日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 元日本代表MFが森保ジャパンに苦言
カタールW杯アジア予選スタート!

元日本代表MFが森保ジャパンを辛口批評「選手交代がヘタすぎる!」

JFA公式サイトより

 2022 FIFAワールドカップカタール大会を目指す戦いが始まった。日本を含めた34チームはアジア1次予選を免除され、2次予選からの登場。とはいえ、現在の日本の実力からすれば、2次予選もウォーミングアップのようなものだ。

 実際、10日に行われた2次予選初戦のミャンマー戦も2-0と数字上は僅差での勝利だったものの、内容はシュートを30本も浴びせる日本の圧勝だった。

 そんな森保一監督率いる日本代表を、元日本代表選手はどのように見ているのか? テレビでコメンテーターとしても活躍する元MFに、オフレコで話を聞いた。

「選手交代が気になりますよね。タイミングが遅いのはもちろんだし、同じ特徴を持った選手同士を代えるというスタンダードな交代しかしない。今の代表には、原口元気のようなウィングバックもできる選手がいるのだから、3-5-2に切り替えることもできるでしょう。さらに言うと、チームの肝は大迫勇也だけど、その代わりが誰もいない。大迫の代わりを探すためにも、交代枠をもっと有意義に使ってほしい」

 温和な雰囲気とは違い、口から出てきたのは、意外にも手厳しい意見だった。振り返れば、ブラジルW杯の際のアルベルト・ザッケローニ元監督も、選手交代で後手に回ることが多かった。それは、ロシアW杯ベルギー戦での西野朗前監督も同様だ。

 一方で、東京五輪に関しては、期待の声が上がった。

「これまでの五輪は、日本サッカー協会側の意向もあって、勝ちに行くチームを作れていなかった。監督の考えるベストメンバーだけではなく、日本サッカー協会側の選手選考も汲まないといけないから。『このオーバーエージじゃ勝てねぇよ』ってボヤいている監督もいましたもん(笑)。でも、今回は地元開催ということで、本気でメダルを獲りに行くでしょう。おそらく、3人のオーバーエージ枠も森保監督の意向が通る。そういった意味では、今までの五輪以上に環境がいい。東京五輪はかなり期待できると思いますよ」

 ただし、ここでも「予選トーナメントは、選手交代がポイントになる」とのことだ。つまり、森保ジャパンの東京五輪、カタールW杯での躍進は、選手交代にかかっている。これが元日本代表MFの本音だった。

(文=TV Journal編集部)

最終更新:2019/09/12 20:00
こんな記事も読まれています

元日本代表MFが森保ジャパンを辛口批評「選手交代がヘタすぎる!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真