うよ』って。気持ち悪いっていうか、なんで私がやんなきゃいけないんだという思いはありました。鍋を洗ったり……」

 その後、骨だけとなった遺体を浴槽で砕き、大きな骨片は河原で“バーベキューを装い”ながら、息子とともに川に流したという。この“バーベキューを装う”提案をしたのも、阿部父だった。偶然に事件に巻き込まれながら、最終的には主体的に関与してしまったのも、全て息子への愛情ゆえか。阿部父には今年1月、執行猶予判決が下されている。

「土田さんは怖い人でした。少しでもミスがあれば、殴られたり、裸踊りをさせられたりしました。同僚と殴り合いをさせられたり、電話に出れなかったことでまた殴られたり、花火を向けられてヤケドを負ったり、『ラーメンをおごれ』と言われて財布に金がないと、ボコボコにされたり、顔にマジックで『僕はチンカスです、バカです、ホモです』って書かれて笑い者にされたり、立ち方が気に入らないと殴られて、うずくまると頭にオシッコをかけられる……」

 実行犯の阿部は、生前の土田さんによるパワハラがあったことを公判でこう語っている。

 

【平成の事件11】柏通り魔事件
<2015年傍聴@千葉地裁>

 2014年3月3日の夜に千葉・柏市内で発生した連続通り魔事件。翌々日に逮捕されたのは近所に住む竹井聖寿(24=逮捕時)だった。捜査員から任意同行を求められた際、チェスの“詰み”を意味する「チェックメイト」とつぶやいたことや、連行される際に「ヤフーチャット万歳!」と叫んだりしたことが注目されていたが、翌年に開かれた裁判員裁判においても奇行が目立った。

 初公判からしばらくは、スーツに身を包みうつむいて入廷し、しおらしい姿を見せていたが一転、第4回公判では、法廷に入るなり『ワンマンショー』を開催。思わぬ事態に裁判の進行が遅れる事態となった。開廷時刻より少し前に法廷奥のドアから警備に伴われ入廷した竹井は、いつものスーツではなく白いタンクトップに膝下丈のジーンズという出で立ち。ドアが開くなり「僕〜が僕〜であるために〜〜勝ち〜続けなきゃ〜ならない〜」と尾崎豊の『僕が僕であるために』を熱唱し始めた。

 弁護人も検察官も席についているが、なぜか誰も止める者はおらず、竹井は歌い続ける。

「ぬ〜すんだバ〜イク〜では〜しりだす〜ゆく〜さきも〜わか〜らぬ〜まま〜」

 メドレー形式で『十五の夜』に移る。先ほどと同じくなぜか誰も止めず竹井は歌い続け「自由になれた気がした〜十五の夜〜」まで歌いきってしまった。

 その後、間髪入れず「検察官!今のうちに死刑求刑しておけ!俺は反省する気は一切ない!」と叫ぶ。

 刑務官らはいつにもまして距離を詰めて竹井を取り囲み、弁護人はこの段になってようやく「だまりなさい!」と言い出したが、竹井に黙る様子はない。

「覚悟しておけ!道連れだ〜〜!ハッハッハッハッ、ハッハッハッハッ」

 笑い声が法廷に響き渡った。弁護人は苦悩の表情で目を閉じ……裁判は休廷。それ以降、またしばらく竹井は大人しくなったのだが……判決の日。再び〝タンクトップモード〟に。法廷に入るなり、また歌い出した。

「彰晃~彰晃~彰晃彰晃彰晃~」

 今回は麻原彰晃の歌からスタートである。「静かにしなさい!」という裁判長や弁護人の制止も聞かず、メドレーは次の曲へ。

「行儀よ~く真面目なんて出来やしなかった~」

 尾崎豊の『卒業』だ。「この支配からの、卒業~」まで歌いきった後、弁護人に小声で叱られ、静かになったが「薬でラリってます、フッフッフッフッ」と笑い続けた。

 メドレーはここで終わり、裁判長の判決言い渡しが始まる。主文となる無期懲役を告げられるや否や、なぜか両手を高く上げて拍手。閉廷後も「これでまた将来殺人ができるぜぇ~~。検察官、このメガネ野郎、殺人は麻薬よりセックスよりも気持ちいいぜ~~ハッハッハッ」とまた高笑い。5人の職員に引きずられて法廷をあとにした。2016年、無期懲役が確定している。

 

【平成の事件12】無罪確定男の、ホテル女店主殺害未遂事件
<2016年傍聴@大阪地裁>

 2014年11月5日午前8時40分ごろ、大阪市北区兎我野(とがの)町のホテルの一室で、女性(38=当時)が顔や首などを男に刃物で刺され重傷を負った。警察官が駆け付けたが男は血のついた果物ナイフをなかなか離そうとしなかった。手からはたき落として、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

 無職の中勝美(66=逮捕時)は、2008年に京都府舞鶴市で高校1年の女子生徒が殺害された事件で起訴されたが、大阪高裁で逆転無罪となり、2014年7月に無罪判決が確定した男だ。別の事件で実刑判決を受けて事件直前まで大阪刑務所に服役していた。

 大阪市梅田地区。新御堂筋と扇町通の交差点から南東に進むと、ラーメン屋や商店、古いマンションやホテルなどが立ち並ぶ一角がある。『山田レジャーランド(仮称)』とゴシック体で描かれた大きな看板がかかるビルは、ここ兎我野町の目印。スポーツクラブのような名称だが、中はスナック、人妻キャバクラ、ホテヘル店がひしめく風俗ビルだ。2014年11月5日の早朝、事件はこのビル2階のホテル『X』で起きた。

 この緊迫した逮捕劇が繰り広げられた『山田レジャーランド』から10分ほど南に歩くと、淀川の手前に大きな建物が見えてくる。ここ大阪地裁で中の公判は開かれた。罪名は建造物侵入、強制わいせつ致傷、殺人未遂、銃刀法違反。強制わいせつ致傷で起訴されていたのは、殺害前にわいせつ目的があったと検察側が判断したためだ。

 起訴状によれば「当日ホテル内において刃体10センチメートルの果物ナイフをAさんの首に当て『服を脱げ、脱がないと殺すぞ』と脅し、そのナイフをAさんの首元に突き刺し、上半身をめくりあげ、両乳房を揉み、頸部、胸部など多数回ナイフで突き刺し全治1カ月の外傷性出血性ショック等を負わせたがAさんは逃げ出し、他店従業員の通報で居合わせた警察に逮捕された」とある。

 最終的に判決でもこの流れが事実だと認定されているのだが、中は「来るなとは言われていない。Aさんは……そのことで口論となり…Aがホテル内のナイフを持ち出した……私は取り上げてもみ合いになり……決してAさんを殺そうと思っていない」と、口論になりもみ合う中で刺さったのであり、殺意がなく、正当防衛だと主張。わいせつ目的も否認した。

 公判ではAさんも証人出廷し、中と出会った驚くべきいきさつを明かした。

 中は無罪確定の前年、2013年8月にコンビニでアダルト雑誌を万引きした窃盗罪で有罪判決を受け服役しており、2014年9月30日、大阪刑務所を出所した。その直後、ふたりは出会った。その日AさんはJR堺市駅のホームで中に『仕事をしないか』とスカウトしたのである。知人から『出所者は仕事を探していることが多いから、掃除の仕事でも続けてくれるのでは』と知恵を授けられたのだと明かしていた。しかしAさんは中被告を『使えない』と早々に見限った。

「ウチのホテルは部屋番号がアルファベットなのに、被告人はABCDが分からない。お客さんを案内できない。それに被告人はホテルで仕事してる間、お客さんと何度ももみ合いのケンカをした。なので『休んでください』と言いました」

 Aさんは滅多刺しにされており、包丁が頬を貫通し舌に刺さった傷で多量に出血し「あと10分搬送が遅れていれば助からなかった」と医師は調書で語っていた。

 中には懲役16年の判決が言い渡され、双方控訴せず確定。服役中の2016年7月11日の朝、堺市の大阪医療刑務所で病死した。

 次回は2017〜2019年の傍聴を振り返る。

最終更新:2019/05/01 07:15

遺体を鍋で煮込んだ八王子カリスマホスト殺害事件【高橋ユキ裁判傍聴】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

小津安二郎「子が親を何度もビンタする」名シーン

 こんばんは、宮下かな子です。  最近、脚の...…
写真
インタビュー

里咲りさ×鈴木咲スペシャル対談

前回の倉持由香さんとの対談に続き、連載2回目に登場いただく対談相手は、倉持さんの友人でも...
写真