事件の記事一覧 (220件)

「事件」のニュース記事一覧。事件に関する最新情報や話題をまとめて掲載しています。

マリエ、ラジオに生出演も、事務所のお家芸「全部、言っちゃうね。」はなし

 モデルのマリエが10日、パーソナリティーを務めるJ-WAVE『SEASONS』に生出演した。  マリエは4日に自身のインスタグラムのライブ配信で、18歳の頃元タレントの島田...

年間36万人がいなくなっている!? アメリカの子どもの行方不明事案

 アメリカでは毎日、約2000人もの子どもたちが行方不明になるという。スーパーマーケットなどに設置されている掲示板には、行方不明になった子どもたちの情報提供を求めるビラがとこ...

日本人の人権意識は向上している? 法務省が20年の「人権侵犯事件の状況」を発表

法務省は3月19日、20年の「人権侵犯事件の状況」を発表した。新規に救済手続を開始した人権侵犯事件は9589件、処理した人権侵犯事件の数は1万2件だった。  新規の救済手続きを開...

ジャニーズマネジャーへのストーカー事件勃発! 週刊誌記者「奇妙だけどあり得る話」

3月5日に警視庁綾瀬署から発表された内容に、驚いた人は少なくないだろう。  ジャニーズの人気グループ・関ジャニ∞のメンバー横山裕の担当マネジャー男性に対するストーカー規制法違反の...

DV逮捕のマック元社長原田容疑者 ハロプロのカウコン登場「妻のバックでドラム演奏」謎ステージの過去

 日本マクドナルドホールディングスやベネッセホールディングスなどのトップを務めた原田泳幸容疑者が2月6日、妻であるシンガーソングライターの谷村有美への暴行容疑で警視庁渋谷署に...

田中角栄逮捕の裏側―明るみにされた策士キッシンジャーの権謀術数の数々

 日本中を騒がせたロッキード事件から間もなく45年となる。「今太閤」と呼ばれ、高等小学校卒ながら首相まで登り詰めた田中角栄は1976年7月27日、受託収賄と外国為替及び外国貿...
年末特別コラム【六代目山口組vs神戸山口組 2020】

山口組分裂騒動のキーマンとターニングポイント…誰がこの問題に終止符を打てるのか?

6年目に突入した山口組分裂騒動では、かつては同組織に属していた人物同士が時に対峙し、その後、手を握るような離合集散が起きてきた。そうした人の動きこそが、分裂騒動のターニングポ...

伊勢谷友介「誰かを傷つける犯罪ではない」に唖然…麻薬取締官による“ドラッグマーク”芸能人

 ピエール瀧や沢尻エリカが逮捕された2019年に続き、20年も2月に歌手の槙原敬之が、9月に俳優・伊勢谷友介が逮捕されるなど大物芸能人の違法薬物による逮捕が大きな話題となった...

六代目山口組と神戸山口組の分裂問題に年内決着はあるのか? 尼崎での銃撃事件が持つ意味

 山口組分裂問題は、昨年10月に六代目山口組の髙山清司若頭が出所して以降、同組の優勢がさらに強まり、いよいよ佳境へと突入したかと思われていた。事実、業界関係者の間では、年...

伊藤健太郎容疑者、意外な悪評に加え“おきて破り”の移籍で裁判沙汰に?

 9月20日に道路交通法違反(ひき逃げ)の罪で逮捕され、同30日に釈放された俳優の伊藤健太郎が主演を務める映画『十二単衣を着た悪魔』が当初の予定通り、11月6日に公開されるこ...

伊藤健太郎容疑者の「一生かけて償う」は、なぜ薄っぺらく聞こえるのか?

 一生覚えているとは思うが……。  自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された俳優の伊藤健太郎容疑者が10月30日、釈放された。  留置先の警...

宮根誠司、伊藤健太郎逮捕で事務所の違約金問題で、疑問だらけの見解を延々放送

 ワイドショーは30日朝からどこも一気に伊藤健太郎ひき逃げ容疑事故報道一色に染まったが、こうした同じ事案を扱うとき、その扱い方で番組のカラーが出るもので、その中で『ミヤネ屋』...

伊藤健太郎容疑者のひき逃げ逮捕事件 ケタ違いの違約金・損害賠償金を支払うことに!?

 俳優の伊藤健太郎が29日、道路交通法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で警視庁に逮捕された。  各メディアによると、伊藤容疑者は28日午後6時ごろ、...

詐欺企業「ジャパンライフ」の広告塔になった安倍前首相 自民党幹部や新聞OBも利権に絡め取られる

 マルチ商法を展開していた「ジャパンライフ」の山口隆祥元会長と同社の元幹部ら計14人が9月18日、詐欺容疑で警視庁など6都県警の合同捜査本部に逮捕された。同社は政界やマスコミ...

ドコモ口座不正引き出し事件は安倍政権のキャッシュレス政策が引き起こした負の遺産

 電子決済サービスを不正利用して他人の口座から預金を引き出すという事件が発生し、社会問題となっている。この事件、第一義的には電子決済サービスを提供する企業のセキュリティ対策の...

伊勢谷友介容疑者との破局報道も森星にとばっちり!? 憶測のもとにある人間関係

 俳優の伊勢谷友介容疑者が大麻取締法違反の疑いで8日、警視庁に逮捕された。その後、メディアの関心が集まったのは、一時期同棲状態が報じられていたモデルの森星との関係だった。  ...

伊勢谷友介、大麻取締法違反の疑いで逮捕! YouTubeで見せた異常なまでの植物愛

 俳優で映画監督の伊勢谷友介が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。報道によれば、大麻が見つかったのは自宅で、警視庁が詳しいいきさつや入手ルートなどを調べているという。 「もし大...

「少年ジャンプ」連載『アクタージュ』の原作者”強制わいせつ”で逮捕報道 とばっちりを受けたのはやっぱり“あの”マンガ家

 8日、『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載中の人気マンガ『アクタージュ』の原作を担当する松木達哉容疑者が中野区の路上で女子中学生にわいせつな行為をしたとして逮捕された。 『...

「スピード出しすぎちゃった」で2名死亡の凄惨な交通事故、報道メディアがわざわざ「ポルシェ」と書いた理由

 貧乏人のやっかみなのか、はたまた“マスゴミ”の印象操作なのか──。交通死亡事故の報道により、波紋が広がっている。  先日の日曜日、快適なドライブが楽しめることで知られる首都...

ALS患者嘱託殺人事件で問われる「安楽死」と「尊厳死」の区別は? ガイドラインや過去の判例を見比べて考察

 京都府警は7月23日、難病を抱える女性患者の依頼により薬物を投与して殺害したとして、医師2人を嘱託殺人の疑いで逮捕したと発表した。これまでにも、何度か社会問題となった終末期...

迷惑系YouTuberへずまりゅう 、まだまだ明らかになっていない濃厚接触者がいる!?

 愛知県内のスーパーで会計前に魚の切り身を食べたとして、7月11日に窃盗罪で逮捕された迷惑系YouTuber・へずまりゅう」こと原田将大容疑者が17日、新型コロナウイルスに感...

芸能人やインフルエンサーは抽選免除⁉ 千代田区長タワマン優遇購入で分かった抽選販売のウソ

 圧勝による再選を果たした小池都知事だが、彼女の“側近”ともいわれる人物に疑惑が浮上している。  東京都千代田区の石川雅己区長(79)が、区内の高級マンション購入時に、業者か...

木村花さん誹謗中傷を受けて…総務省が「中間とりまとめ」発表、被害者側の負担が大きい制度に迅速な対応

 総務省の「発信者情報開示の在り方に関する研究会」は7月10日、ネット上の誹謗・中傷など権利侵害に対して、新たな裁判手続きを検討するなどの「中間とりまとめ」を発表した。  恋...

新宿歌舞伎町「感染者続出」の裏で、反社勢力のシノギにされた“コロナ見舞金”

 ここに来て、いわゆる歌舞伎町などの“夜の街”での感染者が増えていることが報じられている新宿区だが、先月の時点で、東京都新宿区は、区内在住の新型コロナウイルス感染者を対象に、...

外房線の脱線事故は“少年のいたずら”ではすまない? 置き石をした10歳の子の親が支払う総額は

 JR外房線で5月に発生した脱線事故の原因が置き石だったことが判明。10歳の男児が置き石を繰り返していたことが分かり、驚きの声が上がっている。  脱線事故が発生したのは、千葉...

児童ポルノで捕まったNHKプロデューサー、逮捕直前のコロナ禍にとったヤバい行動が物議!

 世間は元自民党・河井夫妻逮捕のニュースで持ちきりだが、大手マスコミからも人知れず逮捕者が出ていた。  NHKの教育番組制作専門プロダクション・NHKエデュケーショナルに所属...

「二度としません、賭けてもいいです」黒川検事長に聞かせたい蛭子能収の迷言

 東京高検の黒川弘務検事長が賭け麻雀問題で辞職した。  スクープした「週刊文春」(文藝春秋)によると、黒川氏は緊急事態宣言下の5月上旬に産経新聞の番記者2名、朝日新聞の元検察...

「テンピンは合法」黒川検事長がセーフで蛭子能収がアウトだった“賭け麻雀”の境界線

 国会やメディアでは「犯罪者」扱いだが、世間からは同情論も多く聞かれる。  東京高検検事長の黒川弘務氏5月21日発売の『週刊文春』にて賭け麻雀を報じられ、辞任となった。  黒...

1億6707万円の“世界一高い薬” ゾルゲンスマ、保険適応で懸念される公的医療保険の崩壊

 “公的医療保険は大丈夫なのか”  高額の治療薬が次々と保険適用になる中、健康保険(社会保険)や国民健康保険など公的医療保険の財政に対する影響を懸念し、存続を危ぶむ声が出始め...

自称「ルパン」「AVソムリエ」「福山雅治容疑者」も…犯罪報道で珍奇な「自称○○」が続出するワケ

 シリアスなニュース番組で笑いが生まれるはずはないが、思わず吹き出してしまうようなニュース映像がネットに登場。ニュースでしばしば登場する「自称○○」という呼称の奥深さにネット...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

事件記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

芸人とテレビの“ちゃんとしたルールのある社会”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を...
写真