> てれびのスキマ

てれびのスキマの記事一覧 (50件)

テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第116回

「聞き流す名人」40周年を迎えた『徹子の部屋』黒柳徹子の驚異的な純粋さ

今年2月2日をもって40周年を迎え、41年目に突入した『徹子の部屋』(テレビ朝日系)では、2月11日に「祝40周年 最強夢トークスペシャル」と題して、ゴールデンタイムで特別番組が...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第115回

ダメな奴らは、かわいらしい――NHK×松尾スズキ『ちかえもん』という虚実皮膜の痛快娯楽劇

「どうも、近松門左衛門です。浄瑠璃作家として教科書に載っている、あの近松門左衛門です。大河ドラマでもナレーションさせてもらったことがある、あの近松です!」 そんなモノローグが挿入...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第114回

「1人のバカが変えていく」『人生のパイセンTV』が壊す、窮屈で退屈でマンネリなテレビ

「ついに若林さんが覚醒しました!」 オードリーの若林正恭が荒々しいラップを歌い終わると、ベッキーがそう叫んだ。会場には、割れんばかりの「若様」コールが鳴り響いた。 そこは「PAI...
続きを読む

「フリースタイルバトルは格闘技!」 話題の深夜番組『フリースタイルダンジョン』演出家が明かす、“戦場”の裏側

いま、深夜番組『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)が騒がしい。Zeebraがオーガナイザーを務めるフリースタイル(即興)ラップのMCバトル番組で、「チャレンジャー」たちが...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第113回

マツコロイドが真理を語る、NHK新春ドラマ『富士ファミリー』の肯定感

お正月のスペシャルドラマの出演者に「マツコロイド」の名前があれば、普通は「あ、軽い感じのドラマかな」と思うだろう。マツコロイドとは『マツコとマツコ』(日本テレビ系)などに登場して...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」特別編

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2015年のテレビ事件簿【ドラマ編】

2015年のドラマを振り返る際、真っ先に挙げなければならないのは『下町ロケット』(TBS系)だろう。多くのドラマが視聴率1桁台と2桁台の境目でもがいている中、20%超えする回もあ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」特別編

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2015年のテレビ事件簿【バラエティ編】

2015年のバラエティ番組の顔といえば、やはりマツコ・デラックスだっただろうか。 これまでのレギュラーである『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)、『マツコの知らない世界』(...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第112回

「臆病なくらいがちょうどいい」『コウノドリ』に漂う“強さ”の正体

“優しい”ドラマである。 今期、視聴後の満足度が抜群に高かったのが『コウノドリ』(TBS系)だ。毎回毎回、強く心に響き、涙を禁じ得ない。いよいよ18日、最終回を迎える。まだ終わっ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第111回

「なんか、すごい幸せだなぁ」『そんなバカなマン』が見せる、バナナマンとバカリズムの“夢”の続き 

「ヒデ、初心忘れてるな?」 バナナマン・設楽統は、バカリズムをそう問いただした。「ヒデ」とは、バカリズムの若い頃からの呼び名だ。「初心取り戻しに“ホームステイ”行くか?」と切り出...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第110回

王道復活! 濱田岳『釣りバカ日誌 ~新入社員 浜崎伝助~』で引き継がれた三枚目俳優のバトン

植木等主演の『ニッポン無責任時代』をはじめとする「無責任シリーズ」、渥美清主演の『男はつらいよ』、そして西田敏行主演の『釣りバカ日誌』など、かつての日本映画には王道コメディ映画の...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第109回

カルチャーは、点ではなく線――『アフロの変』がつなぐ“変なモノ”

深夜番組は、テレビの豊かさの象徴だ。 かつて深夜枠では、エロ番組から実験的な番組、マニアックな番組まで、多種多様な番組を放送していた。その自由な空間から新しい人材が生まれたり、育...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第108回

そこは地獄なのか、天国なのか? 『監獄学園』にほとばしる妄想の世界

そこは地獄なのか、天国なのか? 『監獄学園』にほとばしる妄想の世界 なんという凶悪なおっぱいだろうか?  タイトな衣装の胸元から、はちきれんばかりの巨乳を惜しげもなく披露している...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第107回

「待たせたな!」久々に帰ってきた“ザ・王道”朝ドラ『あさが来た』

「待たせたな!」 山本耕史演じる新選組副長・土方歳三が、画面に向かって叫んだ時、「待ってました!」と多くのドラマファンが歓喜した。なにしろ、10年余りの時を経て蘇ったのだ。 20...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第106回

フォトブックも発売! テレ東『週刊ニュース新書』の愛猫“にゃーにゃ”の癒やしと怖さ

11月11日、ついに「にゃーにゃ」のフォトブックが発売されるという。しかも付録として、DVDも付いているそうだ。これまでの成長を振り返るほか、にゃーにゃの1日に密着したものになる...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第105回

もしいま、松本人志が『M-1』に出場したら? 『下がり上がり』に見る、芸人残酷時代

「売れていない芸人はクズ」 ダウンタウンの松本人志は、若手芸人時代、事あるごとにそう言われたという。だとするなら、いま芸人界はクズであふれている。90年代後半の“ボキャ天”ブーム...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第104回

なぜ、日本のマンガはこんなにも豊かなのか? Eテレ『浦沢直樹の漫勉』が映すもの

「マンガ界が騒然となるんじゃないですかね」 浦沢直樹が、そう興奮しながら収録に向かうのが『浦沢直樹の漫勉』(Eテレ)だ。この番組は『YAWARA!』『MONSTER』『20世紀少...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第102回

全員加害者?『エイジハラスメント』で五寸釘をブチ込まれるのは何か

「部下の価値が全然理解できてないんじゃないですか? ブタに真珠の価値がわからないのと一緒です」「あなた、誰に口を利いているの?」「ブタ!」 毎回、会社でさまざまなハラスメントを目...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第101回

“子どもだまし”では、子どもはだませない! Eテレ法廷教育ドラマ『昔話法廷』が裁くもの

「もー! 認めなさいよ、このババア!」 裁判官が「静粛に!」と制止する中、“被害者”の白雪姫は我慢できずに“被告人”の王妃につかみかかった。検察官から、リンゴ嫌いのはずの王妃のパ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第100回記念 特別寄稿3

てれびのスキマが見た【日本テレビ】と【フジテレビ】──「平成テレビの完成形」と「元祖テレビの王様」の現在地

「テレビは終わった」 などと語られる時、その「テレビ」は「フジテレビ」的なものを指すことが多いのではないでしょうか。なぜなら80年代以降、フジテレビこそがテレビの主役であり、象徴...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第100回記念 特別寄稿2

てれびのスキマが見た【TBS】と【テレビ朝日】──「今のテレビではできないこと」と、どう向き合うか

「今のテレビではできない」 これは、よく聞くフレーズです。確かに、コンプライアンス重視の昨今の風潮もあり、簡単にはできないこともあると思います。けれど、「今のテレビではできない」...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第100回記念 特別寄稿1

てれびのスキマが見た【NHK】と【テレビ東京】──テレビ局にとっての“らしさ”とは?

2012年6月から始まったこの連載「テレビ裏ガイド」。「面白いテレビ番組を真正面から面白いと紹介する」というコンセプトで毎月2~3本のペースで更新し続け、今回でなんと100回目を...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第99回

これはドキュメンタリーなのかドラマなのか? 『廃墟の休日』で交差する日常と非日常

またテレビ東京で、変な番組が始まった。思わずそうつぶやいてしまうような、異色すぎる番組が『廃墟の休日』(テレビ東京系)だ。これは旅番組なのか、ドキュメンタリーなのか、それともドラ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第98回

AV男優しみけんvs 絶対王者の熱きバトル!『BAZOOKA!!!』「地下クイズ王」という知的スポーツ

「女性の恥骨の下にある、膣壁前方上部の小さな領域を『Gスポット』といいますが、この『G』の由来となった、女性器の研究で有名なドイツの産婦人科医は誰?」 これが、「地下クイズ王決定...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第97回

こんなの夜神月じゃない!? 窪田正孝がつくる『デスノート』の新世界

こんなの夜神月じゃない! 7月5日から始まったドラマ『デスノート』(日本テレビ系)を見て、多くの原作ファンがそう思ったのではないだろうか? 原作の夜神月は、いわゆる“天才”。ズバ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第96回

シングルマザー、占い師、女装家……テレ東『家、ついて行ってイイですか?』で描かれる人生劇場

「イエーーイ!」「キャハハハ!」 終電が過ぎた深夜の街には、ハイテンションな酔っ払いたちがうごめいている。そんな人たちに「タクシー代をお支払いするんで、家について行ってイイですか...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第95回

マモー・ミモー復活!『LIFE!~人生に捧げるコント~』が起こした“奇跡”の意味

「恐怖のズンドコ……」「ちがーう!」 30代半ば以上の人たちにとって、懐かしさで震えるであろう光景が映し出された。90年代、フジテレビ系の『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第94回

「すっとんきょうなことを言わなきゃダメ」『ワイドナショー』に見る、松本人志の時事大喜利

「すんごいブスがいっぱい乗ってるでしょ、女性車両って?」「(後輩におごった金額)計算したら、ホントに億超えてますよ」「皮肉なことに、声を失うことで、彼(つんく)の言葉の重みってい...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第93回

街ブラ番組『ウルトラ怪獣散歩』が起こす、怪獣×東京03という化学反応

「今回は北川町じゃなくて、鎌倉ですけど」 メフィラス星人、メトロン星人、ケムール人という3体の怪獣たちが、鎌倉の街をブラブラしている。しかし、このロケでメインとなるはずの重要文化...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第92回

「恋愛は変態への第一歩」――“静かな変人”堺雅人『Dr.倫太郎』に流れるタモリイズム

「僕は、理想の俳優がウォーズマンなんですよ」 主演する『Dr.倫太郎』の番宣を兼ねて出演した『おしゃれイズム』(ともに日本テレビ系)の中で、堺雅人は突拍子もないことを言いだした。...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第91回

“元祖ゆるキャラ”『はに丸ジャーナル』の、ゆるくない問いかけ

「有名になりたいから、NHKを利用するってことかな?」 はに丸が、埴輪をモチーフにした高槻市のゆるキャラ「はにたん」に対して容赦なく突っ込んだ。 これは『はに丸ジャーナル』(NH...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第90回

こんなピエール瀧、見たことない! NHK骨太ドラマ『64』を支える“顔力”

これが、本当にあのピエール瀧だろうか、と一瞬目を疑ってしまった。いつも薄ら笑いを浮かべ、飄々としている。電気グルーヴとしてもテレビタレントとしても、あるいは俳優としても常に人を食...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第89回

バカとハサミは使いよう?『キスマイGAME』流「ドローン」の使い方

首相官邸にドローンが墜落したことが、大きな問題になっている。ドローンとは主に空撮用に使われる無人飛行型ロボット。災害現場や人が立ち入れない場所でも空撮が可能であることから、特にメ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第88回

山口智子の演技は、なぜ“古い”のか?『心がポキッとね』の壮大な実験

「すっごくたのしみにぃ、しててくれる人いるみたいでぇ、2,469人~、昨日一人増えちゃったぁ!」と、意気揚々とSNS用の料理写真を撮る、山口智子演じる空間コーディネーター・静。 ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第87回

どこまでエンタテインメントにするか? 『中居正広のISORO』が映す、アイドルの「本当のところ」

「僕、お風呂を一緒に入れるのってヒロくんしかいないです、世の中に」 稲垣吾郎は堂々とそう告白した。同じベッドで寝たこともあるという。「ヒロくん」とは、いったい何者なのだろうか? ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第86回

本田望結の活躍に見る、『逃走中』が子どもたちを夢中にさせるワケ

また『逃走中』(フジテレビ系)が原因で“炎上”したという。 炎上したのは、3月15日放送の回で「自首」を選んだE-girlsのAmiだ。『逃走中』は、テーマパークやショッピングセ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第85回

なぜミッチーは“許される”のか? 『嵐にしやがれ』で語った、及川光博「イイ男」の原点

ミッチーこと及川光博が、いつになく精力的だ。歌手デビュー20周年を記念して、約5年ぶりにシングルCD「ダンディ・ダンディ/SAVE THE FUTURE!!」(ビクターエンタテイ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第84回

森三中・黒沢大号泣! 『みなさんのおかげでした』が見せた、石橋貴明の意外な一面

「いつ終わりが来るんですかね、恋愛って」と真顔で石橋貴明に問いかけるミラクルひかるに、森三中・黒沢が激高する。「安っい質問してんじゃねえよ!」 さらに黒沢は続ける。「こんな機会な...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第83回

ゾクゾクするほど美しい……業の深さが浮き上がる『ゴーストライター』中谷美紀の2つの「顔」

「私たちは共犯者ね」と、カリスマ作家・遠野リサ(中谷美紀)はゴーストライターの川原由樹(水川あさみ)にささやく。「望んでやっているわけではありません」 この時はまだ「遠野リサの代...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第82回

南キャン山里パニック! フジ『ミレニアムズ』の“卑屈疲れ”と“ナナメ”の夜明け

「これをやっちゃったらこの番組、コンセプト大丈夫?」 南海キャンディーズ山里亮太は、慌てふためいて叫んだ。 『ミレニアムズ』(フジテレビ系)の人気コーナー「カスママ」に訪れた、ゲ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第81回

幻想のいびつさを問いただす、野島伸司流『お兄ちゃん、ガチャ』という寓話

「ガチャ、ガチャ、お兄ちゃん ガチャ、ガチャ、お兄ちゃん♪」 ジャニーズJr.たちがキメキメで歌って踊っている。「よりどりみどりで迷っちゃう お兄ちゃん、ガチャ~♪」 頭がおかし...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第80回

これは真実なのか、虚構なのか?『山田孝之の東京都北区赤羽』であぶり出される「己」

いったい僕は、何を見ているんだろう? 『山田孝之の東京都北区赤羽』(テレビ東京系)を見ていると、そんな疑問がどうしても湧いてくる。原作には清野とおるの漫画作品『東京都北区赤羽』『...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第79回

「怖いもの見たさ」を刺激する、TBS『クレイジージャーニー』の“煽りすぎない”衝撃映像

東洋一のスラム街と呼ばれるフィリピンのトンド地区に潜入し、そこを歩いていると銃声のようなものが何度も鳴り響いた。「おちょくられてるか、威嚇されてるんじゃないですか?」 怯える番組...
続きを読む
「テレビ裏ガイド」番外編

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2014年のテレビ事件簿【ドラマ編】

2013年のドラマ界は、NHK朝ドラ『あまちゃん』や『半沢直樹』(TBS系)が高視聴率を獲得、社会現象を巻き起こした。それに比べると、今年のドラマ界は正直、話題性に乏しかった感が...
続きを読む
「テレビ裏ガイド」番外編

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2014年のテレビ事件簿【バラエティ編】

「ダメよ~、ダメ、ダメ」 日本エレキテル連合のこのフレーズが、新語・流行語大賞に輝いた2014年。流行語にはノミネートされなかったが、どぶろっくも「もしかしてだけど」の歌ネタで小...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第78回

健常者お断り――Eテレ障害者ドラマ『悪夢』が描く、“普通”の生活

そのラウンジ・バーでは、みんなが音楽に合わせて楽しそうに踊っている。ある者は義足で、ある者は脳性まひで動きにくい体躯を揺らし、ある者は通常の半分しかない腕を振り回し、ある者は全身...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第77回

「純度100%のバラエティ、いま日本に何本あります?」『オモクリ監督』がクリエイトするもの

その番組とは、10月から日曜日夜9時枠でスタートした『オモクリ監督』(フジテレビ系)だ。もともとは、『OV監督』として深夜に放送されていたもので、千原ジュニア、劇団ひとり、バカリ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第76回

大人も楽しい、“子ども向け”音楽番組『どぅんつくぱ~音楽の時間~』の正義

『どぅんつくぱ~音楽の時間~』(フジテレビ系)では、音楽の妖精たちが住む世界のお姫様・アイナちゃん(西澤愛菜)が毎回ゲストに訊く質問がある。「わるいおとなのみきわめかたをおしえて...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第75回

これが“テレ東流”ジャニタレの使い方『トーキョーライブ22時』が起こした化学反応

「テレビ東京は、スターの扱い方がわかりません」 そう堂々と宣言して始まったのが、第一線で活躍するジャニーズアイドルをMCに配した『トーキョーライブ22時』(テレビ東京系)だ。 も...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第74回

名作『転校生』へのオマージュに終わらない! “入れ替わり”ドラマ『さよなら私』のファンタジーとリアリティ

「関わりたくない」尾美としのりは、それまで「面白いなぁ」と読んでいた『さよなら私』の台本を途中でパタッと閉じて、そう思ったという。 NHKドラマ10『さよなら私』は、人気脚本家・...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第73回

未来のことを考えてるほどヒマじゃない! 『甲殻不動戦記 ロボサン』でエビ中は何と戦うのか

「暇で暇で死にそうなんだよ!」 8人の少女たちは、急に自分たちの“たまり場”に入ってきて「一刻も早く、ここから出ていけ!」と怒鳴る男に対してそう言い返し、「急に横取りとか、ずるく...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

てれびのスキマ記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟がRIZINメインへ

今年2月2日をもって40周年を迎え、41年目に突入した『徹子の部屋』(テレビ朝日系)では...
写真