日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 長澤まさみベッドシーン称賛の理由

長澤まさみが『エルピス』で見せた「ベッドシーン」が視聴者に賞賛されるワケ

文=東海林かな(しょうじ・かな)

長澤まさみが『エルピス』で見せた「ベッドシーン」が視聴者に賞賛されるワケの画像
ドラマ公式サイトより

 長澤まさみが主演を務めるフジテレビ系月10ドラマ『エルピス—希望、あるいは災い—』で、主人公・浅川のベッドシーンが話題となっている。こうしたシーンはとかく妖艶、セクシーなど性的な話題になりやすいが、『エルピス』では、闘う女の人間的な弱さを表現する秀逸なシーンに仕上げられていた。

斎藤にかなわない浅川、本当は負け続けてきた「勝ち組」岸本

 エースの座から転落した女子アナの浅川恵那(長澤まさみ)と、若手テレビディレクターの岸本拓郎(眞栄田郷敦)が、架空の大手テレビ局「大洋テレビ」を舞台に、10年以上前に起こった八頭尾山連続殺人事件における冤罪疑惑を追及する社会派エンターテインメントとなる本作。事件の犯人として逮捕され、死刑判決が下された松本良夫(片岡正二郎)に冤罪の可能性があると岸本から持ちかけられた浅川は、担当弁護士である木村卓(六角精児)や、当時事件を取材していたエース記者の斎藤正一(鈴木亮平)からの情報などから、やはり冤罪ではとの確信を強めていく。そして当時の担当刑事への取材、遺族の顔出しインタビューに成功した浅川は、自分が出演する深夜バラエティ『フライデーボンボン』で、「放送不適切」と却下されていたにもかかわらず、生放送ということを利用し、担当コーナーのVTRを取材VTRにすり替えるという強行突破を図ったところで第3話は終わった。

 浅川のゲリラ作戦は途中で止められるかと思いきや、チーフプロデューサーの村井(岡部たかし)の判断でVTRは最後まで流される。浅川はプロデューサーの名越(近藤公園)から叱責を受けることになるが、インタビューに応じてくれた被害者の姉・井川純夏(木竜麻生)から感謝の電話が入り、浅川と岸本は報われる思いだった。SNSの反応、視聴率ともに良好。これに局長から激励も入る。名越は以前、局長から「放送不適切」と判断されたと浅川に説明していたが、どうやら面倒ごとを避けるために局長にも相談せず、勝手に言い訳をつけて浅川を諦めさせようとしたようだった。局長の後押しを受け、名越も手のひらを返す。

 第2弾の放送も好評で、局長からは放送尺をさらに伸ばすよう言われるなど、絶好調の浅川たち。だが、そこに木村弁護士から思わぬ報せが入る。松本の再審請求が突然棄却されたのだった。再審はとにかく時間がかかり、棄却が決まるまでに10年かかる場合があるにもかかわらず、だ。自分たちの調査報道が関係しているのかと浅川は問うが、木村は肯定も否定もしない。浅川は以前に村井から言われた言葉を思い出す。「敵はどこにいるかわからない。お前らはジャングルで棒切れ振り回してるバカなガキと一緒だ」。浅川は急速に闘う意志を失い、第3弾を中止することを決める。まだ続けたい岸本は「たまたまですよ」と番組と再審請求の棄却は関係ないと主張し、「勝手に諦めないでくださいよ!」と浅川を説得しようとするが、浅川は「無理だよ。勝てっこないよ、君なんか。勝てるわけないじゃん」と言い放つ。

 岸本は「誰に?」と戸惑うが、浅川はひとりの人物のことを頭に浮かべていた。浅川は元恋人でもある斎藤に連絡をする。斎藤は、報道番組時代の浅川の先輩として事件取材にアドバイスをしていたが、その後「どうしても話したいことがあって」と慌てた様子で浅川の自宅を突然訪れ、取材について確認してきたことがあった。そのときは放送不適切だと判断されたと落ち込んでいた浅川に何も言わず、帰ってしまった。斎藤の態度が引っかかっていた浅川は、斎藤を自宅に呼び出す。「この前、私に何の話をしにきたんですか? 何か大事な、それもずいぶん慌ててしないといけない話があったみたいだったのに、私が特集の放送ができなくなったって言ったら、何も言わずに帰っていきましたよね?」と確認し、「私に放送をやめさせたかったんじゃないですか?」と問いかけと、斎藤は表情を変えずに、あっさりと「そうだよ」と認めた。

 浅川は理由を聞くが、「まぁ、知らないほうがいいかな」「傷つくよ、君」「知らないほうがいいこともあるんじゃないの?」とはぐらかす斎藤。そして浅川の顔に触れ、抱こうとする。「やめて」と浅川は拒否するが、斎藤は「じゃあさ、なんでベッド買ったの?」と浅川の目を見つめて問う。斎藤と別れたあとに断捨離をした浅川だったが、殺風景だったこの部屋には、先日斎藤に抱かれたときとは違ってベッドが増えていたのだ。斎藤の指摘に何も反論できない浅川は、ふたたび斎藤と体を重ねるのだった。浅川はまたも斎藤に「かなわない」と思い知らされる。

 諦めたくない岸本は、被害者の恋人だったと主張するタレコミ電話に舞い上がり、浅川のもとへ急ぐ。そこで斎藤と鉢合わせるが、斎藤からはガセネタだと切り捨てられてしまう。村井に相談すると、やはりガセネタだと指摘されるが、「負けちゃダメっすよね、これしきのことに」とさらに意気込む岸本。浅川が降りようとしていることを明かし、それでも続けたいという岸本は、村井から「やれよ!」といい加減に背中を押されるが、「君なんかに勝てっこない」という浅川の言葉が引っかかり、ふと村井に悩みをこぼす。裕福な環境で育ち、母親からは「人生の勝ち組」だと言われ続けていたが、「本当は何にも勝ててないんじゃないか」「自分たちは勝ち組なんだって思い込むために、必要以上に負けてきただけなんじゃないか」と語り始めた岸本を、村井はあるビルの屋上に連れていく。

 そこからは岸本が通っていた明王中学が見えた。村井は、岸本の同級生がいじめを苦に自死した事件を取材していたのだ。岸本は友人だったその同級生に何もできなかった過去をずっと封印していた。村井から「自分が何に負けてきたのか、ちゃんと向き合え」と言われた岸本は、「勝ち組」でいるためにいじめの主犯格にこびへつらい、事件をなかったことにして生きてきたことを涙ながらに告白する。

 自分の過去と向き合った岸本の変化に気づいていない浅川は、「この間、斎藤さんがうちに来てたこと、誰にも言わないで。向こうに迷惑かかるの、嫌だから」と岸本に声をかける。岸本が何のために家を訪ねたかよりも、斎藤との関係の口止めを優先する浅川に、岸本は何も言わず、暗い目を向けて去ってしまう。そんな岸本の態度に浅川は、「脳天から真っ二つに切られたような気がした」「自分の弱さを、愚かさを、情けなさを見抜かれたと思った」と打ちのめされるのだった。

楽なほうに流されてしまうリアリティの苦さ

 第4話の浅川に対する落胆は、視聴者にとっても同じだった。SNS上では「(第4話冒頭の)『逃げも隠れもしませんよ』の恵那が好きなのに、ドラマが終わるころには斎藤の女みたいになっててつら」「『迷惑がかかるから』って死ぬほどどうでもいいことを気にする女になったところ、断捨離したベッドを買ってしまって斎藤キャップのような『わかってる(風に見える)男』の庇護下で思考停止することに安定を感じてしまうところ、めちゃくちゃリアルですごい嫌」など、嫌悪に近い感情を掻き立てられたという感想が並んでいた。

 斎藤とのベッドシーンもまた、これまで徹底的に抗ってきた浅川が“楽なほうに流されてしまう”という、苦いリアリティが格別だった。「悔しいけど、やっぱり自分なんかには太刀打ちできないくらい、この世界は残酷で恐ろしいのだと思い知らされてしまうようなとき、どうしようもなく抱かれたくなるのはきっと、この人がきっとそういうことに詳しいからだ」「そしてこの人はそんな私の心理に、時に私より詳しいのだ」。

 自分の言葉でなかなか語ることのできないテレビ報道の現実を知って、心身を患うまでに疲弊した浅川は、冤罪を追うという「正義」を手にしたことで、ふたたび立ち上がった。そしてその試みが社内からも視聴者からも、そして遺族からも評価され、充実感を覚えていたところに、降って湧いた再審請求の棄却と、放送を止めようとした何者かの意志が立ちはだかり、浅川は自分の「正義」がいかにちっぽけで頼りないもので、簡単にねじ曲げられてしまうものかと打ちのめされ、緊張の糸がプツリと切れてしまったのだろう。大なり小なり多くの人が経験したことがある「楽に流されること」とそのことへの「後悔」をうまく描き、“闘う、強い女”となってきた浅川を“ただの人”へと落とした脚本の秀逸さには目を見張るものがある。

 第2話で浅川は、報道番組時代を振り返り、「自分があたかも真実のように伝えたことの中に本当の真実がどれほどあったのか」「私には今、バチが当たってるんだと思います」と報道関係者として抱いていた葛藤と罪悪感を吐露していたが、今回は岸本が自分の過去と向き合う展開となった。予告映像では髭をはやし、荒んだ様子の岸本の姿があったが、浅川は、そして岸本は再び立ち上がることができるのか。今夜放送の第5話も見逃せない。

■番組情報
月曜ドラマ『エルピス—希望、あるいは災い—
フジテレビ系毎週月曜22時~
出演:長澤まさみ、眞栄田郷敦、三浦透子、三浦貴大、近藤公園、池津祥子、梶原 善、片岡正二郎、山路和弘、岡部たかし、六角精児、筒井真理子、鈴木亮平 ほか
脚本:渡辺あや
音楽:大友良英
主題歌:Mirage Collective「Mirage」
プロデュース:佐野亜裕美、稲垣 護(クリエイティブプロデュース)
演出:大根 仁、下田彦太、二宮孝平、北野 隆
制作協力:ギークピクチュアズ、ギークサイト
制作・著作:カンテレ
公式サイト:ktv.jp/elpis

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/11/21 12:00

長澤まさみが『エルピス』で見せた「ベッドシーン」が視聴者に賞賛されるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

「平野くん、グレープカンパニーは?」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真