日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズ圧力に公取委が注意

元SMAPをテレビに出すな! ジャニーズ事務所の圧力に公取委が注意で、大手事務所も戦々恐々

香取慎吾公式インスタグラムより

 ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人を番組に出演させないよう、テレビ局に圧力をかけた疑いがあるとして、公正取引員会が同社に対して注意したと報じられた。

 ジャニーズ事務所は、圧力をかけた事実はないとしながらも、「当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」とコメントしている。  

「ジャニーズ事務所からの直接的な圧力がなかったとしても、ジャニーズ事務所に対する忖度が働いたのは間違いない。公取委が注意してくれたことで、今後はジャニーズに忖度しなくていいと、ホッとしているテレビマンは多いと思いますよ」(制作会社関係者)

 そもそも“ジャニーズによる圧力”、もしくは“ジャニーズに対する過剰な忖度”は、今に始まったことではない。それがどうして、このタイミングで表沙汰になったのだろうか。

「SMAPの解散以降、ジャニーズのやり方に対してNOというスタンスを表明する番組関係者が増えているのは事実。そんななかで、業界内での影響力が大きいジャニー喜多川社長が亡くなったことで、“ジャニーズには義理はない”と見限る関係者が増えているのかもしれません。これまでであれば、仮に公取委がジャニーズを調査しても、こういった形で報じられることはなかったでしょうし、急激に潮目が変わっているのは間違いない」(同)

 今回の動きによって、業界内の“ジャニーズ離れ”は加速しそうだが、冷や汗をかいているのはジャニーズだけではない。そのほかの大手芸能事務所も公取委の動きに戦々恐々としているようだ。

「独立したタレントが使われないように圧力をかけたり、握っているスキャンダル情報を流したりする芸能事務所も少なくない。そうした裏工作が表沙汰になるのではないかと焦っている事務所は多いと思います」(芸能プロ関係者)

 次に目を付けられそうなプロダクションも名前が上がっているという。

「たとえば、のん(能年玲奈)が退社した際に揉めに揉めたレプロエンタテインメント。あるいはその昔、独立した小柳ルミ子や森進一を干していたとされるナベプロ(ワタナベエンターテインメント)なども、大手だけに見せしめ的にやり玉に上がる可能性がある」(同)

 芸能界の最大勢力とも言えるジャニーズ事務所が当局のターゲットとなったことは衝撃的。芸能界の悪しき慣習も、そろそろ終わりとなりそうだ。

最終更新:2019/07/21 00:00
こんな記事も読まれています

元SMAPをテレビに出すな! ジャニーズ事務所の圧力に公取委が注意で、大手事務所も戦々恐々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

 サイコーに熱い映画が、福岡からやってきた! 例えるなら、福岡県民のソウルフードであ...
写真