メディアの記事一覧 (162件)

「メディア」のニュース記事一覧。メディアに関する最新情報や話題をまとめて掲載しています。

大阪・吉村府知事の”イソジン発言”放送した『ミヤネ屋』の罪──「薬機法違反」を指摘する声も

 大阪府の吉村洋文府知事と大阪市の松井一郎市長は、4日に大阪府庁で行われた記者会見において、「ポビドンヨード」を含むうがい薬に新型コロナウイルスに対する”効果”が確認されたと...

あの大物俳優や大手出版社もダマされた! “美談の主人公”が強制性交の疑いで逮捕

 2013年公開の映画『遺体 明日への十日間』(君塚良一監督)の主人公のモデルとされる岩手県釜石市の会社員・千葉淳容疑者が今月14日、抵抗できないようにして10代女性と性交し...

三浦春馬さん逝去で日テレのガイドライン抵触に批判ーー問われる「自殺報道」の意義と是非

 木村花さんと三浦春馬さんの”自殺既遂”によってメディアの自殺に対する意識が大きく変化している。すでに各所で話題になっているが「自殺報道のガイドライン違反」を受けての動きだ。...

テレビ朝日『報道ステーション』、“熱盛マスク”販売に身内からも呆れ声

 テレビ朝日の報道番組『報道ステーション』内で放送される、スポーツコーナーでおなじみの造語、「熱盛」の文字をロゴにしたオリジナルマスクを22日から発売することがわかった。  ...

幻冬舎・箕輪厚介氏、アンジャ渡部に助けられてダメージは限定的だった!?

 一般人女性との不倫が発覚、芸能活動休止に追い込まれたお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部健。あちらこちらに飛び火した騒動の裏では「助かった…」と胸をなでおろしている“お騒がせ...

地裁が「受信料は不要」の画期的判決! “NHKが映らないTV”は発売されるのか

 「みなさまのNHK」の時代が、ついに終わるかもしれない。  6月26日、東京地裁で画期的な判決が出た。日本でテレビを購入すれば、NHKの受信料の支払いが生じるが、NHKが映...

コロナ禍のテレビ業界、CM出稿は緩やか“回復傾向”も本当に厳しくなるのは秋以降?

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けているCM業界だが、徐々に“変化”も見え始めているという。 「相変わらず自局の番組宣伝、あるいは関連会社のCMが多い。要はお金に...

フジ・産経の世論調査不正は、財務ひっ迫が原因? 他社批判のフジ上席解説委員に特大ブーメラン!

 マスコミ不信がますます高まりそうな不祥事が明らかになった。  先日、フジテレビと産経新聞が発表した世論調査の、データ不正入力問題。フジテレビの報道部門、FNN(フジニュース...

フジサンケイグループが世論調査データ捏造! 重大事案なのに大騒動にならない影響力のなさ

 世間の風の動きを知る世論調査は、報道機関にとって非常に大きな意味を持つが、フジテレビと産経新聞が行っていた世論調査で捏造が発覚。フジサンケイグループの信用が問われる事態とな...

渋谷区職質問題をきっかけに知ってほしい──在日クルド人ドキュメンタリーが映し出す“日本の難民”

 5月22日、渋谷区内でクルド人男性が職務質問を受け、その後、警察官から威圧行為を取受けるという出来事があった。くしくも同じ時期にアメリカ・ミネソタ州ミネアポリス市で黒人男性...

児童ポルノで捕まったNHKプロデューサー、逮捕直前のコロナ禍にとったヤバい行動が物議!

 世間は元自民党・河井夫妻逮捕のニュースで持ちきりだが、大手マスコミからも人知れず逮捕者が出ていた。  NHKの教育番組制作専門プロダクション・NHKエデュケーショナルに所属...

コロナに納豆が効果的!? 「ニューズウィーク」で根拠不明な“フェイクニュース”疑惑

 今、SNSを中心に「納豆が新型コロナウイルス感染後の悪化に効果がある」という情報が拡散している。だが、論文のデータベースなどをいくら探しても、該当する研究論文等は見つからな...

箕輪厚介氏の本当のビジネス能力は? 今度はコンサルする企業で“強制わいせつ事件”

 女性ライターへのセクハラ問題で大炎上した幻冬舎の名物編集者の箕輪厚介氏がまたも、渦中の人となっている。  ベビーシッターマッチングアプリの大手「キッズライン」が、男性シッタ...

今年3回目の完売達成! 「週刊文春」だけがスクープを連発できる理由とは?

「文春です」と言いながら近づいてくる記者に、アンジャッシュ・渡部建は絶望感を抱いていたに違いない。渡部の不倫を報じた「週刊文春」(文藝春秋・6月18日号)は完売となったという...

“信者”流出でサロン崩壊!? 箕輪厚介氏「反省してない」が一転して謝罪したワケ

 「文春オンライン」で女性ライターへのセクハラ疑惑が報じられた幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏が8日、自身の公式ツイッターで謝罪した。  箕輪氏をめぐっては、元エイベックス社員の女...

禁じ手だった!? アンジャ渡部建スキャンダルの裏で、スポニチvs.文春抗争が勃発

 お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が9日、出演するテレビ各局に対し、番組出演の全面自粛を申し入れたと、スポーツニッポンが同日ネットニュースで配信した。  渡部は、視聴者が...

『報ステ』富川アナ代役に仰天プラン!? “猛獣使い”羽鳥慎一のメインMC案が急浮上

 新型コロナウイルスに感染したため番組を休んでいた、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の富川悠太アナが番組に復帰。ただし、メインキャスターとしてではなく、木金の週2日だけM...

コロナより児童虐待がネック!? 富川悠太アナ、『報ステ』復帰も10月に“Abema送り”か

 視聴者のアレルギー反応は強そうだが……。  5月29日、新型コロナウイルスに感染し療養を続けているテレビ朝日の富川悠太アナが、メインキャスターを務める『報道ステーション』に...

幻冬舎・箕輪厚介氏「反省してないです」セクハラ報道を全否定で日テレ『スッキリ』はどうなる?

 5月に「文春オンライン」で女性ライターのA子さんへのセクハラや不倫関係の要求、原稿料未払い疑惑を伝えられた出版社「幻冬舎」の編集者の箕輪厚介氏が、自身が運営するサロンメンバ...

テレ朝・富川アナ、報ステ降板にまっしぐら!? 復帰決定も“現場リポーター”に実質降格

 新型コロナウイルスに感染したため、4月13日の放送回から番組を休んでいた、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスター・富川悠太アナが6月4日より復帰するが、近い...

逃げも隠れもしていた!? 前澤友作氏、“税金申告漏れ”に取材拒否で大ブーイング

 ZOZOの創業者・前澤友作氏が取締役を務める資産管理会社グーニーズ(東京・港区)が、東京国税局から去年までの3年間でおよそ5億円の申告漏れを指摘されていたことがわかった。 ...

黒川検事長の賭け麻雀だけじゃない!? メディアと取材対象者の「危ない」関係

 東京高検・黒川弘務検事長が元朝日新聞と産経新聞の現役記者らと賭け麻雀をしていたと「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた一件は、黒川氏が辞任するなど大きな騒動に発展している。だ...

緊急事態宣言の解除間近、テレビ業界で収録再開に向け“あの手この手”の制作案が浮上

 政府の緊急事態宣言が25日にも全面解除される。引き続き、感染防止に努めるよう各都道府県レベルでは厳しい段階を踏んで社会経済活動に結び付けるが、これに喜んでいるのはテレビ業界...

幻冬舎・箕輪厚介氏、セクハラ報道“完全無視”も破廉恥スキャンダルを「かすり傷」で通せるのか?

「文春オンライン」で女性ライターのA子さんへのセクハラや原稿料の未払いなどが報じられた幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏。陰湿なしつこさを見せ目下、SNSなどで厳しい批判の声があがっ...

黒川検事長を一撃で仕留めた! ”文春砲”張り込み班スゴ腕メンバーの正体

 新聞記者と賭けマージャンをしていたことを5月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にスッパ抜かれ、その日のうちに辞任に追い込まれた黒川弘務・東京高検検事長。  定年延長の検察...
実際に騙されてみた! 体験ルポ

Twitter社とフリマアプリが野放しにするマルチ商法──ジャニーズ、LDH、歌い手…etc.ファン心理悪用し狙われる子どもたち

 大人だけではなく、子どもの生活にも欠かせないものとなったスマートフォン。  2017年の総務省「通信利用動向調査」によれば、13~19歳のスマートフォン所持率は約80%に上る...

世代交代に失敗した!? ラジオ界が抱える“高齢タレント”のリスクとは?

 大竹まことが4日放送の『ゴールデンラジオ』(文化放送)に“サプライズ出演”した。  4月27日から5月6日まで毎年恒例のゴールデンウイーク休暇中だった大竹はこの日、電話出演...

ラジオ界、聴取率週間に「プロ野球中継の再放送」でパンドラの箱開けた!?

 いまだに開幕が見えないプロ野球。そんななか、ラジオ局がとうとう“禁じ手”を使った。文化放送が4月22日、23日に過去の中継を丸々“リバイバル中継”に行ったのだ。  同局は今...

伊藤詩織さんらが出演したNHK『バリバラ』、突然の“再放送中止”に官邸の圧力が!?

 社会の多様性をテーマに、障害や差別の当事者らが意見を発信するNHK・Eテレのバラエティー番組『バリバラ』の26日午前0時からの再放送が、放送直前に別の内容に差し替えられてし...

ジャニーズ頼みに組織崩壊のニコン…老舗「カメラマン」休刊でささやかれるカメラ雑誌の苦境

 4月22日、老舗カメラ雑誌の月刊「カメラマン」(モーターマガジン社)の休刊が突如発表された。5月号(4月20日発売号)の発行が最後となり、今後のカメラ、写真の情報は発行元の...
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

メディア記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真