日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 宮迫で『行列の〜』に崩壊危機

宮迫博之で視聴者とスポンサーが離れる?『行列のできる法律相談所』が日テレ・日曜夜の正念場に

宮迫博之

 6月7日に「FRIDAY」(講談社)が報じた、吉本興業所属芸人による反社会勢力への闇営業問題が波紋を呼んでいる。

 同記事によると、2014年12月に都内のホテルで開催された振り込め詐欺グループの忘年会に、カラテカ・入江慎也が仲介し、事務所を通さずに、雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮らが出席して、ネタなどを披露して闇営業したとされる。この報道が原因となり、入江は吉本を解雇されたが、そのほかに出演した者には特段の処分はなかった。

 その中で、宮迫は自身のTwitterで、「ギャラはもらってない」「反社会勢力のパーティーとは知らなかった」などと弁明。各テレビ局は、闇営業したとされる芸人が出演する番組を、そのまま放送しているが、宮迫がメインキャスターを務める『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、有力スポンサーのCMがなくなるなどの看過できない影響が出ている。宮迫に不快感を覚える視聴者も少なくないようで、同番組から降板する可能性も出てきた。

「宮迫といえば、『アメトーーク!』のほか、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系、以下『行列~』)にも出演中。同番組でも、週替わりMCという重要なポジションを担っており、『行列~』もまた、この問題の影響を受けかねない状況です」(スポーツ紙記者)

 同番組の直近(16日)の視聴率は12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)どまりで、前週より3.7ポイントもの大幅ダウンになり、裏番組の『おかしな刑事スペシャル』(テレビ朝日系)が12.2%を獲得して肉薄されてしまった。この視聴率急降下は、「宮迫の出る番組は見たくない」といったイメージダウンに起因している可能性も十分考えられる。

 かつて、日テレの日曜ゴールデン帯は“鉄壁”で、『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列~』と続く強力なラインナップに、他局はまるで歯が立たなかった。

「しかし、『ザ!鉄腕!DASH!!』はTOKIOメンバーだった山口達也の脱退で、視聴率が急降下し、今では『ナニコレ珍百景』(テレ朝系)に負ける回も出てきた。『イッテQ!』は昨年11月に報道された“ヤラセ疑惑”で沈み、急浮上した『ポツンと一軒家』(同)に抜き去られた。その上、宮迫の闇営業問題で 『行列~』まで失速しそうな気配が漂ってきました。あれだけ栄華を誇っていた日テレの日曜ゴールデン帯は、壊滅の危機に瀕しています」(同)

 くしくも、次回(23日)の『行列~』は宮迫がMCを担当する予定になっている。この渦中の男によって、日テレ日曜夜のバラエティ番組が正念場に立たされている。

最終更新:2019/06/21 11:47
こんな記事も読まれています

宮迫博之で視聴者とスポンサーが離れる?『行列のできる法律相談所』が日テレ・日曜夜の正念場にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

「ルネッサ~ンス」で一世を風靡した……という書かれ方もうんざりするほど経験しているで...
写真