日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)

社会(トンデモ)の記事一覧 (1542件)

「トンデモ海外ニュース」内「社会」のニュース記事一覧。社会に関する最新情報や話題をまとめて掲載しています。

【新型コロナ】リステリンうがいもイソジン同等の効果アリ!? 米感染症学会が感染予防効果を公表

「嘘のような話……」  8月4日、そんな前置きをしながら始まった吉村洋文大阪府知事の「ポビドンヨード入りうがい薬がコロナに効く」という話。この会見後、薬局からうがい薬が消えた...

日本も人ごとじゃない? 中国で大学生の就職率が急激悪化! 大卒者28万人、院卒者7万人が出前配達人に

 中国の国家統計局が7月16日に発表したところによると、中国の20歳から24歳の「大専」以上の学歴を持つ人の今年6月の失業率は19.3%で、昨年同期に比べて3.9ポイント増加...
そこまでして裸が見たいのか?

これがストリップの“ニューノーマル”! 米テキサスでストリップ劇場がドライブスルーに大変身

 新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査では、密になるのを防ぐために、車に乗ったまま検体採取を行う“ドライブスルー方式”を採用している地域も多い。そんな中、コロナ感染者が...

治験者の半分に副作用──新型コロナウイルス中国製ワクチンのヤバい“効果”とは

 新型コロナウイルスの世界的感染拡大に歯止めがかからないなか、各国で繰り広げられているワクチン開発に注目が集まっているが、一歩先を行くのは中国だ。  康希諾生物(カンシノ・バ...

77歳の教祖が30年にわたり若い女性信者を性奴隷に……イタリア警察がセックス教団を摘発!

 イタリア北東部にある小さな町・ノヴァーラで7月19日、警察がセックス教団を摘発した。その教団では、“ザ・ドクター”と呼ばれる77歳の男が、女性信者を洗脳し、性的虐待を行って...

世界的大企業テンセントが詐欺師とハンコに騙された!? その大胆すぎる手口と稚拙な動機とは

 中国インターネット最大手・テンセント(騰訊)の躍進が止まらない。今年に入り、新型コロナ禍の混乱の中で株価の上昇を続けてきたテンセントは、時価総額でアリババを超え、現在約70...

水に浮かぶいかだを分娩台わりに!? 豪雨続く中国雲南省で妊婦が洪水のなか出産! 赤ん坊の名前はまさかの……

 7月4日から続いた断続的な暴雨の被害は九州全体に広がった。住宅被害は約1万2000棟、死亡者は60名以上となる見通しだ。梅雨前線の停滞は今後も続き、被害はさらに広がることが...

「1万年に一度の大洪水でも問題なし」の中国三峡ダムが決壊危機! 下流域6億人の安全は!?

 中国内陸部では6月に入ってから集中豪雨が続き、各地で洪水が巻き起こっている。ナイル川、アマゾン川に次いで世界で3番目に長い長江沿いにある大都市・重慶では、80年ぶりの大洪...

寝たきり状態で人工透析も……iPhone 4s欲しさに腎臓を売った男性の悔恨

 2011年10月14日に発表されたiPhone 4sは、その9日前にこの世を去ったスティーブ・ジョブズが見届けた最後のiPhoneだといわれている。  現在は国産スマホメー...

『聖闘士星矢』の劣化コピー!? 中国宇宙事業を担う国有企業のキャラクターに非難殺到

 中国は5日、大型運搬ロケット「長征5号B」を打ち上げた。その成功を祝うかのように、宇宙開発計画を担う国有企業・中国航天科技集団は7日、中国版Twitter「微博」で長征の全...

中国でコロナ離婚が急増中! 離婚手続き予約は1カ月先までいっぱいに……

 新型コロナウイルスは、夫婦仲もむしばむようだ。  感染拡大防止のため、世界的に外出自粛やリモートワークが推進されているが、家にずっといることで夫婦間に不和が生じたり、家庭内...

「パンデミック克服」うたう中国で高まる外国人差別……広州市のマクドナルドが“黒人入店お断り”

 新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かっているといわれている中国で、外国人に対する新たな差別問題が起こり、外交問題にまで発展しつつある。それが、広東省広州市に住むアフリカ...

悪趣味! 中国の動物園で“トラ釣り”に批判殺到→中止へ

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るうなか、発生源である中国・武漢市では都市封鎖が解除され、人民たちも徐々に日常を取り戻しつつある。そんな中、モラルまで封鎖解除してしまっ...

13歳から手術を受けること60回! 整形中毒に陥った女性の顔が衝撃すぎ……

 整形大国といえば韓国が有名だが、最近ではその状況も変化しているようだ。中国では近年、美容整形市場が急速な成長を遂げており、2023年には日本円で5兆7,000億円規模の市場...

TikTokで方言を使ったら配信停止に! 新型コロナ禍で強まる「広東語規制」

 東京都の小池百合子知事が外出自粛を呼びかける動画を配信するなど、情報インフラとしても機能している動画アプリTikTokだが、本家中国では言論統制が強まっている。  TikT...

世界で浸透する「武漢ウイルス」の呼称に、中国が猛反発!

 米トランプ大統領が新型コロナウイルスを「チャイナウイルス」と呼び物議を醸したが、世界では「武漢ウイルス」や「武漢肺炎」の呼称が使われることが少なくない。  台湾メディア「E...

血のついたベッドに黄色く濁った水……中国「外国人隔離措置」の実態

 新型コロナウイルス禍の終息目処が立ったとする中国がいま最も恐れているのは、同ウイルスの逆輸入だ。海外から中国に帰国した市民や、中国に入国した外国人から新型コロナウイルスが検...
ソーシャル・ディスタンスも完全無視!

景勝地に黒山の人だかり……中国で懸念される「感染再拡大リスク」

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るうなか、発生源である中国は終息に向かい、徐々に日常を取り戻しつつある。中国では4月4日が清明節の祝日であることから、振替休日の6日まで...

「アメリカ人には渡さない!」在米中国人が現地でマスクを買い占めして大炎上

 新型コロナウイルスの感染拡大が中国で表面化した際、日本のドラッグストアで中国人によるマスク買い占めが起きたことは記憶に新しいが、アメリカでも同じことが起きていたようだ。  ...

”ひととき融資”の果ての狂気?  美人看護師が同僚医師を殺害→バラバラにしてゆでる!? 

 新型コロナウイルスの新規感染者数が減少し、感染拡大が収まり始めている中国では、最大の功労者である医療関係者たちを英雄と呼び、褒めたたえている。しかしそんな中、医師と看護師と...

100名近くが濃厚接触! 厳戒態勢の台湾で極秘開催された“セレブSMイベント”に非難ごうごう!

 新型コロナ対策として国や県が自粛を求めたにもかかわらず、3月22日にさいたま市で開催された「K-1ワールドグランプリ」に批判の声が上がっている。会場には約6,500人の観客...

安倍政権の“ゆるふわコロナ対応”に、中国人から羨望のまなざし!?

 現在も世界で猛威を振るう新型コロナウイルスだが、最初に感染が拡大した中国では、3月に入り感染が鈍化、日ごとの新たな感染者数は2桁台に抑えられているという。中国メディアは都市...

シュールすぎ!! 防護服に身を包んで出廷した暴力団幹部に死刑判決!

 横浜地裁は16日、相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害し、殺人などの罪に問われた植松聖被告に死刑判決を言い渡した。  その5日前、お隣中国でもひ...

徴用工も真っ青の人権侵害 ! ナイキの韓国系サプライヤーがウイグル人に強制労働

 新型コロナウイルスの影響で、中国では湖北省を中心に人々の移動が制限されているが、感染拡大以前から、日常的に移動の自由を制限されている人たちがいる。それはウイグル人だ。 「ワ...

一発でノックアウト!? マイク・タイソンが”世界最凶”のマリファナを発売

 ボクシング界のレジェンド、元世界ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソン氏が、マリファナ販売が合法化されたアメリカ・カリフォルニア州で大麻ビジネスに進出している件は、以前にお...

“台湾民主化の父”が肺炎で一時重体に! 宿敵中国人から「死ぬな」の応援メッセージが届くワケ

 “台湾民主化の父”として、また台湾初の民選総統として活躍した李登輝元総統(97)が重度の肺炎により入院していることがわかった。総統時代から中国の圧力に屈せず、台湾を死守して...

新型コロナウイルスのPCR検査で、28年前の未解決殺人事件が解決!?

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する一方で、これをきっかけに、中国で28年前に発生した未解決事件がようやく解決を迎えたという。  事件が発生したのは1992年3月20日...

華々しくデビューした中国外務省“攻撃的報道官”、実は蒼井そらファンだった!

 2月24日に初めて記者会見に登場した中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官だが、就任早々、米政府が中国共産党・政府系メディア5社の記者など米国内で働く職員の人数に上限...

日本人医師からマスク横流で2,000万円荒稼ぎ! 新型コロナウイルスで一攫千金、逮捕者も?

 感染拡大の一途をたどる新型コロナウイルスだが、これに乗じ、金もうけを企む者も後を絶たない。フリマアプリなどではマスクの高額転売が相次いでいるが、京都在住の在日中国系女性が日...
封鎖の街を包む「死の煙」

【新型肺炎】数万人の犠牲をひそかに火葬!? 中国・武漢市で、大気中の二酸化硫黄が謎の増加中

 2月16日現在、感染者数7万人超、死亡者数1,765人と増加を続ける新型コロナウイルスだが、世界各国のメディアでは中国当局が発表しているこうしたデータに疑いを持っていること...
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

社会(トンデモ)記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

五輪延期でボランティア問題再燃?

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、国際オリンピック委員会(IOC)は東...
写真