日刊サイゾー トップ > 芸能  > 工藤静香手料理被害がスタッフにも

工藤静香の“汚料理被害”が拡大中!? Koki,撮影現場に差し入れも、スタッフは「重すぎる」と困惑……

工藤静香公式Instagramより

 そのグロテスクな見た目から、たびたびネットで炎上している歌手・工藤静香の手料理投稿。

 6月に発売する初の洋楽カバーアルバム『Deep Breath』の制作で忙しいのか、ここ最近は投稿が激減していたのだが、5月22日に手作りのハヤシライス写真を投稿。「ハヤシライスの色がヤバイ」「雑穀米とルーの彩りがグロテスク」などと、批判が集まり、久しぶりにネットを騒がせていた。

「この投稿の翌日にはハーブ酵母とシロップを作ると投稿し、本格的に再開した様子ですね。ちなみにこちらも、『パン膨らまないのはこのせい』『酵母は買ってきたほうがいい』『なんでも手作りっていうのも……』などと批判が殺到していました(笑)」(芸能ライター)

 世間では毎回のように物議を醸している工藤の手料理だが、工藤はそんな声などお構いなしの様子。自身のツアーや音楽制作が始まると、必ずと言っていいほど手料理を差し入れしており、自身のInstagramでも何度かその様子を投稿。“スタッフ想い”の工藤らしさが垣間見られるのだが、この配慮、実は娘・Koki,の撮影現場でも存分に発揮しているという。

「Koki,さんの撮影現場には、保護者兼プロデューサーとして工藤さんもついてきます。その際、必ずと言っていいほど、手作りのお菓子や料理などを差し入れしてくれるそう。Koki,さんの今後のために『どうぞ、よろしくお願いします』との気持ちもこめているのでしょう」(マスコミ関係者)

 Koki,の売り出しに全力を尽くす工藤。それだけに、娘に関わるスタッフへの“心付け”として手料理を振る舞っているよう。だが、当のスタッフたちからは、工藤の手料理の差し入れに“困惑”という声もチラホラ上がっているそうで……。

「Koki,さんの撮影には大御所スタッフが起用されており、CM制作現場に至っては助監督でも名の通った人ばかり。それゆえ、年齢層も高い。その現場に工藤さんはやたらと揚げ物やケーキやクッキーといった重めの手料理を持ってくるそうで、正直、裏では現場のスタッフから『重すぎて食べられない』『胃もたれする』といった悲鳴が上がっているとの声も聞こえています。まあ、スタッフとしては『差し入れしてくれることは嬉しいけど……』といった感じなので、“迷惑”というわけではないようですが、ちょっと健康や体調の面も考えて欲しいですよね(苦笑)」(広告代理店関係者)

 手料理の味には苦情が上がっていないようだが……。まあ、配慮があだとならない程度に頑張ってほしいものだ。

最終更新:2019/05/28 09:23
こんな記事も読まれています

工藤静香の“汚料理被害”が拡大中!? Koki,撮影現場に差し入れも、スタッフは「重すぎる」と困惑……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

三国志武将がJKに転生!?

 近年、異世界転生マンガの台頭が目覚ましいで...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真