日刊サイゾー トップ  > タピ活、本当は危険?

大ブームの”タピ活”、本当は危険⁉ 10代少女の体内に100粒以上のタピオカが残留して……

体内にはびっしりとタピオカが詰まっていた(ETtodayより)

 日本でも空前のブームとなっている台湾発祥のタピオカミルクティーだが、中国ではブームというより、すでに国民的飲料として定着している。しかし、安全面のリスクも指摘されている。

「澎湃新聞」(6月5日付)によると、浙江省に住む沈さん(14歳、仮名)は、5日間便秘で腹痛に悩まされていた。食べ物も喉を通らないため、両親に伴われて病院へ駆け込んだ。担当医が沈さんのおなかを見るとパンパンに張っていたため、ただちにCT検査を行った。

 結果を見て、医師は驚いた。胃から腸、肛門に至るまで、粒状の物体がびっしり詰まっていたのだ。その数100余り。最近、消化の悪いものを食べたかどうか聞くと、沈さんは「5日前にタピオカミルクティーを飲んだ」と返答。この100個余りの粒は、体内に残留しているタピオカだったのだ。それも、5日前に飲んだものだけでなく、ここ最近飲んだタピオカが積もり積もってこの量になったという 。沈さんは下剤を処方してもらい、ようやくタピオカを体外に排出することができた。

 タピオカはキャッサバというイモの根茎から製造したデンプンで、もともと消化が悪いという。その上、業者によっては食感を向上させるために増ちょう剤(微細な固体を分散して半固体状にした潤滑剤)などの添加物を使用しているため、それが体内に残留する原因になるというのだ。

 昨今、日本でも雨後のたけのこのように出現したタピオカミルクティー店の中にも、中国産のタピオカを使用しているところは少なくないとみられる。同様の症状を訴える者が出てきても、まったく不思議ではない。

(文=大橋史彦)

最終更新:2019/06/27 17:28
こんな記事も読まれています
関連キーワード

大ブームの”タピ活”、本当は危険⁉ 10代少女の体内に100粒以上のタピオカが残留して……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...…
写真