日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ASKA脱退の裏に愛人?

ASKA、「チャゲアスをどうしても脱退したかった」強行決断の裏にあの愛人女性の影

ASKA

 チャゲアスがついに消滅した。

「SAY YES」や「YAH YAH YAH」などのミリオンヒットを量産した「CHAGE and ASKA」のASKAが25日、脱退を宣言した。

 長文ブログの内容をかいつまんで言うと、チャゲアスは2009年から活動休止状態で、その頃からASKAの心はここにあらずだった。それでもファンは再開を楽しみに待ち続けていた。

 ASKAはブログで「(チャゲアスの)再始動を、ひたすら待ってくれている多くのファンの方々の気持ちを前にして、私にはそれはできません」と述べた上で「手を替え、品を替えで、ただ延命するより、いっそ解体して、新しく積み上げることの方が建設的だと思うのです」と脱退理由を明かした。

 相棒のCHAGEの元に脱退通知が届いたのは今月23日のこと。返答する間もなく、2日後の25日に脱退表明するのだから、かなりの実力行使だ。

 ASKAを知る人物によると「何年も前からASKAさんはCHAGEさんやマネジメント事務所にチャゲアスの解散を訴えてきたが話は進展せず。ASKAさんはソロ歌手として、チャゲアスをどうしても脱退したかった。チャゲアスという殻をブチ破り、一刻も早く先に進みたかった」という。

 一方で、強硬手段に出たASKAの背後には、あの女性の影も見え隠れする。

「愛人女性のTさんですよ。2人は今でも都内で同棲しており、彼女は公私ともにASKAのパートナー的な役割を果たしています」(女性誌記者)

 ASKAは2014年にTさんとともに覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けている。4年間の執行猶予期間が明け、ASKAは妻と離婚し、Tさんと残りの人生を歩む選択をした。

 スポーツ紙記者は「それまでチャゲアス解散について”なあなあ”にしてきたASKAさんが今年に入って、一気に実力行使に出た。執行猶予期間が明け、Tさんと結ばれた時期と重なることから、彼女から何らかの影響を受けたのではないか?とウワサされています」と話す。

 故やしきたかじんさん然り、ビートたけし然り、晩年の色恋は男性に内面の”変化”をもたらすことは実証済みだ。ASKAもまた、”そっちコース”に足を踏み入れたのか。今後、Tさんがどのように表に出てくるか注目だ。

最終更新:2019/08/28 17:45
こんな記事も読まれています

ASKA、「チャゲアスをどうしても脱退したかった」強行決断の裏にあの愛人女性の影のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真