>  > テレビ辛口研究所

テレビ辛口研究所の記事一覧 (134件)

「テレビ辛口研究所」のニュース記事一覧。テレビ辛口研究所に関する最新情報や話題をまとめて掲載しています。

テレビ辛口研究所

ジャニーズ事務所の圧力問題、マスコミ関係者から「ジャニーさんの死を利用するな」の声 

 7月17日、公正取引委員会が独占禁止法違反につながる恐れがあるとして、ジャニーズ事務所に「注意」をしたというニュースが報じられた。  ジャニーズ事務所が「SMAP」元メンバ...
続きを読む
テレビ辛口研究所

ジャニー喜多川氏逝去をめぐる、事務所の情報操作「ジャニタレ追悼コメントもどこか不自然?」 

 7月9日23時半、テレビやスポーツ紙 の Web版、ネットニュースなどのメディアが一斉に、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川氏が亡くなったことを報じた。  ジャニーズ事務所の...
続きを読む
テレビ辛口研究所

ジャニーズ・エンタテイメント事業終了でKinKi Kidsタブー「どっち派論争」が再燃!?

 ジャニーズ・エンタテイメント(JE)が5月31日で事業を終了することを文春オンラインが報じるや、ジャニーズファンは騒然とした。  中でも一番強い反応を示したのはKinKi ...
続きを読む
テレビ辛口研究所

広瀬すず『なつぞら』イケメン大量投入で視聴率好調も「評価急落」のワケ

 広瀬すずが主演を務める、第100作目のNHK連続テレビ小説『なつぞら』。  GW中には視聴率20%の大台を割り込む時期もあったものの、軒並み好調をキープし続けている。  岡...
続きを読む
テレビ辛口研究所

松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人……アタックゼロの「イケメン大量CM」が示すジャニーズ崩壊危機

「アタックゼロのCM、洗剤の宣伝にこんなにイケメンたくさん揃えて何してんの???!!!」 「イケメン5人がでとる洗剤のCM最強すぎ、これからアタック使お」 「ドラッグストアに...
続きを読む
テレビ辛口研究所

『まんぷく』好評を支えた俳優・桐谷健太、取材完全拒否だった“意外なワケ”とは?

 視聴率・評判ともに放送開始当初から最終回まで高水準を維持したNHK連続テレビ小説『まんぷく』。  ヒロイン・福子役の安藤サクラ、萬平役の長谷川博己という実力派俳優2人の安定...
続きを読む

本当にあった「ジャニーズの圧力」! 公取委には“ジャニーズ関連の窓口”が実在する

 タレントの不祥事や事務所退所等、ネガティブなニュースが相次ぐジャニーズ事務所。最近では、公正取引委員会が元SMAP3人に対して、聞き取り調査を開始したともウワサされている。...
続きを読む
テレビ辛口研究所

ジャニーズJr.“ゴリ押し”は滝沢秀明の功績!? デビュー組ファンから不満噴出!

 タッキー&翼、山下智久、嵐、関ジャニ∞、生田斗真、風間俊介らがジャニーズJr.だった「ジャニーズJr.黄金期」と呼ばれる時代。  数年前からジャニーズ事務所と昵懇の媒体など...
続きを読む
テレビ辛口研究所

NHK『まんぷく』好調も、関連商品や取材対応に“慎重すぎる”ワケとは?

 いよいよ「まんぷくラーメン」が完成したものの、パクリ商品が続出するなど、まだまだ波乱の続くNHK連続テレビ小説『まんぷく』。  実在のモデルがいる物語だけに、即席ラーメンを...
続きを読む
テレビ辛口研究所

沢村一樹『刑事ゼロ』、杉咲花『ハケン占い師アタル』だけじゃない! テレ朝ドラマ絶好調のワケ

 1月期のプライムタイムの民放冬ドラマが出そろった中、沢村一樹主演の新ドラマ『刑事ゼロ』(テレビ朝日系)が14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で初回視聴率1位を...
続きを読む
テレビ辛口研究所

嵐、活動休止の“あたたかさ”と、残酷過ぎた「SMAP解散」「公開処刑」の悲しい思い出

 1月27日、嵐が2020年をもって芸能活動を休止するという発表がなされてから、今もなお連日の報道が続いている。  活動休止まで2年という十分な期間を設けたことも、ジャニーズ...
続きを読む
テレビ辛口研究所

『ZIP!』福山雅治の朝ドラで“脚本家”バカリズムに大ダメージ?「MOCO’Sキッチン」休止に批判も

 日本テレビが開局65周年記念番組として手がけた『ZIP!』内の7分×全13話の『生田家の朝』。  企画プロデュースを福山雅治が務め、福山からの誘いでバカリズムが脚本を担当、...
続きを読む
テレビ辛口研究所

小山慶一郎『news every.』降板発表の怪……なぜNEWSだけ、ここまで押されるのか

 NEWS・小山慶一郎が、出演自粛を続けていた報道番組『news every.』(日本テレビ系)を降板することが、12月19日に発表された。問題となったのは、ご存知、今年5月...
続きを読む
テレビ辛口研究所

『イッテQ!』だけじゃない! 日テレドラマ“壊滅”止まらず……「フジテレビ化」の懸念

 人気看板番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のヤラセ問題が話題となった2018年。  実はバラエティでミソがついただけでなく、今の日テレはドラマにおいても絶不調...
続きを読む
テレビ辛口研究所

映画『億男』初共演の佐藤健と高橋一生、その“不思議な関係性”に関係者から証言続々

『半分、青い。』(NHK総合)、『義母と娘のブルース』(TBS系)と、出演したドラマが立て続けにヒットしている佐藤健。そして、現在放送中の『僕らは奇跡でできている』(フジテレ...
続きを読む
テレビ辛口研究所

『半分、青い。』アンチ噴出のワケは脚本家・北川悦吏子の“上から目線”「『神』と呼ばれて……」

 賛否両論が白熱したNHK連続テレビ小説『半分、青い。』が9月末で最終回となった。  週間平均視聴率は第3~6週に20%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を割ったとはい...
続きを読む
テレビ辛口研究所

鈴木福くんは大丈夫!? 男性子役を悩ませる“声変わり問題”乗り越え方を専門家に聞いた!

 7月4日放送分『くりぃむクイズ ミラクル9 〜有田ナインvs生瀬ナイン!!夏の3時間スペシャル〜』に、人気子役の鈴木福くんが出演。  現在14歳、中二で「声変わり中」と語っ...
続きを読む
テレビ辛口研究所

ジャニーズ新グループ「King & Prince」爆売れの理由は“AKB商法”と“自社買い”か

 5月23日、ジャニーズ事務所から4年ぶりにCDデビューした6人組ユニット「King & Prince」(平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹)。  平野...
続きを読む
テレビ辛口研究所

「酔わないウメッシュ」CMの“性的イメージ”本当の狙いは? チョーヤ梅酒を直撃!

 毎年5月末~6月は、スーパーなどで青梅を見かける時期。梅酒を作りたい、あるいは梅酒を飲みたくてウズウズする人たちも多数いるだろう。  ところで、テレビではこの時期、相楽樹が...
続きを読む
テレビ辛口研究所

ブルゾンちえみが「消えそうで消えない」理由とは……実は「マツコ・デラックスに近い」との分析も

 オースティン・マホーンのBGMと「35億!」のフレーズ、独特のメイク、後輩のブリリアンを従えて高飛車キャリアウーマンとして女性たちに上から目線でアドバイスするネタでブレイク...
続きを読む
テレビ辛口研究所

『徹子の部屋』SP番組の徹子が、まったく笑ってない!? 真剣な徹子に“イジり”は「不愉快」だったのか

 2月2日に43年目に突入した『徹子の部屋』(テレビ朝日系)。それを記念し、3月12日には『祝43年目突入! 徹子の部屋 最強夢トークスペシャル』が放送された。  吉永小百合...
続きを読む
テレビ辛口研究所

フジテレビに「騙された!」と批判噴出……スピードスケート・小平奈緒の“棄権”隠して放送の是非

 平昌オリンピックのスピードスケート500メートルで日本女子初の金メダルを獲得、1000メートルで銀メダルを獲得した小平奈緒選手。  そんな小平選手が、五輪後初の世界大会とし...
続きを読む
テレビ辛口研究所

『ドラえもん』古参ファンが“声優交替”より許せない「お涙ちょうだい」に漂うカネのニオイ

 アニメ『ドラえもん』の声が大山のぶ代から水田わさびに代わったほか、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫と、メインキャラの声優交代があったのは、2005年。  あれから1...
続きを読む
テレビ辛口研究所

平昌五輪「日本人がメダルを獲ってから」しか注目しない……ゆがんだ日本のスポーツ中継

 連日、熱戦が繰り広げられている平昌オリンピック。2月23日現在までに獲得した金メダルが3個、銀は5個、銅は3個と、素晴らしい成績に、日本中が沸きに沸いている。  しかし、不...
続きを読む
テレビ辛口研究所

平昌冬季五輪、キャスター中居正広に飛び交う賛否「中居厨はオリンピック観てねぇだろ!!」

 中居正広、櫻井翔、亀梨和也、国分太一、山口達也など多数のジャニーズタレントが、局専属のメインキャスターとして、また関連番組への出演のため、冬季オリンピック開催中の平昌へ現地...
続きを読む
テレビ辛口研究所

平昌冬季五輪の各局キャスター“微妙すぎる人選”のワケは「ネット対策」か

 平昌オリンピックを各局が連日報じているが、テレビを見ながら、キャスターなどの顔触れに違和感を覚えた人もいるのではないだろうか。  局アナ+元オリンピック選手に加え、日テレの...
続きを読む
テレビ辛口研究所

年末大紛糾!『エンタの神様』SP放送の惨状と不人気ぶり「観覧希望にも人が集まらない……」

 昨年12月29日に放送された、『エンタの神様&有吉の壁「年末は爆笑パーティーで盛り上がろう!SP」』(日本テレビ系)。  かつての人気番組『エンタの神様』が、視聴率低下など...
続きを読む
テレビ辛口研究所

東出昌大と阿部寛は、大根役者界の「良い棒」……棒演技をめぐる「良い」「悪い」ってナンだ!?

 ドラマの感想などが書き込まれるネット掲示板で、度々見かける「棒」という言葉。 「棒」とは「棒読み」、いわゆる「大根役者」のことで、ずいぶん失礼な話ではあるが、よく掲示板など...
続きを読む
テレビ辛口研究所

NHK朝ドラ『ひよっこ』復調の裏にあった“放送休止寸前”の大ピンチ!「台本が上がってこない……」

放送開始当初より評判は良かったものの、序盤は数字上、苦戦を強いられてきたNHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』。 第13週の「ビートルズがやって来る」で初めて週単位の平均視聴率20...
続きを読む
テレビ辛口研究所

「へったくそ」な歌声に酷評と嘲笑が殺到! でも……ディーン・フジオカはなぜ、堂々としているのか

NHK朝ドラ『あさが来た』の五代友厚役でブレークしたディーン・フジオカ。その役柄が非常に魅力的だったこと、4カ国5言語を自在に操る“国際派俳優”という触れ込みの付加価値もあり、多...
続きを読む
テレビ辛口研究所

完全ブレークでアンチ大増殖も……高橋一生の異常な“業界内人気” アイドル並みの「おっかけ」も

ドラマ『民王』(テレビ朝日系)や『カルテット』(TBS系)により、にわかファンが大量に増えた印象の俳優・高橋一生。 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』では、柴咲コウ演じる主人公...
続きを読む
テレビ辛口研究所

“カツラ疑惑否定芸人”と化した演歌歌手・細川たかしに美容師証言「最近のカツラは、もっと優秀です」

最近、細川たかしが「カツラ疑惑否定芸人」化している気がする。 きっかけは、昨年9月15日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)出演時。毛髪に違和感があったことから、ネット上で「明ら...
続きを読む

NHK朝ドラ出演者を続々輩出! TBSドラマ『表参道高校合唱部!』が視聴率5.9%なのに“伝説”へ

4月2日にスタートしたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。有村架純演じるヒロイン・谷田部みね子の幼なじみに、「昭和」が実に似合う、妙に演技の達者な役者がいる。 農家の三男坊・角谷三...
続きを読む

『ドラゴンボール超』で「わくわく」連発! 悟空役の野沢雅子が、モノマネ芸人・アイデンティティに寄せてる!?

「おっめえ、つええなあ! オラ、わっくわくすっぞ!」  文字だけでも頭の中で声が再生される、この独特なしゃべり。アニメ『ドラゴンボール』の孫悟空かと思いきや、頭に浮かぶ顔はちょ...
続きを読む
テレビ辛口研究所

フット・後藤輝基の「昔の写真」は、なぜ面白い!? 記者・ライターが明かす“写真芸”の極み

昨年いっぱいで放送が終了したフジテレビ系『SMAP×SMAP』の後番組『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』が、2月20日放送分の平均視聴率で3.9%(ビデオリサ...
続きを読む
テレビ辛口研究所

決してゴリ押しじゃない!? 絶賛の声、続々……ブレーク中の高橋一生の業界人気が高すぎる!

初回視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で以降は、第2話9.6%、第3話7.8%と低迷しているものの、熱烈なファンに支持されているドラマ『カルテット』(TBS...
続きを読む
テレビ辛口研究所

『笑ってはいけない』大絶賛の斎藤工“セクシー”開眼のキッカケと、努力家の素顔

毎年大みそかの恒例となっている『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の「笑ってはいけない」シリーズ。 昨年末は「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」が放...
続きを読む
テレビ辛口研究所

大嫌いなのに大好き!? ジャニヲタ界隈をザワつかせる“星野源”という存在の謎

SMAP解散騒動を機に、世間からの風当たりが強くなり、「弱体化」がささやかれるジャニーズ事務所。 いまお茶の間で人気者なのは、菅田将暉や山崎賢人、坂口健太郎、窪田正孝、福士蒼汰、...
続きを読む
テレビ辛口研究所

『逃げ恥』25.5%だけじゃない! 「北海道の視聴率、なぜ高い?」ビデオリサーチに聞いた

新垣結衣の主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(12月13日放送分/TBS系)第10話の北海道地区での平均視聴率が25.5%を記録したことが報じられた。 しかも、HBC北海道放送...
続きを読む
テレビ辛口研究所

好調『逃げ恥』と停滞『地味スゴ』……今期“ヒロインかわいいドラマ”どうして差がついた?

29日放送の第8話が平均視聴率16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下、同)を記録した、新垣結衣の主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。 初回から実に10.2%...
続きを読む
テレビ辛口研究所

坂口杏里と舌戦中の“トップバカ”重盛さと美「家族が名字を変えた」発言は本当? 弁護士に聞いた

ANRIこと坂口杏里との「舌戦」が、日々ワイドショーなどに取り上げられ、話題になっている重盛さと美。 重盛といえば、『めちゃ×2イケてるッ!今夜ついにガチ20周年 ありがたいね~...
続きを読む
テレビ辛口研究所

松本人志のボケもかすむ……「タウンワーク」CMの岡田将生“激似”外国人は誰だ!?

現在放送中の「タウンワーク~通訳編」CM。 ハリウッドスターの男女の来日記者会見の模様が流れ、「この作品の見どころは?」という記者の質問に対して「トラヴィス・ウィンクラー」なる外...
続きを読む
テレビ辛口研究所

MC芸人で人気が決まる!? 乃木坂46『乃木どこ』と欅坂46『けやかけ』ファンはどう見ているか

AKB48グループの「公式ライバル」としてスタートし、現在では女子アイドルグループの実質トップにまで上り詰めている乃木坂46。 その清楚なイメージや顔面偏差値の高さだけでなく、乃...
続きを読む
テレビ辛口研究所

「ジャニーズの圧力」は本当にある? トップの思いつきだけで動く巨大事務所の“本当の怖さ”とは

日本中に衝撃を与えた、SMAPの解散報道。 スポーツ新聞やテレビなど、ジャニーズ事務所と昵懇の関係にある「お抱えマスコミ」は、その原因として「メンバーの不仲」説を盛んに取り上げる...
続きを読む
テレビ辛口研究所

『27時間テレビ』がタレントを殺す!? 負傷のHey!Say!JUMPメンバーに残酷演出

7月23~24日に放送された『FNS27時間テレビ フェスティバル!』の平均視聴率は7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、史上最低であったことが話題になっている。 一部報道...
続きを読む
テレビ辛口研究所

au「三太郎」CM好感度急落……そのワケは「“一寸法師”の演技がうますぎ」!?

CM総合研究所の「銘柄別CM好感度」において、5月度から引き続き、6月前期も1位に輝いたKDDI「au」のCM。 同じくCM総研の調査によると、「2015年度企業別CM好感度ラン...
続きを読む
テレビ辛口研究所

吉田羊と7連泊、泥酔痴漢騒動……でも、干されないHey!Say!JUMP・中島裕翔とジャニーズの“スペオキ”事情

「週刊ポスト」(4月11日発売号/小学館)において、女優・吉田羊との自宅7連泊“20歳差熱愛”を報じられた後、「週刊文春」(5月19日発売号/文藝春秋)では、泥酔&30代女性への...
続きを読む
テレビ辛口研究所

“急性アルコール中毒”で搬送の亀田興毅に酒を覚えさせたのは藤井フミヤ? 当人を直撃してみると……

「元プロボクサーの亀田興毅さん、急性アルコール中毒で救急搬送」というニュースが5月12日に報じられた。 この報道を耳にして、ふと頭をよぎった番組があった。それは、亀田興毅が出演し...
続きを読む
テレビ辛口研究所

絶好調のNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』に意外な不評「残念な場面が……」

「初回視聴率は今世紀2番目」「第1週平均視聴率で『あさが来た』超え」「自己最高更新&平均視聴率2週連続で20%の大台突破」などなど、連日、華々しい数字が取り上げられ、「好調」とう...
続きを読む
テレビ辛口研究所

「クンムラッタ ビスタ♪」ハリセンボン近藤春菜“シュールすぎる”無表情ソングの意外な真実って?

「クンムラッタ クンムラッタ クンムラッタ ビスタ♪」 ハリセンボン近藤春菜が『アメトーーク!』(テレビ朝日系)などで披露したことから、すっかり有名になったボーイスカウト&ガール...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

テレビ辛口研究所記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...
写真