日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 小池百合子がアンケート最低評価

小池百合子都知事が都職員アンケートで最低評価…人事を盾にした恐怖政治で周囲は疑心暗鬼

文=日刊サイゾー

小池百合子都知事

 都職員の小池都知事1期目の評価は46.4点ーー。これは自治体専門紙「都政新報」(週2回発行)による、アンケート調査の結果である。

「一般には知られていない新聞ですが、都政や区政に特化し、昇任試験問題が掲載されることもあって、都庁職員の多くが読んでいます。時の知事に厳しい目を向けることも、職員から支持される要因でしょう」(都関係者)

新聞購読者の都職員を無作為に選び、アンケートに答えてもらう方式で、20点刻みで採点。最も多かった層は「41点~60点」で全体の36.3%を占めたとのこと。世論調査会社のJX通信社が都民を対象に昨年10月に行った調査では、小池知事の支持率は53.3%。つまり、都民より職員の方が小池氏を評価していないことになる。

「知事1年目に行ったアンケートでは46.6点でした。この時は、五輪会場や市場移転問題などを巡り、小池氏が民間から招へいした特別顧問らと都庁内を荒らしまくったため、当然の結果ではあった。しかし2選目に向けて安全運転に終始しているというのに、評価は上がるどころか、マイナス0.2ポイント。まったく職員からの信頼が得られていないことが判明したわけです」(同前)

 同紙は過去にも同様のアンケートを実施しており、前職の舛添要一都政1期目前半の評価を聞いた際は、スピード感を評価する声などから63.6点。石原慎太郎都政の1期目はディーゼル車の排ガス規制などの実績で71.1点と高かったことを見れば、小池氏の評価は同紙史上最低ということになる。

「『都政が安定した』には89.2%が『思わない』、『論戦が活発になった』にも74.9%が『思わない』と回答しており、都民ファーストの会と自民党の不毛な対立に、都職員が辟易としている様子がうかがえました」(同前)

もちろんこれらは匿名のアンケートだが、知事に”通報”が行くのではと怯える職員もいたという。都庁幹部が言う。

「小池氏は歴代知事の中でも人事が好きで、課長級にいたるまで目を配っています。就任直後、メールで知事に直接声が届く『目安箱』を設置しましたが、これは別名『チクリ箱』。職員のあらぬ噂を知事に届け、人事の参考にしていると言われるため、職員間で疑心暗鬼になっているのです。宮仕えの身としては自然と、物言えば唇寒しの風潮になっています」

 都議会を「ブラックボックス」と痛烈に批判して知事の座についた小池氏だが、自らがそれと化していることに気付いているだろうか。

 

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/24 12:12

小池百合子都知事が都職員アンケートで最低評価…人事を盾にした恐怖政治で周囲は疑心暗鬼のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

新型肺炎はペストではない!

今週の注目記事・第1位「安倍首相補佐官<和泉...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真