日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 生き残る横澤夏子の処世術

女芸人・横澤夏子の処世術がしたたか…大ブレークしなかったことで“タレント”として生き残る!

横澤夏子

 渡辺直美、ゆりやんレトリィバァ、ガンバレルーヤなど、特徴的なルックスの女性芸人が人気となっている昨今のバラエティー界だが、その一方でいつの間にか独自のポジションを確立していたのが横澤夏子だ。

「体を張ったり、ドッキリのターゲットとなったりする女性芸人が多い中、横澤は早い段階で“タレント”にシフトした成功例。今となってはネタを披露する機会も減って、なんとなく情報番組に出ているタレントさんといったイメージです」(テレビ局関係者)

 そもそもは、巷によくいる女性の“あるある系モノマネ”ネタでブレークした横澤。『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)や『THE W』(日本テレビ系)といったお笑い賞レースで決勝戦に進出するなど、結果も残している。

「ネタそのものは決してつまらなくはなかったのですが、先駆者的存在である友近や柳原可奈子と比べると二番煎じ、三番煎じ感が否めなかった。世間一般的にはキャッチーなんだけど、お笑い業界的にはイマイチという評価でした」(構成作家)

 そんな横澤は現在、『王様のブランチ』(TBS系)、『ノンストップ!』(フジテレビ系)などといった情報番組に多く出演している。

「ネタに対する評価がイマイチだということは、本人も自覚しているのでしょうね。気がついたら、女性芸人というより“女性タレント”という立場になっていた。ライバルとなるのは、指原莉乃やシェリーといったところでしょうか。

 ただ、そのあたりのタレントよりもギャラのランクが低いので、比較的使いやすいというメリットがある。若手の読者モデル系タレントよりは、絶対に面白い発言もするし、女性からの支持率も高い。女性タレントとしては相当有能なんですよね」(前出・テレビ局関係者)

 さらに、ブームとなった“ギャグ”がないのも横澤の強みになっているようだ。

「ギャグがあると、どうしても消費されやすい。人気が落ち着いたら、過去のものだと認識されて、番組にも起用しにくくなるものです。でも、横澤の場合は、代表的なギャグもなく、なんとなく売れてきたということで消費されにくい。同期のおかずクラブがほとんどテレビに出なくなっているのに、横澤がしれっと生き残っているのはそういうことです」(同)

 意外と地味な方が生き残りやすいバラエティー界。目立ってナンボのお笑い芸人とはいえ、目立ちすぎないくらいがちょうどいいのか。

最終更新:2019/06/24 17:59

女芸人・横澤夏子の処世術がしたたか…大ブレークしなかったことで“タレント”として生き残る!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真