日刊サイゾー トップ > その他  > 嵐・大野智と櫻井翔の「普通」の素顔
【wezzy】

嵐・大野智と櫻井翔の「普通」の素顔

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

いよいよ12月、嵐の活動休止がすぐそこまで迫ってきました。ここから1カ月は嵐にとってもファンにとっても、怒涛のように過ぎていくことでしょう。感謝と切なさを込めて、ジャニーズJr.時代から嵐を取材してきたアツが彼らへの想いを語ります。

_____

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 ついに活動休止まで1ヵ月を切った嵐。精力的に仕事をこなす傍ら殺到する取材にも一つ一つ丁寧に対応してくださって、本当に頭が下がる思いです(取材も仕事とはいえ、ね!)。

 5人の嵐の姿が見られなくなってしまうのはもちろんとても寂しいことだけど、彼らが移動車も持たないジャニーズJr.時代からずっと取材を続けてきたアツはじめ"いつメン"たちは、「今は『ありがとう、嵐』の言葉しか見つからないわ。あとはもう12月31日まで全力で見守らせてもらうことしかできないし。大晦日が終わったら、とにかくちゃんと休んで一息ついて欲しい」との思いでいっぱいなのよね。

 レギュラー番組の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)や『VS嵐』(フジテレビ系)のスタッフもみんな口々に、嵐へのリスペクトを語るの。あるスタッフの言葉を書かせていただくと、こんな感じ。

「とりあえず番組はいったん終了してしまうけど、最終回まで一瞬たりとも見逃せないシーンばかりだから、目に焼き付けて欲しい。本当は体力的にもとっくに限界だと思うんだけど、限界を超えた所で一切、手を抜かずに仕事に取り組んでいる彼らの姿を間近で見ているから、スタッフも一丸となって応援している。別れが寂しくないというスタッフはいないよ。でも最後の最後まで全力を出し切って戦っている嵐の面々には感謝しかないし、一緒に番組を作ってこられて本当によかった」

 ああ、嵐って業界人にも愛されているんだなと、改めて感じる昨今よ。

嵐・大野智の変わらない良さ「普通の人でいたい」
 嵐の良さって、今さらこんなアツコラムで書くのもおこがましいし、あり過ぎて語りきれないけれど、何がいいって「変わらない良さ」があると思うのよね。

 そりゃ成長著しいし、常に進化し続けているし、もうぜーんぜん手の届かない遥か彼方の存在になっているんだけど、どんなにビッグになろうとも彼ら自身の態度は何も変わらないのよね。たとえば、会えばいつでも「オゥ」と、まるで昨日も会っていたかのような感じで接してくれる大野智くん。11月26日に40歳になったばかりだけど、多才な彼がどんな40代を過ごすのか、とっても楽しみなの。

 あれは30歳の誕生日、ある番組の収録で真夜中までずっと立ち会っていたんだけど、「先輩たちが言ってたんだけど、20代より30代、30代より40代と、年齢を重ねる毎にやれることがどんどん増えていって楽しくなるんだって。本当かな? だから凄く楽しみなんだよね」と言っていた大ちゃん。

 もちろんその時も「これからもずっと『大ちゃん』って呼んでよ。急に距離とって『大野さん』とか呼ばないでよね」と言っていて、お約束通り、今も『大ちゃん』と呼ばせていただいているんだけど、ダントツで不変な優しい人が大ちゃんだと思うの。

 メンバーの誰もが認めるところだけど、誰より歌唱力があって、ダンスが上手くて、演技力に優れていて、かつアーティスティックで、才能溢れる人なのに、本人はあくまでも「普通の人」でいたいらしいの。常に一歩引いていて他のメンバーを立ててるしね。

 今までの大ちゃんのインタビューで何が笑ったって「長年、年末年始は家族でビンゴゲームをしていた」という話。えっ、大野家でまさかのビンゴゲーム?  何かほのぼのとしていて笑っちゃったんだけど「賞品も出すから父ちゃんや姉ちゃんはけっこう本気でさ。その後に家族みんなで母ちゃんのカレーを食うの」とのことで、温かい家庭で育った「普通の子」感が満載でね。

 かつて引っ越した時にテレビを買い忘れた時期があって「大野さんちにはテレビがない」とメンバーにイジられる期間があったの。そしてようやくテレビが届いて「何、見てる?」と聞いた所「月曜日は(櫻井)翔ちゃんが出演しているから『news zero』(日本テレビ系)を見てから寝る。次の日に翔ちゃんに会うと『あ、昨夜ニュース番組に出てた人だ』って毎回、思うんだ」と言っていてメンバーが爆笑していたけど、火曜日は『嵐にしやがれ』の収録があったから、翔くんも「ありがたいよね。メンバーが見てくれるなんて。大野さんは早寝の時が多いのに遅い時間のニュース番組を見てくれるなんて、これはもうまさに奇跡だよ」なんて笑ってたっけ。

 そうそう、そう言えばインタビューが終わって取材ノートをペラペラめくっていたら、最後のページにこっそり大野画伯の落書きがあったりして、いたずらっ子の面もいっぱいで。「大ちゃんの絵は芸術なんだから、気軽にあちこちに描かないの~」と注意したら「何で? ただの落書きだよ?」とのお返事で。どうやら「特別感 」はお嫌いみたいなの。大ちゃんのドラマや舞台、ずっと取材させてもらってたけど、まぁ本当にどこにいても、いつも自然体で裏表なく優しくて、心をほっこりさせてくれる唯一無二の人でね。今はそんな普通の人・大ちゃんに「ロングバケーションを存分に楽しんで!」としか言えないじゃない?

 

「櫻井家の長男」としての櫻井翔の素顔
 「大野智を視聴者に持つ」翔くんは、外見的には確かに一番変わったかもしれないわね。一時期はやんちゃ時代の“へそピアス”はNGワードか?  とも言われていたんだけどもう時効。今では自らネタにしてるしね。

 でも『news zero』のキャスターに就任してからは確実に責任ある言動を心がけていて、しっかりした大人になったなぁと感じることも度々。

 番組スタート当時の会見ではまだ初々しくて、諸先輩方を前にちょっとモジモジしていた翔くん。生放送の報道番組ということもあって月曜日は早めに局入りして、スタッフと念入りに打ち合わせ。

 「金曜日の夜から月曜日にかけて取り上げるニュースについてスタッフと話し合う。何度も何度もね。毎日全部の新聞に目を通すようになって、知識を深めるために各界の様々な方から話を聞いたり。勉強することが多くて時間が足りない。まだまだ余裕がない」と言っていたのに、あっという間に実力をつけていって、今では安心して聞ける立派なキャスターに。

 大学入試を前にした受験生たちから「わかりやすい解説でお役立ち度NO.1」と慕われて「こんな日が来るなんて思ってもみなかったから、本当に嬉しかった」と素直に喜んでいてね。でも常に勉強していて知識を深めているし努力を惜しまない人。

 まさに文武両道なんだけど、こんなにも何もかもが完璧な彼が前にこんなことを話してたの。「今まで仕事にかまけて実家にもあまり帰れなかったし、家のことは二の次三の次になってた時があった。でも家族の中での報告事や連絡事項、決めなくちゃいけないことなんかを母親がメールで送ってくれて、メールだけど僕を家族会議に入れてくれるんだ。家にいないのに。それは本当に有り難いなと思って」と言っていて何かジーンとしちゃってね。

 本来なら櫻井家の大スターであり、みんなから羨ましがられる存在だろうに、翔くん自身はどこかで「長男なのに家のことを放ったらかしにしてる俺」を反省している部分があるようでね。この人間くさい部分が愛おしいというか何と言うか。

 随分前だけど、弟さんがまだ学生だった頃のこと。メンバーが主演していたドラマのグッズを「出来たらでいいんだけど手に入れることは可能かな?  弟が欲しがっててさ。兄として何かしてあげたくて。申し訳ないね」なんて可愛すぎるおねだりをしていた時があったんだけど、それを聞いたメンバーや宣伝部の人が「そんなことお安い御用だから、早く言ってよ 」と笑いながら答えていて。

 でもそれに対しては「いや、ダメならダメって弟にちゃんと言うから。メンバー同士だからって何でもすぐに手に入ると思ったら大間違いだからね。ただ弟から欲しいって言われちゃうとどうも弱くてさ」と苦笑いしていた翔くん兄さん。彼もまた家族思いの素敵な人で、キャスターとしての自分と嵐メンバーとしての自分をちゃんと上手く分けて、両立させていて。アツとしてはバラエティー番組で見せる“ちょっと暴走発言をするおちゃめで男気溢れる櫻井兄貴”が好きなんだけど、いかが?  いつメンたちとは「いずれ政界に打って出る器」だと話しているんだけど、どうかしらね?

 あ~、とてもじゃないけど書ききれないわ。ということで二宮和也くん、相葉雅紀くん、松本潤くんとの思い出話や嵐の最新メッセージはまた来週。ラストスパートがかかった嵐だけど、「一日一日を大切に」全てに邁進する彼らの仕事をきちんと見届けなくちゃね。決してさよならじゃないんだし大丈夫。とりあえず来週も勝手ながら嵐weekにしちゃいますので、どうぞヨロシクです。じゃまたね!

最終更新:2020/12/06 05:30

嵐・大野智と櫻井翔の「普通」の素顔 ジャニーズJr.時代から嵐を取材してきた記者が語るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

DJ HASEBE語る志村けん

 志村けんが逝去してから1カ月以上が経っても、テレビ業界をはじめ、一般層にも広がる志...
写真