日刊サイゾー トップ > スポーツ  > ラグビーベスト8前に“負の遺産”

ラグビーW杯、日本代表「歴史的ベスト8」に至るまでに起きていたラグビー界の“負の遺産”

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

イメージ画像

 代表チームのみならず、日本ラグビーの真価が問われるのはこれからだろう。

 10月21日、ラグビーW杯日本大会で初の8強入りを果たした日本代表が都内で解散した。総括記者会見では25歳のNO8姫野が「ラグビー界は今後が大事になってくると思う。どんどんラグビーの魅力、素晴らしさを、発信していけるようにやっていきたい」と使命感をにじませれば、リーチ・マイケル主将も「日本代表は、強いまま継続することが大事。日本のファンを感動させられる試合を続けられたらいい」と、今後のラグビー界の発展を祈った。

 自国開催となった今大会は日本中が熱狂する大成功を収めたが、ここに至るまでには「負の遺産」とも言える不祥事も数多くあった。

「明治大学、新日鉄釜石で活躍した『元祖ミスターラグビー』で、現在はスポーツキャスターの松尾雄治は1992年にポーカー賭博で逮捕されています。明治大学OB会を除外され、業界から完全に干されることになりましたが、同じ大学の先輩のビートたけしが手を差し伸べ、オフィス北野に所属させ、復帰を果たしました」(スポーツライター)

 下半身を巡る事件も枚挙に暇がないが、中でも世間の関心を集めたものといえば、97年に大騒動になった帝京大学ラグビー部集団レイプ事件だろう。

「当時19歳の女性が好意を寄せていた大学生に誘われて、カラオケボックスに行った。そこには同じラグビー部の部員が10人以上おり、すでに飲み会が始まっていた。そのうち彼女は皆が飲んでいたのと同じフロアの別室で大学生とSEXを行うのだが、途中で気分が悪くなったと言って男が去った後、複数の男たちが入ってきて、脅され、レイプされるというものでした。被害女性はその後、PTSDに苦しむ人生を余儀なくされています」(前出・スポーツライター)

 また、近い所では今年6月にはトップリーグ、トヨタ自動車のイエーツ・スティーブンと樺島亮太がコカインを所持したとして、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されている。

 日本代表の活躍を通じて、ラグビーが「紳士のスポーツ」であることを選手、ファンが心に刻み、二度と不祥事が起こらないようになってほしいものだ。

最終更新:2019/10/23 10:30

ラグビーW杯、日本代表「歴史的ベスト8」に至るまでに起きていたラグビー界の“負の遺産”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

内田有紀、マネジャーは柏原崇

 注目の医療系ドラマとして話題のNHK連続ド...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

 2019年、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に出演して以降、『フォローされ...
写真