日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 張本勲、また失言!

張本勲、また失言! 「トランポリンは誰でもできる」に元日本代表選手も苦言……

『サンデーモーニング』公式Instagramよろ

 名野球選手として知られ、現在は解説者やコメンテーターとして活動する張本勲。そんな張本の発言が、物議を醸しているという。

 19日にTBS系列で放送された『サンデーモーニング』に、張本はコメンテーターとして出演。番組内で、トランポリンの全日本年齢別選手権が取り上げられた際、選手の演技を見て「アッパレ!」と発言していた張本だったが、その直後に、共演者である元衆議院議員の田中英征に対し「これは田中さん、我々でもできるんじゃないの?」と発言。困惑する田中に対し、さらに、「我々でも出来そうじゃないですか」と笑みを浮かべながら言い放った。番組MCである関口宏が、「いやいや、やめてくださいよ。大変なことなんですよ」とフォローを入れるも、張本はさらに「ぴょーん、ぴょーんとできそうじゃないの? けがはないと思うよ。下が柔らかいから」と、あくまでもトランポリンはできるのではないかという見解を述べた。その後、関口が「膝とか足首が危ない、やめてください」と諭し、次のコーナーへと移ったが、共演者は一様に張本の発言に困惑している状態となっていた。

 この件について、ネット上では「じゃあやってみろよジジイ!」「ザ老害」「認知症の可能性あるね」など、トランポリンという競技をバカにしたともとれる張本の発言を批判する声が圧倒的となっている状況だ。

「トランポリンが安全なんてとんでもない話ですよ。まあ、その場でちょっと跳ねるぐらいだったらそうかもしれませんが、競技においては7~8mぐらいのジャンプをするわけですし、間違えてそのまま床に落ちたら大事故になることだってあるんです。事実、トランポリン元日本代表の中田大輔さんは、シドニーオリンピックの直前に8mの高さから床へと落下し、かかとの骨を粉砕骨折してしまうという事故を起こし、そのまま五輪へ出場したという壮絶なエピソードが知られています。また、先日引退を発表したトランポリン元日本代表選手の伊藤正樹さんも、この件に関してはSNSのTwitterで『この世界に全てを賭けて来た身として! これはダメだわ』と不快感を示すコメントを投稿していますね。まあいっそのこと、張本さんに実際トランポリンをやってみて欲しいところはありますよ。そうしたら視聴率もとれるでしょうし、本当に出来たら発言の説得力も増すんじゃないですか? まあ、さすがにお年的には厳しいものがあると思いますし、現実には無理でしょうが…(笑)」(スポーツライター)

 ズバズバと忌憚のない意見をいう事から、賛否両論が分かれることが多い張本。しかし、今回の件は、さすがにスポーツの一ジャンルに対して敬意を欠いた発言であったことは否めないようだ。

最終更新:2019/05/27 14:06
こんな記事も読まれています

張本勲、また失言! 「トランポリンは誰でもできる」に元日本代表選手も苦言……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真