メディアの記事一覧 (193件)

「メディア」のニュース記事一覧。メディアに関する最新情報や話題をまとめて掲載しています。

指原莉乃の『綾鷹』CM起用にブーイング!「吉岡里帆だから飲んでたのに…」不買運動に発展か

 完全なるキャスティングミスか。  4月5日よりコカ・コーラ社が緑茶ブランド『綾鷹』の新CM『わたしは、綾鷹。』の放送を開始した。 『綾鷹』は、創業450年の歴史を誇る京都・...

文化放送「女子アナ“寝息”特番」に炎上の懸念…「女性を軽視していると取られかねないリスクある内容」

 昨今、森喜朗東京五輪大会組織委員会前会長の女性蔑視発言に代表されるように、女性差別につながる言動が世間から大きな注目を集め、同時に厳しい目で見られている。  そんな中で、在...

「朝日系メディア」とは何か? 資本関係では解けない「編集方針」の特徴を探る

 ツイッターを眺めていると、ネットメディアの記事を取り上げて「朝日系!」と罵倒している人たちを見かける。朝日新聞社系のメディアであることを批判の理由にしているようだが、そんな...

LINEの個人データ保存期間はどれくらい? 「必要最小限の期間」という微妙な表記に不信感も

 いまや日本人のコミュニケーションを支える生活必需品となったメッセンジャーアプリ・LINE。その個人情報に、中国の委託先技術者がアクセスを繰り返していたとして、プライバシー侵...

菅義偉内閣、NTT幹部たちによる総務省官僚接待疑惑は巨大な企業の内部抗争へーー

今週の注目記事・第1位「NTT接待文書入手総務大臣、副大臣もズブズブの宴」(『週刊文春』3/18日号) 同・第2位「都はるみが『好きになった人』は矢崎滋だった-毎日二人で仲睦...

日本の総広告費、9年ぶりマイナス成長 東日本大震災、リーマン並の危機

 電通が2月25日に発表した「2020年日本の総広告費」によると、20年の広告費は6兆1594億円(前年比88.8%)だった。マスコミ四媒体広告費とプロモーションメディア広告...

「割増罰則金」導入も企むNHKは公共放送ではない! 国民の多数が受信料廃止に反対したスイスとの違いとは?

 NHKと契約を結ばず、受信料を払わない世帯に割増金を課す――。2月26日、政府はそんな放送法改正案を閣議決定し、物議をかもしている。本当にNHKは日本国民から徴収した受信料...

新型コロナで陰謀論が急拡大!「バカが騙される」は間違っている…誰もが感染する陰謀論への対処法

「コロナウィルスはビル・ゲイツの陰謀である」 「大統領選の票は操作されている」  近年、SNSを中心にして陰謀論、フェイクニュース、デマといった根拠のない情報を目にする機会が...

トランプをまだ支持し、コロナワクチン陰謀論を信じる… キリスト教右派「福音派」とアメリカ大統領の危ない関係

 約85%がキリスト教徒の国、アメリカ。人口の約半数がプロテスタント、約4分の1がカトリックだ。2007年のハリス世論調査によれば、アメリカ人の60%が「生活における宗教の重...

静岡放送社長、W不倫疑惑辞任の裏に地方に残る老舗メディアの悪しき体質

 5日発売の写真誌「FRIDAY」(講談社)でW不倫が報じられた静岡新聞・静岡放送の大石剛社長について、同社は大石氏が社長を辞任する意向であることを公式サイトで発表した。  ...

福原愛が裏で全面協力⁉ 『文春』が『セブン』とは真逆のスタンスだった裏事情

 はからずも同日に卓球元日本代表・福原愛のスキャンダルを報じた『週刊文春』と『女性セブン』だが、真逆のスタンスだったことが、ネット上で話題を呼んでいる。週刊誌記者が言う、 「...

局アナとのW不倫が発覚した〝暴言社長〟でかつてない苦境に立たされそうな静岡放送と静岡新聞

 静岡新聞と静岡放送の両社を束ねる大石剛社長と、同局の原田亜弥子アナウンサーがW不倫していることを4日、ニュースサイト「FRIDAYデジタル」が報じた。同サイトによると、とも...

『報ステ』VS『WBS』で盛り上げるも、制作費でも差が歴然! 漁夫の利は『news23』か

 4月改編で1時間繰り上がり、午後10時スタートとなる『ワールドビジネスサテライト(WBS)』(テレビ東京系)と『報道ステーション』(テレビ朝日系)のガチンコ対決予想が盛り上...

テレ東『WBS』、テレ朝『報ステ』とガチンコ勝負が勃発!? 放送時間繰り上げの勝算は?

 テレビ東京がいちかばちかの大勝負に打って出る。  4月から経済情報番組『ワールドビジネスサテライト(WBS)』の月曜から木曜の放送開始時間を1時間繰り上げるのだ(金曜はその...

テレ東『WBS』22時台昇格で「報ステ」と激突! 気になる超大物の去就

 何十年もトップに君臨し続けてきた“王様”も、そろそろ肩叩きの時期なのかもしれない。  テレビ東京が4月から、22時台のニュース戦争に参戦することになった。現在23時台に放送...

表紙はまるで雪国の「噂の真相」……!? 地元政治家と企業を狙い撃ち! 北海道・東北・北陸の政経雑誌

──近年は地方紙によるスクープが注目されているが、雑誌も負けていない。例えば北海道、東北、北陸には、その地域の醜聞を取り上げる政経雑誌があり、そこでの記事は時に全国紙でも後追いさ...

中国版には投げ銭とEC機能が付いている?──年収5億円を叩き出した10代も! 米中のTikTokでの稼ぎ方

──政治的に翻弄されているTikTokだが、多くの若者が利用していることもあり、近年はインフルエンサー・ビジネスのプラットフォームになり、中国やアメリカなどでは企業やインフルエン...

「受信料を払わない奴は割増金取るぞ」NHKの横暴でテレビが完全にオワコンに

 テレビ局が警察や税務署レベルの権力を持ったら……SF小説のような事態が進行している。  テレビ離れが叫ばれて久しいが、それでも娯楽の王様として君臨するテレビ局。中でも別格の...

みずほ情報総研「日本人はフェイクニュースに騙されてる」発表 ほとんどの人が「見分けられない」と回答…

 「フェイクニュース」をどの程度の人が接触し、見分け、拡散しているのか。総務省の「プラットフォームサービスに関する研究会」は11月5日、みずほ情報総研による「日本におけるフェ...

ヤフトピ「コメント数表示」の仕様変更は炎上を煽る? ヘイトあふれるヤフコメ廃止論も

 ネット上における誹謗中傷や差別的投稿が問題視されている昨今。その温床のひとつだと指摘されているのが、Yahoo!ニュースのコメント欄だ。  Yahoo!アカウントを持っていれ...

国山ハセン、結婚を機に妻に仕事を辞めさせていた! 番組リニューアルもひどいステレオタイプで問われる放送意義

 アメリカの大統領がコロナ陽性を発表しても、石原さとみ結婚! を優先的に伝え続ける日本のワイドショーを世界はシュールに感じるだろうけど、とりあえず今週は『グッとラック!』(T...

ホラン千秋へのセクハラ帳消し!? 『バイキング』が真剣にジェンダー格差を報道したことに拍手

 ワイドショーにとって#MeToo関連ニュースってのは、苦手分野の一つじゃないだろうか? フェミニズム? そういうの地雷踏むから、止めておきたいって。事実、22日の『グッとラ...

東京五輪、NHKや全国紙が“五輪体制”を解いて大手メディアに撤退ムードが蔓延か

 経費削減報道にいちゃもんをつけている場合ではない。来年夏に延期された東京五輪の組織委員会は18日、五輪簡素化の費用について、一部報道で200億円ほどに削減額がとどまると指摘...

TBS・田村真子アナが“次期エース候補”急浮上!? 父・憲久氏が菅内閣入閣で注目度がぜんアップ

 TBSの若手女子アナ・田村真子の注目度が、ここにきてがぜんアップしている。というのは、父で衆議院議員の田村憲久氏(自民党)が、16日に発足した菅義偉内閣で6年ぶりに厚生労働...

藤井聡太棋聖「アクスタ発売」はやりすぎ? エスカレートするアイドル化を不安視する声

 藤井聡太フィーバーが止まらない。 『Sports Graphic Number』(文藝春秋)が、累計発行部数20万部を突破し、話題になっている。この表紙を飾ったのが将棋の藤井...

安倍辞任スクープはやはりあの女性記者! マスコミも世代交代で田崎史郎氏は残れるか

「安倍首相 辞任の意向固める 持病悪化で国政への支障を避けたい」  8月28日午後2時7分。そう速報をテロップで流したのは、やはりというべきかNHKだった。  安倍晋三首相は1...

JCお触り逮捕『アクタージュ』作家の厳しい処分に「山PはなぜOK?」の不満続出

 触った人とヤッた人、重罪だったのは?  「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載中の人気漫画『アクタージュ』の原作者・マツキタツヤ=松木達哉容疑者が8月8日に強制わいせつの疑いで...

テレビ局、新型コロナウイルスの感染拡大でウソくさいCMも「オンエア」の舞台裏

 新型コロナウイルス感染拡大の影響をかなり受けているテレビ業界。それでも、民間企業である以上、売り上げを立てようと各局必死だが、その弊害も徐々に出てきているという。 「7月ま...

NHKの構造改革に民放は戦々恐々!? コロナ第2波で局員を待ち受けるリストラ地獄

 天下のNHKですらお金の心配をし始めたことで、民放関係者は戦々恐々となっている。  8月4日、NHKは2021~2023年度の次期経営計画案を発表した。 「ラジオはAMとF...

テレビでよく見る? ネット通販の次は「アプリマンガ」のCMが絶好調のワケ

 コロナ禍でさまざまな生活が様変わりするなかで、テレビ局にとって一番の「お得意様」となりつつあるのが「アプリマンガ」のCMだという。   3月以降、ドライバー不足や置き配問題...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

メディア記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

芸人とテレビの“ちゃんとしたルールのある社会”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サッカーメディアの今後は?

 ヨーロッパから南米まで、世界中の最先端の戦術からクラブ経営の裏側まで多角的に取り上...
写真