日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 神田うの、お茶の稽古にキャミ姿

神田うの、お茶の稽古にキャミ姿で参加して批判殺到「ほとんどハダカ」「相変わらず下品」

インスタグラム:神田うの(@unokandaofficial )より

 タレントの神田うのが16日、自身のインスタグラムを更新した。

 神田はこの日、「毎月通わせて頂いているお茶のお稽古。今月は炉開きにお招き頂きました もう20年続けていますがいつになったら先生のようなお点前が出来るようになるのかな 100年後かな(笑)」とつづり、デコルテ全開のキャミソールワンピース姿でお茶室に正座する自身の姿を公開した。

 この投稿に対し、ファンからは「うのさん、凄くお綺麗ですね」「うのさん素敵ですね」などのコメントが寄せられたが、その一方でネット上では「お茶室でキャミソールの服で違和感」「ほとんどハダカ お茶会?見たことない 笑」「うのさん、素敵なお洋服ですけど、寒くないのですか!?」「相変わらず下品で非常識」など、服装についての批判が相次いでいる。

 神田らしい華やかな装いではあるが、お茶室にキャミソールワンピース姿というミスマッチさに疑問を抱いた人も多かったようだ。

 後日、神田は同投稿で「やはり違和感ですよね。私もそう思います」と反省していることを明かした。神田に限らず、投稿する前にはTPOが合っているか確認した方が良さそうだ。

最終更新:2019/11/20 06:00

神田うの、お茶の稽古にキャミ姿で参加して批判殺到「ほとんどハダカ」「相変わらず下品」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真