facebook
twitter
人気連載
矢印

ITライター柳谷智宣の「賢いネットの歩き方」

LINEなりすましの被害続出! SNS乗っ取りの対抗策
写真

オススメ情報
矢印

編集部の「ここだけの話」

ジャニーズJr.の避妊事情、とんねるず番組に“電マ”……下半身奔放な芸能界
写真

イチオシ企画
矢印

再婚秒読み!? 誰も止められない中山美穂の暴走

離婚が成立し、息子にも愛想を尽かされたミポリンはどこへ?
写真

インフォメーション
矢印

石原さとみが“M女宣言”

石原さとみが“M女宣言”男子も女子も虜にする“エロ”の秘密とは



 >   > 写真家・会田我路が語る、“尾崎ナナ”ヘアヌード騒動の“真実”

[ 関連タグ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check


20071219_ozakinana.jpg
「FLASH」(NO.985、12月11日号

 先月末、深夜バラエティ『給与明細』(テレビ東京系)でレポーターを務めるグラビアアイドルの尾崎ナナが、旧芸名の「相本あきこ」名義で活動していた頃のヌードグラビアが、週刊誌「FLASH」(NO.985、12月11日号)に袋とじで掲載された。これを受けて、彼女の所属事務所であった有限会社アーティストボックスは、07年11月28日付で彼女を除名処分とした。


被害者ぶりは大ウソ!?

 この騒動について、尾崎ナナ自身は、自らのブログ「尾崎ナナのナナ色日記」で、「あの写真は3年程前のもので、私には初めてのグラビアのお仕事でした。撮影が始まり、修正するからなど言葉巧みに言われ、グラビアの右も左もわからない私はあのような写真や映像を撮られてしまいました。私自身、自分のあのような写真、映像は初めて見る物でショックは大きかったです」と綴り、ファンへの釈明を行った。

 とすれば、なぜ、今になって過去のヌードグラビアが雑誌に掲載されてしまったのか?

 彼女のヌードグラビアを撮影したとされる、写真家の会田我路氏を直撃した。すると、驚くべき事実が。
「もともと私は、当時の事務所から彼女を『ヘアヌードで撮ってくれ』と売り込まれました。ですが、私は当時の時流から、ヘアヌードよりも着エロのほうが売れるだろうと思いました。そこで、ヌードと着エロ用と並行して撮影したんです」(会田氏)

 つまり、彼女の記述には、大きな誤りがあることになる。

 さらに驚いたことに、件の『FLASH』が発売されるよりずっと前、今年3月に、彼女の代理人弁護士を通して、インターネット上で相本あきこ名義のデジタル写真集を販売していたサイトに、「商品を取り下げろ」という要求が届いていたのだという。加えて、「相本あきこ名義で活動していた当時の、乳首や陰毛を露出した撮影物は、本人が撮影を承諾していなかったと言っている。そういった写真も回収させていただく必要がある」といった内容の文書が会田氏の事務所に送りつけられた。それに対して会田氏は「彼女の当時の所属芸能プロダクションからも、また“相本あきこ(=尾崎ナナ)”本人からも、許諾書を得ている」ということを証明する、当時の契約書を先方の弁護士に送付した。それ以来、先方の弁護士からはなんの連絡もないそうだ。また、撮影当時に、彼女に対してのギャラはトータルで100万円以上を支払済だとも言い、「今さらトラブルを起こされる理由がわからない」と会田氏は嘆く。

 この3月に起こったトラブルが、今回の「FLASH」騒動につながっているのだろうか? という見方もできるが、3年前のヌード写真が、今年11月になって流出したことについては、「彼女の“相本あきこ”時代のファーストDVDは現在絶版なのですが、セカンド、サード作品の売れ行きが最近好調だということで、メーカー側から再販しないかと提案されたのです。『FLASH』に掲載された写真については、私は関知していません。発売前のパブということでメーカー側が載せたのではないでしょうか」(会田氏)とのことだった。


確かに存在した、契約書

 しかし、ブログ上で「ファンのみんな、大好き・」と連呼し、「これからも頑張ります」と健気な日記を綴るナナちゃんが、そのような重要な契約内容をあっさりと忘れてしまうオバカさんだとはにわかには信じられず、筆者も会田氏の事務所「スプラッシュ・プロ」を訪問し、実際に交わされた契約書を見せていただいた。そこで、「私は撮影された写真、映像等を商業目的で数次・翻案しようすることを許諾します」と記された契約書に、尾崎ナナ本人のサインを確認したのである。この契約は、7カ月間にわたる計11回の撮影ごとに交わされていた。

 会田氏は、このような契約を結ぶ理由を「身元の定かでない、無名の新人タレントを撮影することが多いので、撮影前に肖像権の買い取り契約を結ぶようにしているんです。撮影後に“やっぱり辞めます”と言って逃げてしまった場合、あらかじめそういった契約を結んでいなければ、せっかく撮影したものがパーになってしまいますから……。未成年の場合は、本人だけでなく、両親の同意書も受け取り、できる限り撮影現場には親御さんに同伴してもらうようにしています」と説明する。

 また、尾崎本人のプロフィールが記された紙の最後には、年齢認証のため「撮影にヌードが含まれるため、18歳以上であるということを保証してください」という旨の文言が含まれており、そこにも尾崎直筆のサインを確認した。当時、彼女は22歳。立派な成人である。

 本人が撮影者との間に、「ヌードが含まれること」「撮影した写真・動画の著作権が撮影者にあること」の両方を許諾する旨の契約書を交わしている以上、いまさら彼女がブログで「騙された」と泣き言を書いても、それは偽りなのではないだろうか?

 いずれにしろ、彼女はブログで「過去は過去として、今は尾崎ナナとして、前を向いて歩んでいきたい。そう勝手ながら心に強く思っています」と宣言している。これからも雑草のように力強く生きていくであろうことは間違いない。(下戸山うさこ)

【関連記事】 広末涼子、ヌード解禁で濡れ場映画進行中!?
【関連記事】 『恋から』出身アナの輝かしいチャイドル時代
【関連記事】 巨乳グラドルがオールヌード!神楽坂恵からファンへの置き土産
【関連記事】 加護母娘ペアヌード計画はどうなっている? 仕掛け人を直撃!




[ 関連記事 ]

[ オススメ記事 ]
PR


powered by newziaコネクト
[ 芸能ニュース、エンタメ情報 最新記事 ]

PR


PR





注目のキーワード

オススメ情報

サイゾーメディアの人気記事
トピックス

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。