日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 宮迫問題で危機のアメトーーク!

宮迫博之が謹慎処分で存続危機の『アメトーーク!』 業界内では「終わったほうがいい」の厳しい声

宮迫博之

 雨上がり決死隊・宮迫博之が反社会勢力が主催する忘年会に参加していた問題の影響で、存続の危機にあるといわれている『アメトーーク!』(テレビ朝日系)。

 6月20日木曜日は通常通りの放送だったが、とあるテレビ局関係者はこう話す。

「テレビ朝日は、宮迫が所属する吉本興業に対し、ひとまずコンプライアンス遵守を要請。24日に吉本は宮迫ら芸人11人を謹慎処分にすると発表しましたが、番組に関しては吉本との話し合いによって、今後の行方が決まるという方向。いずれにせよ業界内では、そろそろ終わらせたほうがいいのではないか、という声が多いのは事実です」

 2003年4月にスタートした同番組。当初は俳優やアイドルなどさまざまなゲストを呼んでトークをする番組っだったが、いつしかある一つのテーマに沿った「〇〇芸人」といった企画にシフトした。

「テーマが斬新なことも多くて、かなりエッジが効いているからこそ人気が出てきたわけですよ。でも、番組が長く続けば鋭さは失われ、マンネリ化してくる。今の『アメトーーク!』は完全にその状態。はっきり言って、あまり価値もないと思います」(構成作家)

「〇〇芸人」でのトークは、出演する芸人がそのテーマに詳しいからこそ成立するものだが、最近はそのテーマに必ずしも明るくない芸人が出演することもしばしばだ。

「吉本がプッシュしたい芸人や、番組的に推していきたい芸人が、無理やりな感じで出演していることが多いです。当然、そういった芸人たちは深いトークもできないから、まったく面白くない。番組のクオリティーを下げています」(お笑い関係者)

 また、テーマに詳しいということで無名の若手芸人が出演することもあるが、上手くフィットしないことも多い。

「そういう無名の若手芸人は確かにテーマには詳しいのでしょうが、爪痕を残そうとしすぎて、エピソードトークを盛りがち。絶対嘘だろみたいな話になっていたり、下手すればネットかなんかで聞いたことがあるようなエピソードを“あるあるネタ”を放り込んでくることもある。こういった部分に興ざめしてしまうことはよくありますよ」(同)

 とにかく番組の質が劇的に低下している『アメトーーク!』。今回の宮迫の騒動は、番組にピリオドを打ついいきっかけなのかもしれない。

最終更新:2019/06/25 09:30
こんな記事も読まれています

宮迫博之が謹慎処分で存続危機の『アメトーーク!』 業界内では「終わったほうがいい」の厳しい声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...…
写真