映画の記事一覧 (418件)

「映画」の最新ニュース。映画に関する最新情報や話題をまとめて掲載しています。

成田凌と前田敦子による異世界不倫物語『コンビニエンス・ストーリー』の魅力
 8月5日より映画『コンビニエンス・ストーリー』が公開されている。  三木聡監督・脚本作品は直近で『大怪獣のあとしまつ』が阿鼻叫喚の酷評の嵐となったことが記憶に新しい。個人的...
今週の『金曜ロードショー』を楽しむための基礎知識㉑
『モンスターズ・インク』は『トトロ』『ドラえもん』日本作品のオマージュだらけ!
 金曜ロードショー8月は毎度おなじみ、夏休みジブリ特集が来週からスタート! ……するのですが、その前夜祭ならぬ前週祭として今週はディズニー・ピクサーの人気作『モンスターズ・イ...
文化横断系進化論 VOL.3
『君の名前で僕を呼んで』古代ギリシャから繋がるひと夏の恋の目録
 夏が来ると、決まって映画『君の名前で僕を呼んで』を思い出す。まばゆい太陽光に清々しいまでの真っ青な空、肌がじんわりと焼けていくように恋に焦がれたあの北イタリアの夏を、あたか...
映画『C.R.A.Z.Y.』同性愛嫌悪の問題を描く「一生に一本の映画」を作り上げた監督が遺した優しさとは
 7月29日より映画『C.R.A.Z.Y.』が公開されている。  本作を手がけたジャン=マルク・ヴァレ監督は『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013)や『雨の日は会えない、晴れ...
今週の『金曜ロードショー』を楽しむための基礎知識⑳
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』はオマージュを焼き払い原作とかけ離れた展開に
『ジュラシック・ワールド』シリーズ最新作公開を記念して前2作を連続で放送している金曜ロードショー、今週は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を放送します。    前作の事件で...
映画『コンビニエンス・ストーリー』公開記念インタビュー
三木聡監督の新作は“違和感を楽しむファンタジー” あの『大怪獣』についても語る
 ゆる~いギャグの連打についつい気を許してしまうと、いつしか奇妙な異世界の沼にどっぷりハマってしまうことになる。上野樹里主演作『亀は意外と速く泳ぐ』(05年)、麻生久美子主演...
吉岡里帆が盲信的な女性を熱演する、凄惨な沖縄戦を描く力作『島守の塔』
 7月22日より『島守の塔』が公開されている。本作は約20万人、実に県民の4人に1人が犠牲となったという、太平洋戦争末期の沖縄戦を描いた映画だ。  本作で重要なのは、『二十四...
今週の『金曜ロードショー』を楽しむための基礎知識⑲
『ジュラシック・ワールド』に1作目へのオマージュ盛り込まれまくった理由
 7月29日に満を持して日本公開となる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の公開直前を記念して今週と来週、2週に渡ってシリーズの一作目と二作目を金曜ロードショーで放送し...
『炎のデス・ポリス』警察署内でポリスが積極的にデスりまくり!に引き込まれる
 7月15日より『炎のデス・ポリス』が劇場公開されている。本作の魅力は「公式が全部言ってくれている」ので、そちらから紹介しよう。 映画のスピリットを存分に汲み上げた名邦題  ...
山岳映画『アルピニスト』と『神々の山嶺』同日公開 狂気以上の“映画館で見る価値”
 まるで示し合わせたかのような「同日公開」だ。何がって、ドキュメンタリー映画『アルピニスト』と、アニメ映画『神々の山嶺(いただき)』のことである。  この「断崖絶壁や過酷な環...
ドキュメンタリーの鬼才・森達也監督ロングインタビュー
森達也監督が初の劇映画に挑む 家族と郷里を愛する自警団が虐殺を犯した「福田村事件」とは?
 ゴーストライター事件で騒がれた佐村河内守氏に密着取材した『FAKE』(16年)、東京新聞の望月衣塑子記者を追うことで、官邸や日本のメディアの異様さを浮き彫りにした『i-新聞...
映画『シネマスコーレを解剖する。』全国公開記念インタビュー
コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状を名古屋の名物支配人がぶっちゃける
 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシアターの元祖「岩波ホール」が2022年7月いっぱいで閉館することが報じられ、アップリンク渋谷やユジク阿佐谷などではスタッフへのパワハラ...
『東京2020オリンピック SIDE:B』良い意味で気味が悪い
 2022年6月24日より『東京2020オリンピック SIDE:B』が劇場上映されている。『SIDE:A』がアスリートに焦点を絞った内容であるのに対し、今回は東京五輪の関係者...
『クリーチャーズ 宇宙から来た食人族』公開記念インタビュー
ヴィーガンなのに「食人映画」に主演? “逆輸入女優”斎藤莉奈が語る英国映画事情
 懐かしい人気ホラーコメディ映画『グレムリン』(84)っぽい世界を、よりハードに、よりクレイジーにした英国のインディペンデント映画『クリーチャーズ 宇宙から来た食人族』が、...
劇場版『ラジハ』まったく話題にならず…『バスカヴィル家の犬』『ナンバMG5』に高まる不安
 誰もが予想していた事態だったと思うが……。  昨年末から今年頭にかけて公開されて大ヒットしたTVドラマの劇場版がこの5月~6月にかけて相次いでソフト化されている。長澤まさみ...
性加害告発が相次ぐ映画界に一石を投じる? 『俺とSEXすれば売れる』実写化の行方
 性加害告発が相次ぐ映画界。先日は、女性ポートレートを中心に活躍している男性写真家への告発も報じられるなど、こうした動きは映画界にとどまらず広がりを見せているが、そうした中、...
過激すぎて全米で上映中止になった衝撃作! 実録リベンジ映画『KKKをぶっ飛ばせ!』
 善と悪とのボーダーがとても曖昧になった現代社会において、映画世界での“絶対悪”として登場するのが、アーリア人至上主義を謳い、ユダヤ人を大虐殺に追い込んだファシスト集団のナチ...
『ドライブ・マイ・カー』世界から絶賛される一方で…気になる国内映画賞での評価
 映画界最大の祭典として知られるアカデミー賞の授賞式が3月27日(日本時間28日)、米・ロサンゼルスで行われ、濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が国際長編映画賞に輝いた。...
『やがて海へと届く』の浜辺美波が過去最高のハマり役となった理由
 4月1日より、映画『やがて海へと届く』が公開されている。  幻想的な描写などから「実写化困難」とも囁かれていた彩瀬まるの同名小説の映像化に取り組んだのは、「詩的」とも言え...
村上春樹原作の映画『ドライブ・マイ・カー』約3時間があっという間だった理由
 2021年8月20日より『ドライブ・マイ・カー』が公開されている。本作は第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞、ほか3部門...
『ウェディング・ハイ』でさらなる躍進を遂げたバカリズム脚本の誠実さ
 現在公開中の『ウェディング・ハイ』が、うるさ型の映画ファンからも好評を博している。超豪華キャストそれぞれの持ち味を生かしたクセの強いキャラクター、ウェディングプランナーの仕...
今週の『金曜ロードショー』を楽しむための基礎知識②
『塔の上のラプンツェル』は貧しい農夫の子供だった!?実は残酷な原作を大幅改良
 日本テレビ系『金曜ロードショー』で放送される映画を楽しむための基礎知識、今週放送されるのは2010年公開のディズニーアニメ『塔の上のラプンツェル』だ。  ディズニー・アニメ...
『ガンパウダー・ミルクシェイク』血しぶきマシマシ甘さひかえめな魅力
 3月18日より、アクション映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』が公開されている。その刺激的な内容を、まるで「任侠やくざ映画」のように紹介したWEB限定予告編が最高の仕上がり...
今週の『金曜ロードショー』を楽しむための基礎知識①
『劇場版 奥様は、取り扱い注意』綾瀬はるかに押し付けられた「ド天然」を裏切る
 1985年から放送されている日本テレビの映画番組『金曜ロードショー』は地上波のプライムタイムでレギュラー放送されている唯一の番組である。  昔は各局に映画番組があり、筆者が...
『ザ・バットマン』名探偵ヒーローを描くサスペンスアクションの傑作
 3月11日より、映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』が公開されている。  結論から申し上げれば、本作は『ダークナイト』(08)に匹敵する、ダークテイストのヒーロ...
稲田豊史の「さよならシネマ 〜この映画のココだけ言いたい〜」
『THE BATMAN-ザ・バットマン-』――リドラーはジョーカーを超えられない
これはカレーじゃない  『バットマン』という映画は、撮る監督によって大きくテイストが変わる。それがまた、毎度の楽しみでもある。  過去の『バットマン』を振り返れば、ティム・バ...
『ONE PIECE FILM RED』は『呪術廻戦 0』を超えられるか カギはやはり“赤髪”?
 公開11週目に突入したアニメ映画『劇場版 呪術廻戦 0』の累計興行収入が123億円を突破した。興行通信社によれば、歴代興行収入ランキングでは3月6日時点でディズニーの『アラ...
3.11のコメディ映画は不謹慎か否か?に向き合う『永遠の1分。』
 3月4日より映画『永遠の1分。』が公開される。  本作は『カメラを止めるな!』(17)で一世を風靡した上田慎一郎が脚本を務め、同作で撮影監督を務めた曽根剛がメガホンをとった...
『ゴヤの名画と優しい泥棒』絵画を人質に取った「ヒーロー」の実話
 2月25日より映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』が公開されている。本作の目玉は「事実は小説よりも奇なり」を体現したかのような、信じがたい実話を描いたコメディであることだろう。 ...
映画『ホリック xxxHOLiC』ブレイク俳優・磯村勇斗を投入も…“暗雲”漂い始めたワケ
 神木隆之介と柴咲コウがダブル主演する映画『ホリック xxxHOLiC』(蜷川実花監督/4月29日公開)の新たな追加キャストとして、磯村勇斗と吉岡里帆の出演が17日に発表され...
ページ上部へ戻る

配給映画

映画記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真