日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 井上尚弥が手にする巨額マネー

井上尚弥、「軽量級も金になる」WBSS制覇後にアメリカ本格進出で手にする巨額マネー事情

井上尚弥オフィシャルサイトより

 7日に行われたWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)バンタム級トーナメント決勝で、主要2団体王者の井上尚弥が、WBA世界スーパー王者のノニト・ドネアを3-0の判定で下して優勝。名声とともに、莫大な富を手にする可能性が生まれてきた。

 高校時代から将来を嘱望され、無敗で3階級王者にたどり着いた井上にとっては、WBSSも通過点だった。決勝の相手は、彼の上を行く5階級制覇の難敵だったが、中盤以降は危なげない試合を展開し、11回に奪ったダウンは、レフェリーがテンカウントを数える“幻のKO勝ち”。試合後には、ボクシング史上に残るビッグマッチを手掛けてきた米興行界の最大手のトップランク社とも契約が決まり、少なくとも今後2試合はアメリカで行う予定だ。週刊誌のスポーツ担当記者がいう。

「日本では“稼げるスポーツ”という印象が薄いボクシングですが、海外のトップクラスの選手が得るファイトマネーは天文学レベルです。日本人が絡むタイトルマッチの最高記録は、1994年に行われた辰吉丈一郎対薬師寺保栄の日本人対決で、両者のファイトマネーは1億円以上でしたが、海外の最高記録はその2ケタ上。2015年のパッキャオ対メイウェザー戦では、パッキャオは180億円、メイウェザーは280億円を稼いだと見られています。ここまでの大金を得られたのは、ペイパービュー(=有料放送)が発達しているからで、同戦では1万円以上するペイパービューの購入者数が500万件近くに達したため、2人はそのような大金を得ました」(スポーツ担当記者)

 WBSS決勝の井上のファイトマネーは1億円前後と見られているが、試合後に海外の関係者からは「8ケタ(1000万ドル≒10億円)の価値がある」との発言も登場。ボクシングに詳しいスポーツライターはいう。

「ボクシングの本場のアメリカではかつて、軽量級は見向きもされず、ビッグマッチの前座扱いでした。それを変えたのがフィリピン出身のパッキャオです。軽量級出身の彼が快進撃を続けることで、フィリピン系住民が熱狂し、境遇が近い中南米系住民を巻き込んで大ブームになりました。フィリピンや中南米には軽量級の良い選手が多くいますが、フィリピン系や中南米系住民は熱狂的なボクシングファンが多いので、興行界は『軽量級も金になる』と、注目し始めており、井上の渡米は絶好のタイミングです。アメリカでは型破りなボクサーの方がウケる傾向があるので、玄人好みの井上は最初苦労するかもしれませんが、本場の実力者を倒していけば、10億円単位のビッグマッチも夢ではないでしょう」(スポーツライター)

 親子鷹として知られる井上だが、こぶし1つで大金を稼ぐのがいよいよ現実的になってきたようだ。

最終更新:2019/11/12 17:55

井上尚弥、「軽量級も金になる」WBSS制覇後にアメリカ本格進出で手にする巨額マネー事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真