日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 福山雅治も絶賛の“メガネ美女”とは

『集団左遷』福山雅治も絶賛した“クールなメガネ美女”の意外な正体って!?

『集団左遷』福山雅治も絶賛したクールなメガネ美女の意外な正体って!?の画像1
橋本真実/所属事務所「テンカラット」公式サイトより

 福山雅治主演のドラマ『集団左遷!!』(TBS系)の苦戦が続いている。初回こそ13.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、好スタートを切ったものの、10連休の影響もあってか2話で数字が急落。その後も上昇の兆しが見えない。テレビ情報誌の記者が言う。

「TBSの日曜劇場は『-JIN-』『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』など、ヒット作を量産してきたTBSの看板の枠です。新時代最初の作品ということで、福山雅治、香川照之、市村正親、神木隆之介、三上博史など、豪華ラインナップで勝負してきましたが、コメディタッチな展開はリアリティが薄く、それが数字に現れています。福山は前作の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)が大コケしましたから、是が非でも数字が欲しかったところでしょうが……」(テレビ情報誌記者)

 そんな中、出番は決して多くないもののジワジワと話題になっているのが、蒲田支店の窓口係を務める「藤枝薫」だ。藤枝は制服姿にメガネがトレードマークで、冷静沈着に仕事をこなすクール美女。彼女はいったい何者なのか? ベテランの芸能ライターが語る。

「藤枝薫を演じているのは女優の橋本真実です。現在35歳の橋本の芸歴は長く、もともとはエイベックスが仕掛けた深夜のアイドル発掘番組に出演し、そこから選ばれた5人で『MISSION』というアイドルグループでデビューしました。その番組の出世頭は、後に朝ドラでヒロインになる国仲涼子ですが、当時は橋本の方が人気がありましたね。ただMISSIONはブレイクできず、橋本はグループを途中で脱退して女優になりました。

 女優として顔と名前が一致する人はまだまだ少ないでしょうが、橋本は大ヒットしたドラマ『JIN-仁-』や、カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した『万引き家族』(2018)にも出演しています。『集団左遷』のイベントでも、福山雅治が『髪を束ねた姿がセクシーだった』と絶賛するシーンもありましたし、事務所も田中麗奈や中条あやみのいるテンカラットですから、一気に人気が出てくる可能性は十分あるでしょう」(芸能ライター)

 5話以降の巻き返しのカギを握るのは、クールなメガネ美女かも!?

最終更新:2019/05/20 06:00
こんな記事も読まれています

『集団左遷』福山雅治も絶賛した“クールなメガネ美女”の意外な正体って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真