本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

ボンド企画・名物マネ逝去で振り返る…ビートたけしも関与した岡本夏生“金銭トラブル”の真相

文=日刊サイゾー

ビートたけし

 80年代に数々の女性アイドルを輩出した芸能事務所・ボンド企画で長らく活躍し、「僕は生涯マネージャー」と語っていた安原相国氏が、3月4日、都内の大学病院で亡くなっていたことが親族から明かされた。享年72。筆者と安原氏は、ビートたけしとの縁で親しく付き合う関係だった。

 かつて、芸能界には、「ナベプロ王国」(渡辺プロダクション)といわれた時代があったが、そのナベプロに追いつけ、追い越せとばかりに台頭してきたのが、「ホリプロ」や「サンミュージックプロダクション」「バーニングプロダクション」、それから「ボンド企画」だった。

 80年代に入って頭角を現してきたボンド企画には、岡田奈々をはじめ、大場久美子、松本伊代、高岡早紀、高部知子、新田恵利、それに歌手の杏里らが所属。さらに、事務所の原動力になったのが、歌手・松崎しげるのヒット曲「愛のメモリー」で、その松崎の初代マネージャーを務めたのが安原氏だった。

 安原氏はその後、アイドルとしてブレイクした松本伊代のチーフマネージャーを務めた。多くの女性アイドルを抱えていたため、スキャンダルも少なくなく、安原氏はマスコミ対策にも奔走していた。当時、筆者との面識はなかったが、業界で安原氏は有名人だった。というのも、安原氏は、自分が在日韓国人であることを隠さず、マスコミ対策として、スポーツ紙の記者に韓国・ソウルへの接待攻勢をかけていたのだ。そのため、「芸能界のKCIA」との異名を取っていた。

 また、一般の間でも、『ビートたけしのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)リスナーだった人であれば、その名前に覚えがあるだろう。松本とバラエティ番組での共演が多かったたけしは、「オールナイトニッポン」で安原氏を、「ボンド安原」と呼んだり、何でも仕切りたがる性格を茶化して「チェック安原」と呼んでネタにしていたからだ。

12

ボンド企画・名物マネ逝去で振り返る…ビートたけしも関与した岡本夏生“金銭トラブル”の真相のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真