日刊サイゾー トップ > フジテレビ

フジテレビの記事一覧 (1678件)

GACKT本格復帰で『翔んで埼玉』も撮影再開、フジの“独断専行”を他局も歓迎?
 10月1日にフジテレビ系で地上波放送された映画『翔んで埼玉』が話題だ。昨年9月から病気療養を理由に芸能活動を休止していたGACKTが番組の冒頭でVTR出演し、完全復活を突如...
フジ女性アナゆるふわカレンダーにツッコミ続出、“伝統芸能”はいつまで通用する?
 今年4月にスタートしたばかりだった昼の情報番組『ポップUP!』が早々に打ち切りとなってしまったフジテレビ。代わりに来年1月にスタートする新番組『ぽかぽか』を発表したが、後番...
フジテレビお昼の新番組『ぽかぽか』は『アウト×デラックス』並みの“尖り度”になる!?
 フジテレビ系お昼の帯番組『ポップUP!』が、年内で終了することが決定。後番組として、ハライチと神田愛花が生放送MCを務める『ぽかぽか』が来年1月からスタートすると発表された...
フジテレビ、『ポップUP!』終了で急きょの新番組発表も…視聴率争奪戦には加われず?
 フジテレビが今年4月にスタートさせたばかりの昼の帯番組『ポップUP!』が、早くも年内に放送終了することが決定。来年1月から新番組『ぽかぽか』をスタートさせることが9月28日...
目黒蓮の秋ドラマに懸念高まる…中島裕翔『純愛ディソナンス』が歴代ワースト4位の大惨敗
 フジテレビの木曜劇場がいよいよ危ない。  2000年代は数々のヒット作に恵まれ、2010年代前半も『最後から二番目の恋』『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』など反響を呼ぶ作...
フジ『ポップUP!』、テレ東『昼めし旅』に負けても3月まで続きそうなトホホな裏事情
 もはや打つ手なし。フジテレビにとって「実におもしろくない」状況となっているようだ。  今年4月にスタートしたフジテレビのお昼の帯番組『ポップUP!』の打ち切りが一部で報じら...
中居だけじゃない! フジテレビ『ポップUP!』年内終了確定的で上がる 後番組MC候補
 フジテレビの昼の情報番組『ポップUP!』の、年内打ち切りはほぼ確定となったようだ。  坂上忍がMCを務めた『バイキングMORE』の後番組として4月にスタートするも、現在の...
『ザ・ノンフィクション』「聞き屋」がネットで話題に…テレビの定番になりし“ニート密着”の是非
 日曜昼の硬派なドキュメンタリー番組として知られる『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。9月11日の放送では、名古屋の路上で無料の“聞き屋”をする男性に密着した「話を聞い...
松本人志も熱湯風呂へ フジテレビの“奇祭”『ラフ&ミュージック』秩序のあとの混沌
 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(9月4~10日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。 松本人志「陣内マジでおもんないねん」 陣内智則「仕事なくなる...
中居正広&フジテレビのタッグで密かに進む、ある2つの“計画”
 9月5日に行われたフジテレビの10月期番組改編会見でもその去就が注目を集めた、昼の情報番組『ポップUP!』。視聴率は1%台の低空飛行で、スタートからわずか9カ月で打ち切りに...
中島裕翔『純愛ディソナンス』、“フジGPドラマ歴代ワースト”目前の崖っぷち
 Hey! Say! JUMP・中島裕翔が主演するフジテレビ系木曜劇場『純愛ディソナンス』が厳しい状態となっている。8月25日に放送された第7話は世帯平均視聴率3.6%(ビデ...
『ポップUP!』1年も持たず打ち切りへ…金欠のフジが目指したかった某“奇跡の番組”
 今年4月にスタートしたばかりの昼の帯番組『ポップUP!』(フジテレビ系)に、早くも打ち切り説が飛び出した。坂上忍が司会の『バイキングMORE』の後続番組として、佐野瑞樹アナ...
『ザ・ノンフィクション』28歳ミサトさんの“お金じゃない幸せ”と母娘バトルにネットまた荒れる
 日曜昼間の秘かな人気番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。とにかくアクの強い人に迫る『ザ・ノン』は、今年だけでも「ニートが暮らす山奥のシェアハウスで結婚した夫婦」「...
目黒蓮に北村匠海…「聴覚障がい×ラブストーリー」連発にあの映画の影響?
 10月期のフジテレビ系木曜劇場が川口春奈主演の『silent』になることが23日に発表された。  同ドラマは、若手脚本家の登竜門として知られる「フジテレビヤングシナリオ大...
フジ月9、秋ドラは吉沢亮でまた“お仕事系”…今こそ! トレンディドラマが復活すべき理由
 夏ドラマが中盤戦に入っているが、そろそろ気になってくるのが10月期スタートの新ドラマ情報だ。フジテレビ系月曜9時枠では、吉沢亮主演の『PICU小児集中治療室(仮)』がスター...
フジテレビが社運賭ける“20億円ドラマ”、あの不倫元アナの華麗な転身
 視聴率争いで厳しい戦いが続くフジテレビが、海外向け配信ドラマの制作に進出するという。構想5年、制作費およそ20億円というビッグプロジェクトが、まもなく日の目を見る。 「フジ...
フジテレビ『ポップUP!』全然上がらない視聴率に系列局からもクレーム殺到
 今年4月から俳優の坂上忍司会の情報番組『バイキングMORE』に代わり、新番組としてスタートしたフジテレビ系『ポップUP!』。番組開始から4カ月が経過したがいまだに上向く様...
土曜夕方『もしもツアーズ』20周年で幕引き 「コロナに負けた」けど次もロケ番組の怪
 フジテレビの土曜夕の長寿番組『もしもツアーズ』が、今秋終了することが発表された。 『もしツア』は2002年にスタート。“週末のお得な楽しみ方をお届けする”というコンセプト...
内村光良『あしたの内村!!』 に異常事態も…秋の打ち切りがあり得ない理由
『NHK紅白歌合戦』の総合司会まで務めた国民的スターが泣いている? “ウッチャン”こと内村光良が司会を務める『あしたの内村!!』(フジテレビ系)が放送休止を連発。4月にスター...
『あえいうえおあお』超変則的な“女性アナウンサー利活用番組”がフジを救う?
 ナインティナインの矢部浩之とフットボールアワーの後藤輝基といえば、いずれも当代きっての番組進行の名手。そんな2人がタッグを組んだ深夜番組『あえいうえおあお』(フジテレビ系)...
フジテレビ、異例の元アナ“岩手出向でアナ復帰”の背景にある事情と、懸案のパワハラ問題
 元フジテレビアナウンサーの福永一茂が、7月1日付で系列局の岩手めんこいテレビにアナウンサーとして出向したことが明らかになった。在京テレビ局の元アナとしては極めて異例の人事...
『全日本アレオレ! 発表会』フジテレビ苦境の中で生み出した企画の旨さ
 今テレビ業界はたくさんの困難と戦っている。それは予算の減少、コンプライアンス問題、そしてサブスクなどによる視聴者のテレビ離れなど。  テレビ自体の人気を回復させるためには目...
『ポップUP』スタートからまもなく1クール、大苦戦も…見えてきた“本当の狙い”
 今春に終了した『バイキングMORE』の後番組として始まった、フジテレビ系の昼の帯番組『ポップUP』が苦戦続きだ。  坂上忍が名物司会を務めた前番組『バイキング』から一転、『...
松下洸平はいい迷惑? 『やんごとなき一族』の“最愛コラボ”に批判が殺到したワケ
 ファンにとっては“不本意なコラボ”だったようだ。  現在放送中のフジテレビ系木曜劇場『やんごとなき一族』が盛り上がりを見せている。土屋太鳳主演のこのドラマは、下町育ちのヒロ...
『ポップUP!』は“呪われた番組”?
フジテレビ「パワハラ自殺未遂」騒動、これから起こる下請け制作会社の“逆襲”
 フジテレビのスキャンダルが続きまくっている。6月8日、編成制作局所属の社員が大麻取締法違反の疑いで逮捕されるトラブルが起きた。 「大麻で逮捕されフジ社員は、長くバラエティ番...
加藤綾子は降板、世紀のビックマッチもお蔵入り…フジテレビの金欠っぷりが心配
 ここのところ、フジテレビが騒がしい。かつて名物バラエティ番組を作り続けてきた港浩一氏が新社長に就任することが発表されたかと思えば、6月19日に予定していた格闘技イベント「T...
フジテレビ『ポップUP!』パワハラ報道でいや増す早期終了の現実味
 フジテレビの昼の情報番組『ポップUP!』のチーフプロデューサーによるパワハラ疑惑が、6月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた。記事によると、フジテレビの社員である...
千鳥、フジ新番組がテレ東に次ぐ低視聴率! それでも高需要続くワケ
 “Z世代”(1995年以降生まれの若年層)の女性を中心にトレンド調査を行うZ総研が、「Z総研2022年上半期トレンドランキング」を発表。「流行ったお笑い芸人」の首位に、お笑...
岡田将生、フジ鈴木唯アナの熱愛写真うまく撮れすぎ問題 それでも“ヤラセ”じゃない理由
 写真週刊誌「FLASH」2022年6月14日号(光文社)で、岡田将生とフジテレビの鈴木唯アナウンサーが再び2ショットを撮られた! 記事では、2人が小田急線の車両の中で見つめ...
天心v武尊ビッグマッチ見送りで広がる臆測―まさかの”フジテレビマッチポンプ説”も
 6月19日に開催される格闘技イベント「THE MATCH 2022」について、各方面でザワつきが止まらない。  ことの発端は、このイベントの目玉であるキックボクシングRIS...
ページ上部へ戻る

配給映画

フジテレビ記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真