日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > たけし離婚で潜在視聴率1%に

ビートたけし、晩節を汚す?離婚ネタの不始末で潜在視聴率が新人局アナレベルの1%台に突入へ

ビートたけし

「どうなってるんだ、一体、バカヤロー。この間抜け、週刊誌、バカヤロー! 嘘ばっかつきやがって。恩知らず! 俺を悪者にしやがって。バカヤロー」

 幹子前夫人との協議離婚が成立したビートたけしが6月22日、『新・情報7days ニュースキャスター』(TBS系)に生出演して吠えた。

 たけしは離婚報道後初めての放送となった15日の同番組でも「お金を取られたー」などと大げさに発言。自身に残った財産について「ない、家だけ」とコメントし、所有していた高級車についても手放したことを冗談っぽく語っていた。

「この発言に対し、幹子さん側は代理人弁護士名義でマスコミ各社にファクスを送付。『たけしの財産が100億円以上』『財産を全てを分与した』といった報道を否定。たけしのジョークを真に受けないよう、メディアをけん制しています。おそらく、たけしの『すみません』発言は幹子前夫人の反論に対するものでしょう」(芸能記者)

 一方、今回の離婚劇で、たけしは晩節を汚すことになる恐れがあるという。テレビ関係者がこう指摘する。

「テレビで『(幹子さんに)200億取られた』などと言っていましたが、実際は数億円程度。たけしは嘘をついて笑いを取ろうとしているのでしょうが、SNS世代はガチで受け取るので嫌悪感を持たれてしまっている。とりわけ若い女性はみんな敵に回ってしまい、あるテレビ局のデータによれば、8.6%あった潜在視聴率が1%台になってしまっているのだとか。これは新人の局アナレベルです。たけしはレギュラー番組でも話す機会がほとんどないのもあり、高額なギャラに見合っていない。今やテレビ各局でたけしはリストラ対象になっていますから、視聴率が急落して打ち切りになる番組が出てくるかもしれません」

 老いらくの恋の“代償”を払うのはこれからか?

最終更新:2019/06/26 09:58

ビートたけし、晩節を汚す?離婚ネタの不始末で潜在視聴率が新人局アナレベルの1%台に突入へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真