日刊サイゾー トップ > 大河ドラマ

大河ドラマの記事一覧 (135件)

人妻・ガッキー争奪戦が激化!NHKが『大河』『紅白』で星野源との夫婦共演をラブコール

 実現すれば、大きな目玉となるのは確実だが……。  NHKが、星野源と新垣結衣の夫婦共演一番乗りに躍起になっているという。 「新垣は先日最終回を迎えた『ドラゴン桜』(TBS系)...

夫・徳川家茂を慕っていた皇女・和宮に訪れた悲劇──慶喜による“無視”と家茂に囁かれた“秘密の側室”の存在

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

幕末史上もっとも救いようのない結末… 渋沢栄一の人生訓ともなった、徳川慶喜の冷淡すぎる「天狗党」討伐

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

『青天を衝け』山崎育三郎演じる伊藤博文はセクシー!? 渋沢栄一に「色の道」を教えた“屈指の女好き”エピソード

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

『青天を衝け』徳川慶喜と平岡円四郎の“主従愛”に渋沢栄一は嫉妬した? 史実から読みとく男たちの熱い物語

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

木村拓哉、大河に続いて米大作ドラマ主演も逃した? “不運続き”との声も出るワケ

 真田広之が、米FX製作のドラマ『Shōgun』(原題)で主演を務めることが明らかになった。  これは、英作家ジェームズ・クラベルが1975年に発表した小説を原作に米NBCで...

『青天を衝け』堤真一演じる平岡円四郎、実はコミュ障だった? 非正規雇用10年くすぶり続けて開花した才人

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

『青天を衝け』ついに土方歳三が登場!「両足の裏に五寸釘」残虐すぎて映像化不可能な“鬼の副長”の所業

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

渋沢栄一、人生最大の黒歴史──大河ドラマが描かない「日本人女性を外国人に取られたくない!」のホンネ

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

『青天を衝け』渋沢栄一の両親が大誤算した「千代との結婚」──自由放任主義で“色男”を支える妻の美学

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

『青天を衝け』高良健吾はただの当て馬じゃない! 渋沢栄一の従兄弟・喜作の数奇な人生

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

『青天を衝け』篤姫の「お世継ぎを産んでみせる!」宣言から紐解く江戸時代の“性教育”マニュアル”

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

『青天を衝け』ついに篤姫が登場! 史実の天璋院は“グラマラスすぎて”徳川家定のタイプではなかった?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

『青天を衝け』渋沢栄一もサジを投げた江戸幕府の深刻な財政難と“徳川埋蔵金”のゆくえ

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

黒島結菜、朝ドラヒロインに決定で所属事務所のSMAとNHKの蜜月関係はより強固に

 2022年度前期のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』のヒロインに、黒島結菜が起用されることが発表された。  黒島はソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)所属の23歳。...

『青天を衝け』で描かれなかった黒船来航のウラ話! ペリーを撤退させた日本人のスゴい交渉力

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

菅総理長男の接待で反NHK官僚が一掃、『青天を衝け』が絶対に負けられない戦いに⁉

 吉沢亮が主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』第3回の平均視聴率が16.7%を記録。初回、第2回と数字は下がってきているものの依然、高い水準をキープしている。  NHK...

『青天を衝け』視聴率低下も心配なし! 地味な主人公・渋沢栄一がもたらすであろう“幕末オールスターズ”の活躍

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

『青天を衝け』がカオス大河に⁉ ディーンだけでなく綾瀬はるかも“同キャラ”で登場?

 NHK大河ドラマでは13年の綾瀬はるか主演『八重の桜』以来、8年ぶりの平均視聴率20.0%の大台スタートとなった『青天を衝け』。2月21日放送の第2話では16.9%と大きく...

『青天を衝け』ヒットの法則をおさえた傑作の誕生か? 史実と照らし合わせて読む大河ドラマ考

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...

長谷川博己、『麒麟がくる』ヒットで民放が争奪戦!「ギャラ3倍」で新たな悩みも発生?

 長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』がヒットしたことで、今度は民放による争奪戦が勃発しそうだ。  同作は新型コロナウイルスで異例の年またぎとなったものの、全話平均...

『青天を衝け』20%超えの好スタート!「大河ドラマ冬の時代」を終わらせたのは沢尻エリカか

 14日からスタートしたNHK大河ドラマ『青天を衝け』が平均世帯視聴率20.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率を記録。大河ドラマの初回放送で20%を超えたのは20...

大河ドラマ『青天を衝け』稀代の“エロジジイ”を吉沢亮はどう演じるか? 愛に生きた渋沢栄一列伝【再掲】

──歴史エッセイスト・堀江宏樹氏が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、 ドラマと史実の交差点をさぐるべく自由勝手に考察していきます!(2020年...

『麒麟がくる』まるで宇多田ヒカルの歌詞のような結末──歴史エッセイストが今期大河を大総括!

──歴史エッセイスト・堀江宏樹氏が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していくこの連載。番外編とし...

『麒麟がくる』明智光秀“生存エンド”の理由 波乱の1年をへて、NHKは今後も長谷川博己を重用か

 NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』が7日最終回を迎えた。最終回は「本能寺の変」をテーマに、謀反を起こした明智光秀が織田信長を討つシーンがハイライトに。歴史上では、「三日天下」...

『麒麟がくる』“明智生存説”をひもとく「本能寺の変」のあとに見つかったのは“3つの首”だった!

──歴史エッセイスト・堀江宏樹氏が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、 ドラマと史実の交差点をさぐるべく自由勝手に考察していきます! 前回はコチ...

織田信長の妻・帰蝶はなぜ“気の強い女性”として描かれるのか? キャラを決定づけた “壺事件”と謎めいた半生

 大河ドラマ『麒麟がくる』の放送回数も残すところ少なくなってきましたね。  前回の放送では、明智(長谷川博己さん)への信長(染谷将太さん)の暴力が本格化する一方で(もし、斎藤...

松本潤、大河ドラマ主演にはウラがある? NHKはジャニーズと蜜月継続で、嵐再始動の利権を狙うのか

 2023年放送のNHK大河ドラマ『どうする家康』に嵐の松本潤が主演することが発表された。松本にとって大河ドラマ出演はこれが初となる、  2020年をもって活動休止となった嵐...

織田信長は“パワハラ上司”じゃなかった! 戦国時代のアルハラと“明智光秀いじめられっ子説”の出どころ

大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)が、ますます盛り上がりを見せている。ドラマをより深く楽しむため、歴史エッセイストの堀江宏樹氏が劇中では描ききれない歴史の裏側を紐解く──。前回は...

松本潤、大河ドラマ主演で「視聴率は約束さている」CM出演料が爆上がりで“キムタク超え”も

 嵐の松本潤が2023年の大河ドラマ『どうする家康』で主演を務めると発表された。人気脚本家・古沢良太が手がけることも話題だが、なにより歴史上の人物の中でも格別の人気がある徳川...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

大河ドラマ記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真