日刊サイゾー トップ  > 『べしゃり暮らし』実写化の反省点

『べしゃり暮らし』はそもそもドラマに向かない作品だった? 名作マンガ実写化の反省点を一足早く総括

テレビ朝日『べしゃり暮らし』

 9月7日に放送された『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)の第7話。前回(6話)のレビューにて「7話に嫌な予感がする」と書いたが、その予感はことごとく当たってしまった。

第7話あらすじ 「僕は2人のために面白い番組を企画する」

 高校を卒業した上妻圭右(間宮祥太朗)は、YCA(ヨシムラコミックアカデミー)への進学を機に一人暮らしを始める。引っ越し当日、父・潔(寺島進)は古い炊飯器を姉・しのぶ(徳永えり)に託すだけで顔も見せない。その炊飯器を開けると、中には潔からの餞別が入っていた。

 圭右は、ハガキ職人として実績のある子安蒼太(矢本悠馬)にネタ作りを依頼し、辻本潤(渡辺大知)とトリオで若手芸人の登竜門『漫才新人グランプリ』に出場することを決意。子安は、3人のグループ名を「べしゃり暮らし」と名付けた。

 YCAでのネタ見せ授業で、圭右は「げんこつロデオ」の岩隈将大(岡本智礼)とケンカ騒ぎのトラブルを起こす。一方、子安は、引っ込み思案な性格ゆえグループ内で浮いている「見切り発車」の北川千尋(Daichi)を気にかけた。自分の立ち位置と北川を重ね合わせたのだ。北川は自分を励ましてくれた子安に握手を求め、子安がそれに応えた瞬間、ロボットの効果音を口で再現。子安は「それをネタにしたほうがいい!」と北川にアドバイスし、次のネタ見せで見切り発車はロボットのコントを披露する。ネタ中に北川はロボット音を再現し、大活躍した。

 一方、べしゃり暮らしはセリフ覚えの悪い圭右がアドリブを多用、それに子安が付いていけないという悪循環に陥っていた。結果、べしゃり暮らしはYCAが開催するライブのメンバーから外されてしまう。責任を感じる子安。彼は上妻と辻本の魅力がアドリブにあると気付いていた。でも、自分はアドリブに対応できない。子安は辻本に、YCAの芸人コースから作家コースに変わるつもりだと打ち明けた。しかし、圭右は納得がいかず、子安の意思を尊重する辻本と衝突する。

 そして、ライブ当日。急遽、出演予定だったグループが出演を辞退し、べしゃり暮らしが代役に選ばれることに。3人はトリオとして最後の舞台に立ち、圭右と辻本のアドリブの応酬を間近で見た子安は「将来、2人はお笑い界を背負って立つ」と確信。「僕は2人のために面白い番組を企画する」と宣言した。

12
こんな記事も読まれています

『べしゃり暮らし』はそもそもドラマに向かない作品だった? 名作マンガ実写化の反省点を一足早く総括のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真