日刊サイゾー トップ > その他  > 『24時間テレビ』を「感動ポルノ」と罵倒
【wezzy】

『24時間テレビ』志村けんと相葉雅紀を「まさに感動ポルノ」と罵倒 物申す系女性YouTuberが酷すぎる

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

“物申す系”You Tuberのへライザーが、『24時間テレビ43』(日本テレビ系)で放送した志村けんさんの追悼ドラマに噛みつき、炎上している。

 へライザーは23日に自身のYouTubeチャンネルで「【24時間テレビ43】志村けんのドラマがクズ!放送事故レベル相葉雅紀の媚び!ヒカキンドン滑り!ツイート消して逃走」というタイトルの動画を公開。

 『24時間テレビ』では、今年3月に新型コロナウイルス感染による肺炎で亡くなった志村けんさんを追悼する趣旨のドラマを放送したが、このドラマについてへライザーは「志村はクソです」「つまんない飲み屋の話ばっかり。まさに感動ポルノ」と言い放ち、志村けんさんを慕っている嵐の相葉雅紀についても「(志村けんさんに)媚びまくる社員もクソ」「小物みたいなちっちゃな目をして何感動話してんだよ。志村に膝枕されてんじゃねーよ」と罵倒した。

 その後、へライザーは同番組に出演したYouTuberヒカキンにも怒りを向け、ヒカキンの過去ツイートを掘り起こして批判。そのツイートとは2012年8月に投稿した『24時間テレビやってたのかー。知らなかった。テレビがつまらんくなったというかネットが面白くなりすぎてるんだよねぇ。』というもの。ヘライザーは「媚びるなら媚びる。媚びないなら媚びない。はっきりしろ、クズ」と煽った。

 この動画は低評価が約86%という炎上状態だが、ヘライザーは「今回は毒が回ってますが これが本来の姿です。チャンネル登録者の減少覚悟で言いますが 生前の志村を良く知る人からの情報を元に作ってます」とコメント。しかし3日後の26日に、アンチコメントがひどすぎるのでしばらく動画を休む、という趣旨の動画を出すなどしている(本当の理由はソフトがフリーズしてしまい、急遽作詞作曲の動画を作ったためだ、とも説明しており真偽は不明)。

 へライザーは物申す系では珍しい女性YouTuberで、10回ほどチャンネルをBANされた過去があり、これは迷惑系YouTuberへずまりゅうに並ぶ数字である。本人は「過激な動画を出し続けたこと、そしてヒカキンをディスったことが原因」だと説明している。へライザーは自身のチャンネルコンセプトについて、以下のように公言している。

「私は差別的な表現が特に好きです。なぜならエンタメは差別の塊ですよ。世に言う悪役は君達が絶対いじめてやりたいという原因でできています。アメリカのナンバーワンコメディアンのアダムサンドラーはユダヤ人で、(映画『50回目のファーストキス』の)映画の登場人物全員、障碍者を模したキャラクターで売れています。超面白いです。だからこそ、私の動画は差別的でちょいと過激です。それをしたくてYouTubeをしています」

「私はこれからも毒を吐きますが、このYouTube界をスイーツにしたくないだけで甘辛く煮てやりたいのですわ」

 “差別的な表現”と“過激であること”、そして“毒を吐くこと”を同じようなものだと認識しているのだろうか。ヘライザーが次にBANされるのも時間の問題だろう。

最終更新:2020/08/28 05:30

『24時間テレビ』志村けんと相葉雅紀を「まさに感動ポルノ」と罵倒 物申す系女性YouTuberが酷すぎるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真