日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > ズバッと芸能人  > 田中みな実の快進撃が止まらない!?
ズバッと!芸能人

田中みな実「好きな女子アナ」で2位! “下世話”と“美しさ”を手に入れた“ぶりっこ”の快進撃

文=都築雄一郎(つづき・ゆういちろう)

田中みな実

 今回取り上げるのは、田中みな実だ。かつてはその“ぶりっ子”ゆえ「女の敵」だった彼女も、このところ好感度がアップ。先ごろ発表された「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)では、昨年の10位から一気に躍進し、2位。天下取りまであと一歩に迫った。

加藤綾子、宇垣美里、川田裕美……対抗馬の足踏み

 まずは、ライバルであるフリー女子アナ勢力図をおさらいしておこう。先の「女性アナランキング」で、田中と入れ替わるように昨年の3位から10位に急降下してしまったのが加藤綾子だ。美貌と知性、アナウンス力と三拍子そろったスーパー綾子だが、現在の担当番組は『世界へ発信!SNS英語術』(Eテレ)、局アナ時代から引き続き出ている『ホンマでっか!?TV』、夕方のニュース番組『Live News it!』(ともにフジテレビ系)の3本のみ。以前より、お茶の間の目につく機会も減ってしまった印象がある。女優進出も果たし、2018年4月クールの日曜劇場『ブラックペアン』(TBS系)に治験コーディネーター役で登場したが、知的なイメージそのままの役柄で、あまり新しさがなかった。

 一方、田中も女優として『ルパンの娘』(TBS系)、『絶対正義』『モトカレマニア』(フジテレビ系)に出演。キスシーンやベッドシーンにも挑戦するなど、これまでのイメージを軽々と飛び越えた。肝心の演技も意外と好評で、女優としての小生は田中に分がありそうだ。

 また川田裕美は、このほど結婚したことが明らかになった。彼女はもともと関西人特有なのか、頑固で気が強い性格だったのだが、あの超絶ド下手スキップで、好感度をもぎ取ったところがある。だが最近、『この差って何ですか?』(TBS系)で共演している加藤浩次や『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で4年ともにした宮根誠司などを結婚式に「呼びたくない」と番組できっぱり公言するなど、性格の悪さがにじみ出ている。

 宇垣美里も、田中と同じくTBSから飛び出したが、方向性がつかめずにいる。もちろん彼女が自分を決めつけない意向があるからだろうが、退職直前、毎週のようにコスプレで『サンデー・ジャポン』(TBS系)を沸かせていたころからすると、少し大人しくなってしまった。そんな数多の対抗馬の目を盗んで、田中は羽ばたいていったのである。

「抱かれたくないタレント」出川哲朗と同じ“変化”

 どうしてこうも状況が変わったのか。まずは年齢のせいもあろう。かつては「若さ」と「ぶりっ子」が共存し、年上女性からは目の敵にされていた。だが、そんな彼女もいまや33歳。年相応の落ち着きが加わり、見ていて「痛々しくない」のである。

 これは、かつては「抱かれたくないタレント」の最高峰に君臨していた出川哲朗の変化と、なんとなく似ている。出川も、以前はもっとカン高い声で、しかも今より痩せて見えていたため、同じリアクションでも「汚らしい」「汚らわしい」という反応しかなかったのが、いまや立派な「おじさん」が「頑張っている」という見方に変わっていったのだ。少し哀愁が垣間見られるのもいい。

 また、当初はTBSのスターアナとして蝶よ花よともてはやされていた時代から一転、自ら発信しなければならない立場となり、どう見られているのか自己プロデュース力が働くようになった。準レギュラー『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)での、ぶりっ子全開の姿と、『グータンヌーボ2』(カンテレ)のオープニングで長谷川京子らに話を振っている顔とは全然違う。キャラの「使い分け」ができるようになったのだ。

12

田中みな実「好きな女子アナ」で2位! “下世話”と“美しさ”を手に入れた“ぶりっこ”の快進撃のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

完全終了!? テレ朝『報ステ』

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステー...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真