日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 中島イシレリに関係者が熱視線

令和のボビー・オロゴン!? ラグビー日本代表・中島イシレリに芸能関係者が熱視線

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

イメージ画像

 世間の“ラグビーロス”を緩和してくれるかのように、連日メディアに引っ張りだことのラグビーW杯日本代表選手たち。年末年始まで、テレビをジャッカル……いやジャックしそうな勢いだ。

「テレビ的には選手のキャラが立っていて、画ヅラがいいのがありがたい。とりわけ、早くから唾をつけていた日本テレビではスポーツ番組のみならず、バラエティ、情報番組、ニュースにとまるで専属タレントかのようでしたね。一方で他局に目を向けると、 『サンデー・ジャポン』(TBS系)が、チュートリアル・徳井義実の申告漏れ騒動などのニュースについて選手にコメントを求めたり、『FNS 27時間テレビ 日本のスポーツは強いっ!』(フジテレビ系)では、ビートたけしが堀江翔太を『奥さんよく一緒になってくれたよな、子供作る気にならないだろ』とイジったりと、日本テレビに比べてリスペクトが足りない演出が目立っていました」(テレビ関係者)

 ともあれ、今回の日本代表選手はキャプテン、イケメン、生意気、笑わない男、ボケ、いじられキャラ、医学部志望など、人材の宝庫。

 荒武者なようなイメージと裏腹にトークがうまく、泣ける話から笑える話までエピソードも豊富。そのため、テレビには誰がキャスティグされてもおいしく料理してもらえる。中でも、芸能関係者が熱視線を送っているのが、中島イシレリだ。

「松本人志似の金髪マッチョという派手な見た目。それでいて、屈託のない笑顔でサービス精神も満点。たどたどしい日本語や適当なリアクションも、『ユニークでお茶目』に変換される親しみやすさ。まさにテレビにピッタリなキャラクターです。ネット上では『中島イシレリって面白いよなぁ、ボビー枠?』との声が聞かれるように、“令和のボビー・オロゴン”として、タレントでも成功しそう。近いうちに芸能プロ入りするかもしれませんね」(前出・テレビ関係者)

 年末年始は芸人たちの出演枠が大幅に削られることになりそうだ。

最終更新:2019/11/12 12:00

令和のボビー・オロゴン!? ラグビー日本代表・中島イシレリに芸能関係者が熱視線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真