> てれびのスキマ

てれびのスキマの記事一覧 (50件)

テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第72回

「どうなっちゃってるのよ、今のテレビ!」『ヨルタモリ』でタモリが“なりすまし”ているもの

「この星のテレビは、タモリがいないと寂しい」 これはサントリーBOSSのCMのコピーだが、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)終了後の、視聴者の「タモロス」と呼ばれる気分を言い当...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第71回

視聴率なんて信用できないと言ったじゃないか! クドカンの真骨頂 『ごめんね青春!』

関ジャニ∞・錦戸亮演じる教師・原平助は生徒たちに向かって「簡単なクイズ」と称して、そう女子に言われたとき、実際に付き合える確率は何%か、と問いかけた。平助は「とんこー」と呼ばれる...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第70回

オリラジ中田が熱弁「なりたくてなる天狗はいない」 『しくじり先生』の、成功するための教科書

「しくじらないで生きていける人間なんているのか!」 オリエンタルラジオの中田敦彦は、“生徒”たちを前にものすごい熱量で語った。10月2日からレギュラー放送が始まった『しくじり先生...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第69回

「売れているものに乗らないスタンスに……」『新・週刊フジテレビ批評』に見る、フジテレビの自己改革

ほんの少し前まで、「テレビ」といえば、“フジテレビ的”なものをイメージしていた。見たことのないものを見せ、新しい価値観を生み出してきた冒険と挑戦に、幾度もワクワクさせられてきた。...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第68回

松木安太郎の“応援解説”が冴えわたる!『不躾ですが、ドキドキな発表の瞬間立ち会わせて下さい。』

「韓流スターと葉月里緒奈ってところかな」「もうちょっとナチュラルメイクのほうがいいんじゃない? 皮膚呼吸できなそうだなぁ」「二人は愛し合ってるねえ」 A級プロダンサーを目指す男女...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第67回

江頭2:50を最も輝かせる『「ぷっ」すま』というホーム

「この中で死にます! そういう画が見たいんでしょ?」 7月26日に放送された『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』(フジテレビ系)に“乱入”した江頭2:50は、目の前...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第66回

庵野秀明、山賀博之ら有名クリエイターの裏話だけじゃない! ド直球青春ドラマ『アオイホノオ』

「あだち充、俺だけは認めてやる!」「あだち充、あいつ野球マンガの描き方を全然分かってないんだぁ。ダメだよー。いや、俺は好きだけどさー。俺はあだち充が好きだから、ひいき目で見てやっ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第65回

“本当は怖い”博多大吉の愛のムチ 『333トリオさん』の芸人ドリル

「ホント、30分時間くれれば2人くらい辞めさせる自信がある」 テレビでは見せない、劇場だけの「黒い大吉」があると断った上で、大吉は『333トリオさん』(テレビ朝日系)でそう不敵に...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第64回

深夜のバカ遊びの復活! 出会って10秒で視聴者を味方につける『ネリさまぁ~ず』の何もなさ

さまぁ~ずの深夜番組といえば、『神さまぁ~ず』→『さまぁ~ず式』→『ホリさまぁ~ず』→『マルさまぁ~ず』→『さまぁ~ずのヤリタ☆ガ~リ~』と、2007~11年まで4年にわたって放...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第63回

「楽しいぞ!」元ももクロ・早見あかりが『アゲイン!!』する道

「笑止!」 『アゲイン!!』(TBS系)のヒロイン・宇佐美良子を演じる早見あかりは、学ラン姿でそう凛々しく言い放った。 ドラマ『アゲイン!!』の原作は、『モテキ』の久保ミツロウが...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第62回

ホームレス、地元を愛するヤンキー、Tバック男……『ドキュメント72時間』が切り取る人生の一瞬

かなり際どいTバックの水着を履いた男がNHKの画面いっぱいに映し出された。ナレーションのピエール瀧も「ちょっと、ちょっと……!」とツッコむほど、お尻と違和感丸出し。 男は、40歳...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第61回

本当のヒロインは及川光博? キスマイ玉森主演『信長のシェフ』のケレン味

「おもしろ時代劇です!」 及川光博は、『信長のシェフ』(テレビ朝日系)をそう形容している。『信長のシェフ』は、平成のフレンチシェフ・ケン(Kis-My-Ft2玉森裕太)が戦国時代...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第60回

“何やってんだ世代”の意地 南キャン山里×オードリー若林『もっとたりないふたり』の挑戦

「俺のこと凡人だと思うなよ! 秀才の意地、見せてやるよ!」 南海キャンディーズの山里亮太は『もっとたりないふたり』(日本テレビ系)の打ち上げでそう宣言した。『もっとたりないふたり...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第59回

大事なのはルールではなく体? AV業界ドラマ『モザイクジャパン』が映す、モザイクの向こう側

「刑法第175条では、性行為を撮影したものを販売することは禁止されている。ところが、レンタル屋に行けばアダルトビデオがある。なぜか。分かるか?」 九井(高橋一生)は、無造作に一味...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第58回

「完全にやりにいった」TBS『水曜日のダウンタウン』の悪意と愛

「完全にやりにいってしまった」 『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、「ストッキング被って水に落ちるやつ、誰がやっても面白い」説を検証するために、ストッキングを頭に被ったままプ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第57回

「強すぎるとヒーローは怪人と変わらない」『BORDER』が示す、刑事ドラマのボーダーライン

殺人事件の被害者(つまり死者)と話ができるとしたら、刑事として最強である。犯人はもちろん、殺害方法も被害者の“証言”でたちどころに分かってしまうのだから。あまりにも最強すぎて、ド...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第56回

「失敗こそが人生さ」開き直った『バイキング』の新たな船出

『笑っていいとも!』の後番組ということで何かと注目される『バイキング』(フジテレビ系)だが、視聴率では苦戦が強いられている。そんな中でも、サンドウィッチマンの「地引き網中継」をは...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第55回

『怪物くん』に続くハマリ役? 嵐・大野智が作り出す『死神くん』の距離感

「おめでとうございます。お迎えにあがりました」 テレビ朝日でこの春からドラマ化された『死神くん』の原作は、えんどコイチの同名漫画。えんどコイチといえば、アニメ化もされたギャグ漫画...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第54回

デタラメを極める『リバースエッジ大川端探偵社』深夜ドラマの本能

全編が女性のあえぎ声。そんな次回予告、AV以外であり得るだろうか? それをやってしまったのが『リバースエッジ大川端探偵社』(テレビ東京系)だ。渋い大人の物語だった第1話が終わった...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第53回

「想像力」こそ視聴者の最大の武器! タモリイズムあふれる『烈車戦隊トッキュウジャー』

『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終わり、いわゆる「タモロス」に陥る視聴者が続出している中、ほのかにタモリイズムを感じさせてくれる番組がある。それが、特撮番組『烈車戦隊トッキ...
続きを読む

「タモリ学」「有吉本」が大ヒット! 新進気鋭のテレビっ子ライター・てれびのスキマとは何者なのか

当サイトの人気連載「テレビ裏ガイド」を執筆する、てれびのスキマこと戸部田誠氏が、『タモリ学』(イースト・プレス)、『有吉弘行のツイッターのフォロワーはなぜ300万人もいるのか』(...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第52回

キング・オブ・スタジオドキュメント『笑っていいとも!』の終わり方

「見たことがないのでわからない」 タモリは「『笑っていいとも!』とは?」という問いに、そう答えた。 思えば、日本に住んでいれば誰もが一度は見たことがあるであろう国民的長寿番組『笑...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第51回

妄想が妄想を呼ぶ『久保みねヒャダこじらせナイト』というテレビごっこ

「『笑っていいとも!』が生んだ最後のスター(笑)」 久保ミツロウは時折、そんなふうに「(笑)」付きで呼ばれることがあるが、「(笑)」を取ってしまいたくなるくらい、久保は親友の能町...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第50回

「やってみよう」内村光良が『LIFE!人生に捧げるコント』に捧げた芸人の矜持

「どうしてその道に足を踏み入れたんだ? お前それで良かったのか? もっと違う選択肢があったんじゃないのか?」 ガウン姿の内村光良が、楽屋でテレビを見ながらセリフの練習をしている。...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第49回

閉塞感を打ち破る?『日本アカデミー賞授賞式』テレビ番組としてのギクシャク感

「はなはだ簡単ではございますが、うれしい言葉とさせていただきます」 2011年の「日本アカデミー賞」で「話題賞」に輝いたナインティナイン岡村隆史は、その異質な雰囲気にのまれ、そん...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第48回

大島渚『忘れられた皇軍』、自衛官いじめ自殺事件……『NNNドキュメント』が突きつける日本の闇

「日本人たちよ、私たちはこれでいいのだろうか? これでいいのだろうか?」と、あらためて問いただしたドキュメント「反骨のドキュメンタリスト 大島渚『忘れられた皇軍』という衝撃」が大...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第47回

剛力史上最強の剛力彩芽! パブリックイメージを逆手に取った『私の嫌いな探偵』

なぜ、剛力彩芽はネット上でこんなにも批判を浴び続けているのだろうか? 確かに『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)での篠川栞子役のように、原作のイメージとかけ離れた役に抜擢...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第46回

「お笑い界のルールをぶっ壊せ!」嫌われ西野に贈る『ゴッドタン』流のエール

<嫌われ界のパンドラの箱。いろいろ問題あるけれど、理由はともかくマジ嫌い。そこのけそこのけアイツが通る。絡めばお前も嫌われる。呪いの嫌われパンデミック>
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第45回

ダサくて古い、けどクセになる『天誅』のこってり味

金曜の午後8時がこってりしている。 テレビ東京では 北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎という濃厚なおじさん俳優たちが主演する『三匹のおっさん』が放送中。そしてフジテレビでは『天誅...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第44回

『明日、ママがいない』に見る、子役たちの生きる道

「あのババア、過保護すぎて頭おかしいんだよ。知ってる? 娘の名前。“月の姫”って書いて『かぐや』って言うらしいよ。DQNだよ、DQN!」 そう言って、グループホーム「コガモの家」...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第43回

コンプライアンスをオモチャにする『クイズ☆正解は一年後』の企画力

「矢口真里夫妻!」 離婚する芸能人夫婦を予想するクイズに答えたサバンナ高橋に、スタジオの共演者たちは一斉に「えーー!?」と声を上げた。「あそこ、なんか安泰っぽいけど……」と、司会...
続きを読む
「テレビ裏ガイド」番外編

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2013年のテレビ事件簿【バラエティ編】

NHKと日本テレビがテレビ放送開始60周年、フジテレビとテレビ朝日が開局55周年という節目の年ということで、テレビを振り返る企画や番組が多く放送された2013年。NHKと日本テレ...
続きを読む
「テレビ裏ガイド」番外編

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2013年のテレビ事件簿【ドラマ編】

『あまちゃん』(NHK)や『半沢直樹』(TBS系)が大きな話題を呼んだ2013年。いわば、テレビドラマの当たり年だった。『半沢直樹』は40%を超える好視聴率を記録。一方で、同じT...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第42回

がさつな善意は鋭利な凶器に変わる――ついに本性を現した『ごちそうさん』の毒

NHK朝ドラ『ごちそうさん』が、ついに本性を現し始めた。 大きな話題となった『あまちゃん』の後ということで、苦戦が予想された『ごちそうさん』だが、フタを開けてみれば、『あまちゃん...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第41回

「めっちゃ楽しい」『THE MANZAI』で見せた、“人生すごろく”レイザーラモンの17年

『THE MANZAI』(フジテレビ系)決勝の「組み合わせ挑戦会」で、レイザーラモンRGは誰もが嫌がるトップバッターを選択し、『THE MANZAI』あるあるを歌い出した。「めっ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第40回

「トゥース」は世界の共通語! 「春日の部族滞在記」に見る、オードリー春日の生きる才能

「サムライの国から来た男だから負けるわけにはいかないですよ、チャンバラで」 『ネプ&イモトの世界番付』(日本テレビ系)の「オードリー春日の部族滞在記」で春日俊彰は、エチオピアのス...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第39回

「負けず嫌いマッチ」が思い出させる、無意味でくだらない『いいとも!』の存在意義

『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が、30年以上続いた歴史に来年3月で幕を下ろす。お昼に「楽しい」笑いを持ち込み、「楽しくなければテレビじゃない」というフジテレビのスローガンを...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第38回

「らしく、ぶらず」『THE Q』が検証する、大人が「ももクロ」にハマる理由

「『らしく、ぶらず』ですよ」 笑福亭鶴瓶は「一流」について、そう語る。たとえば、アイドルならば「アイドルらしく、アイドルぶらず」だ。 11月10日、日曜お昼の『サンバリュ』枠で放...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第37回

「俺とラブしてくれませんか?」醜悪な欲望が絡み合う『天国の恋』の情念

中年女性店員が揉み合いの末、ジャニーズJr.高田翔が演じる万引き青年の股間をわしづかみにする――。そんなシーンから始まったのが、昼ドラ『天国の恋』(フジテレビ系)だ。
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第36回

この国では、世間さまに嫌われたら有罪――『リーガルハイ』の宣戦布告

「やられてなくてもやり返す! だれかれ構わず八つ当たりだッ!」 いきなり『半沢直樹』(TBS系)のラストショットと同じ表情で始まった『リーガルハイ』(フジテレビ系)の第2シリーズ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第35回

オードリー若林まさかの号泣!『日曜×芸人』で何が起きたのか?

オードリー若林正恭が号泣した。それも、周囲の共演者が「なんなの、これ?」と戸惑うような、唇を震わせながらのマジ泣きだった。若林といえば、感情を表に出すことが少ない、ひねくれた性格...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第34回

『オールスター感謝祭』暴走の裏に垣間見える、たけしの“品性”

「ガダルカナル・タカさんの父親の職業は?」という問題に、会場は騒然となった。「ヤバい、ヤバい!」というガヤが飛び交う。 回答の選択肢には「銀行員」「公務員」「農業」、そしてひとき...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第33回

これが日本のアイドル!『SMAP×SMAP』の挑戦

「風邪をこじらせて歌うことができなかったんですが……。僕、25年間風邪が治らないんですけど、なんとかなりませんかね?」 7月31日に放送された『FNSうたの夏まつり2013』(フ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第32回

宮藤官九郎の売名行為!?『あまちゃん』は震災をどう描いたのか

『あまちゃん』(NHK総合)は、2008年から始まる東北を舞台にした長編ドラマである。だから、2011年に起きた東日本大震災を描くことになるのは、放送開始当初から話題になっていた...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第31回

テレビの危機を脱出する『リアル脱出ゲームTV』という解答

「テレビの醍醐味はライブ性。リアルタイムで見なければ、面白さが損なわれてしまう」 よく語られるテレビの特性のひとつである。これは半分正しいが、半分は間違っていると思う。しかし、『...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第30回

最高にサイテーな『徳井義実のチャックおろさせて~や』というエロの境地

「テレビに活気が戻ってきたね!」 業界をざわつかせ、各方面からお叱りを受け、早くも伝説になったと思われた番組『徳井義実のチャックおろさせて~や』が、反省もそこそこに帰ってきた。
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第29回

「んんん……」誰もが唸らずにいられない『DOCTORS 2』高嶋政伸の過剰な怪演

「ん、んん、んんん……んん」 今日も、奇妙で気色の悪い唸り声が聞こえる。声の主はもちろん、高嶋政伸演じる森山先生だ。
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第28回

鈴木敏夫の引き出す力 『仕事ハッケン伝』で見せたジブリの真髄

「頑張る必要ない。才能出してくれれば」これはスタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫が、オリエンタルラジオ中田敦彦に初対面で言い放った言葉だ。「あなた、才能あるんでしょ?」という...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第27回

「探せば結構、希望はあるよ」『放課後グルーヴ』で青春が踊り出す

「人生なんて、悪いほうが多くできてるんだよ。人生、J-POPみたいに甘くないよ」 男(菅原大吉)は盗んだタクシーを走らせながらそう言った。タクシーには、ひょんなことから“学年ワー...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第26回

「どうした!?片岡鶴太郎」『芸人報道』で見せた、“鶴ちゃん”の芸人魂

『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、文化人的活動を広げていた品川庄司の品川をターゲットにした企画「どうした!? 品川」が放送されたのは記憶に新しいが、「どうした!?」というフレ...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

てれびのスキマ記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

「この星のテレビは、タモリがいないと寂しい」 これはサントリーBOSSのCMのコピーだが...
写真