日刊サイゾー トップ > フジテレビ

フジテレビの記事一覧 (1655件)

松下洸平はいい迷惑? 『やんごとなき一族』の“最愛コラボ”に批判が殺到したワケ
 ファンにとっては“不本意なコラボ”だったようだ。  現在放送中のフジテレビ系木曜劇場『やんごとなき一族』が盛り上がりを見せている。土屋太鳳主演のこのドラマは、下町育ちのヒロ...
『ポップUP!』は“呪われた番組”?
フジテレビ「パワハラ自殺未遂」騒動、これから起こる下請け制作会社の“逆襲”
 フジテレビのスキャンダルが続きまくっている。6月8日、編成制作局所属の社員が大麻取締法違反の疑いで逮捕されるトラブルが起きた。 「大麻で逮捕されフジ社員は、長くバラエティ番...
加藤綾子は降板、世紀のビックマッチもお蔵入り…フジテレビの金欠っぷりが心配
 ここのところ、フジテレビが騒がしい。かつて名物バラエティ番組を作り続けてきた港浩一氏が新社長に就任することが発表されたかと思えば、6月19日に予定していた格闘技イベント「T...
フジテレビ『ポップUP!』パワハラ報道でいや増す早期終了の現実味
 フジテレビの昼の情報番組『ポップUP!』のチーフプロデューサーによるパワハラ疑惑が、6月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた。記事によると、フジテレビの社員である...
千鳥、フジ新番組がテレ東に次ぐ低視聴率! それでも高需要続くワケ
 “Z世代”(1995年以降生まれの若年層)の女性を中心にトレンド調査を行うZ総研が、「Z総研2022年上半期トレンドランキング」を発表。「流行ったお笑い芸人」の首位に、お笑...
岡田将生、フジ鈴木唯アナの熱愛写真うまく撮れすぎ問題 それでも“ヤラセ”じゃない理由
 写真週刊誌「FLASH」2022年6月14日号(光文社)で、岡田将生とフジテレビの鈴木唯アナウンサーが再び2ショットを撮られた! 記事では、2人が小田急線の車両の中で見つめ...
天心v武尊ビッグマッチ見送りで広がる臆測―まさかの”フジテレビマッチポンプ説”も
 6月19日に開催される格闘技イベント「THE MATCH 2022」について、各方面でザワつきが止まらない。  ことの発端は、このイベントの目玉であるキックボクシングRIS...
フジ・港新社長就任でSMAP復活? カギとなるのは工藤静香と「編成担当」
 フジテレビが先日、6月28日予定の株主総会と取締役会にて共同テレビジョンの港浩一社長が社長に就任する予定であることを発表した。  港氏といえば、おニャン子クラブを生んだ『夕...
キムタクドラマ失速とテレ朝、香取ドラマ経歴抹消か…週末芸能ニュース雑話
記者I 今年も、もう6月。春ドラマも終盤戦を迎えつつありますが、最終回をめぐり、ある意味”場外乱闘”が起こってしまったのがテレビ朝日の木村拓哉主演ドラマ『未来への10カウント...
フジ那須川天心VS武尊のポッカリ空いた番組枠…救世主はTBSかトム・クルーズか
 格闘技ファンが待ちわびていたビッグマッチ「THE MATCH 2022」のテレビ中継が白紙に返り、関係者から怒りと落胆の声が上がっている。その経緯や是非はともあれ、こう...
「天心×武尊」戦を見限ったフジの本音、実行委員の怒りと未練…緊急会見から透けてきたもの【会見全文】
 歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として。あまりにも有名なカール・マルクスの警句である。  5月31日の昼下がり、この言葉を想起させるに十分な事態が発生した。...
劇場版『ラジハ』まったく話題にならず…『バスカヴィル家の犬』『ナンバMG5』に高まる不安
 誰もが予想していた事態だったと思うが……。  昨年末から今年頭にかけて公開されて大ヒットしたTVドラマの劇場版がこの5月~6月にかけて相次いでソフト化されている。長澤まさみ...
広瀬アリス『恋マジ』5.6%、“ヤる”話から“毒親ホラー”に変貌
 広瀬アリス主演の恋愛ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系/以下、『恋マジ』)の第7話が5月30日に放送され、世帯平均視聴率5.6%(ビデオリサーチ調べ...
フジテレビ、港浩一社長就任で揺れる地方系列局
 フジテレビが新社長の人事で湧いている。共同テレビジョン社長を務める港浩一氏が、フジの新たな社長に内定したからだ。6月28日の株主総会と取締役会で正式決定し、同日に就任する予...
『めざましテレビ』大御所アナが2人も定年、フジが支払う男性アナ“冷遇”の代償
 フジテレビの朝の情報番組『めざましテレビ』のメインキャスターが、今秋に交代する可能性があると『週刊女性』2022年6月7日号が報じている。  記事によると、メインキャスター...
『めざまし8』またやらかす…4630万円誤給付男の「ガセ」垂れ流しにフジ新社長も激怒か
 フジテレビの情報番組『めざまし8』が5月19日の放送で、山口県阿武町の「4630万円誤給付事件」に関する報道を謝罪する場面があった。  同番組は前日の18日、この事件で逮...
フジテレビ「港新社長」でとんねるずも4年ぶり地上波返り咲きか
 フジテレビが今月18日、共同テレビジョンの港浩一社長が社長に就任するなどの役員人事を発表した。6月28日に開かれる株主総会後の取締役会にて正式に決まる予定だという。  港氏...
来年の草彅剛主演ドラマに暗雲? フジが広瀬すずの経歴から香取慎吾主演ドラマ“抹消”
 業界の“因習”が変わる時?  5月18日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に広瀬すずがゲスト出演したが、ある場面がネット上をざわつかせた。 「番組では広瀬がフジテレ...
フジテレビ『あしたの内村!!』が大苦戦、“大物MC”にすがっても…
 4月にスタートした内村光良のゴールデン帯の新バラエティー番組『あしたの内村!!』(毎週月曜20時~、フジテレビ系)の評判が芳しくない。初回放送から視聴率が5%台と、前途多難...
窮地のフジテレビ、港浩一社長就任で“とんねるず”が「ますます戻れなくなった」と言われるワケ
 フジテレビは5月18日、社長にフジ・メディア・ホールディングスの子会社である共同テレビジョンの港浩一社長が就任する人事が内定したと発表。6月28日に予定されている株主総会と...
『やんごとなき一族』はネットと相性抜群! フジ「昼ドラ系ドロドロ路線」加速か
 土屋太鳳が主演するフジテレビ系木曜劇場『やんごとなき一族』がSNSを中心にネット上で人気を集めている。視聴率面では苦戦が伝えられる一方で、「昼ドラみたいなドロドロがたまらな...
フジテレビの上島竜兵さん「自宅中継」騒動にローカル局も激怒、不満爆発「系列局をないがしろにしている」
 5月11日に亡くなったダチョウ倶楽部・上島竜兵さんの報道についてフジテレビが批判を受けているが、フジ系列のローカル局は、この騒動の“尻拭い”に追われているようだ。  フジは...
「ゴリエ」に続いて「慎吾ママ」も!? フジテレビ、全盛期コンテンツの“復活”に活路見出すか
 SMAP解散後、新しい地図のメンバーとして活躍する香取慎吾。一時は“ジャニーズを辞めてテレビを干された”とも言われていたが、ここ最近ではTVCMはもちろん、NHKをメインに...
『ここにタイトルを入力』の業界評高し 瀕死のフジテレビ救うメシアか?
 ここ数年、視聴率がふるわないフジテレビで、深夜に久々の“アタリ番組”が誕生したと話題だ。それは、4月から月曜深夜に6週連続で放送されている『ここにタイトルを入力』。番組名か...
『ポップUP!』、つまらない――視聴者とフジテレビを襲う“坂上忍ロス”と復帰待望論
 約8年間、司会を担当していた『バイキングMORE』(フジテレビ系)が4月に放送を終了した坂上忍。帯番組のレギュラーがなくなり、自由な時間ができた現在、かねてから取り組んでい...
『ポップUP!』が“15分ドラマ投入”ではやくもテコ入れするに至った切実事情
 坂上忍がMCを務めたフジテレビ系『バイキング』の後番組として、この4月に始まった『ポップUP!』。放送開始から約1カ月がたち、マイナーチェンジが図られているようだ。  主に...
アンガールズ田中MCのフジ新番組があの伝説バラエティーを丸パクリ! テレビマンも困惑
   初のゴールデンMCがあの番組にそっくりなことを、アンガールズ田中卓志はどう思ったのだろうか?    24日にスタートした『呼び出し先生タナカ』(フジテレビ系)は、田中...
最速打ち切りまっしぐら!?フジ『ポップUP!』の悲惨状況を他局も喜べないワケ
 この4月から始まったフジテレビのお昼の帯番組『ポップUP!』。視聴率が1%前後という悲惨な滑り出しとなり、局の内外からも「これなら『バイキングMORE』を続けていたほうが...
『ポップUP!』不発のフジテレビ、“ステマじゃない”若手を筆頭にスター女性アナ計画を再始動!?
 長年に渡る視聴率の低下が止まらないフジテレビ。坂上忍の『バイキングMORE』を打ち切ってスタートした肝いり番組『ポップUP!』も、初回の世帯視聴率は3.2%(ビデオリサーチ...
女子アナのフリー転身続き…いよいよ「局アナ不要論」に現実味!? フジが先鞭をつけるか
 加藤綾子アナウンサーや田中みな実アナ、鷲見玲奈アナなど、局アナからフリーに転身した女性アナウンサーの活躍が目立つ昨今。今年3月いっぱいで久代萌美アナが、4月いっぱいで久慈暁...
ページ上部へ戻る

配給映画

フジテレビ記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真