> カルチャー

カルチャーの記事一覧 (2972件)

「カルチャー」のニュース記事一覧。カルチャーに関する最新情報や話題をまとめて掲載しています。

松岡茉優、『万引き家族』の演技が地上波ノーカット放送で、お茶の間に”気まずい空気”の危機!

 本当にノーカットで大丈夫?  7月20日のフジテレビ土曜プレミアムにて、「第42回日本アカデミー賞」で最優秀作品賞など8冠に輝いた是枝裕和監督の『万引き家族』が、本編...
続きを読む

はあちゅう、しみけんとの結婚一周年を報告するも「都合のいいときだけ結婚って表現する」の厳しい声

 ブロガーのはあちゅうが、セクシー男優のしみけんとの結婚記念日を迎えたことを報告した。  はあちゅうは22日にブログを更新し、「結婚一周年記念日」というタイトルのエントリーを...
続きを読む
【連載:静かに寝たいあなたに】vol.4

本格防音環境を実現する「ドラえもん戦法」とは? 防音グッズ専門店が解説!【後編】

【「おたぽる」より】 「幹線道路が近い」「居酒屋やコンビニが目の前にある」「隣人や上階、階下の人間がうるさい」など、騒音での睡眠不足に悩んでいる人は少なくない。筆者も耳栓の...
続きを読む
【連載:静かに寝たいあなたに】vol.3

9割以上が間違っている「防音カーテンの正しい使い方」とは? 防音グッズ専門店が解説!【中編】

【「おたぽる」より】 「幹線道路が近い」「居酒屋やコンビニが目の前にある」「隣人や上階、階下の人間がうるさい」など、騒音での睡眠不足に悩んでいる人は少なくない。筆者も耳栓の...
続きを読む
【連載:静かに寝たいあなたに】vol.2

卵パック、段ボールに防音効果があるという噂は本当? 防音グッズ専門店が解説【前編】

【「おたぽる」より】 「幹線道路が近い」「居酒屋やコンビニが目の前にある」「隣人や上階、階下の人間がうるさい」など、騒音での睡眠不足に悩んでいる人は少なくない。筆者も耳栓の...
続きを読む
『TATOO〈刺青〉あり』HDニューマスター化記念インタビュー

「30歳までにドデカいことをやってやるんやッ」宇崎竜童は実在の銀行襲撃犯に感情移入していた!?

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭った事件は、大々的にテレビ中継され、日本中を震撼させた。1979年1月26日から3日間にわ...
続きを読む

元アイドルのAV女優がアニメ界の枕営業を暴露「声優業界がいちばん闇深い」「紅白に出たメンバーも……」

  声優は今や女性たちが憧れの職業の一つだが、闇の深さは芸能界以上のようだ。  6月6日に放送されたバラエティ番組『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系...
続きを読む

祝・三陸鉄道リアス線開業! 経営難続くローカル鉄道の真実とは?『絶滅危惧鉄道2019 』

 第三セクターという言葉をご存じだろうか? 国や地方公共団体(第一セクター)と、民間企業(第二セクター)が共同出資して設立した法人を指す語で、鉄道以外にも上下水道などの公共性...
続きを読む
ゲキメーションの旗手・宇治茶監督インタビュー

楳図かずお×クローネンバーグ×探偵ナイト!! かつてない衝撃作『バイオレンス・ボイジャー』

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都出身・宇治茶監督が3年半の歳月を費やして完成させたゲキメーション『バイオレンス・ボイジャー...
続きを読む

現代女子の目はなぜ異常なほど大きいのか? “盛る”女子たちの美意識の謎に迫った『盛りの誕生』

 90年代半ばの渋谷は、子ども心に少し怖い場所だった。世はコギャル全盛期で、ハイティーンのお姉さんたちが派手なメイクにルーズソックス姿で渋谷の街を闊歩していた。インターネット...
続きを読む
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

ジワジワくる、ブレない地味女の魅力『野田ともうします。』

 平成の時代に新たに生まれたモテキーワードに、「メガネっ娘」「不思議ちゃん」「地味系女子」なんていうものがあります。特にマンガの世界においては、地味でいかにもモテなそうな女子...
続きを読む

メールが見られるペン発売で「カンニングし放題?」の声が相次ぐ

 大手老舗文具メーカーのキングジムが、スマートフォンの通知を受け取れるボールペン型デバイス「スマートボールペン『インフォ』」を6月14日より発売すると発表。この情報が世に出る...
続きを読む

幻冬舎・見城徹社長、“出版界のご法度”実売数さらしで「#幻冬舎」運動が始まる!?

 作家の津原泰水氏が、幻冬舎のベストセラー『日本国紀』(著・百田尚樹)の無断盗用について指摘したところ、同社から刊行予定だった文庫本の出版が取りやめになったと訴えている問題。...
続きを読む
『僕はイエス様が嫌い』奥山大史監督インタビュー

“神の沈黙”をデビュー作で描き切った注目の才能!! 岩井俊二、是枝裕和の再来を思わせる新鋭監督現わる

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問題ではないだろうか。大人たちに尋ねても答えてはもらえず、結局答えが分からないまま自分も大人...
続きを読む
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

『きのう何食べた?』よりもディープ! よしながふみ飯テロエッセイ『愛がなくても喰ってゆけます。』

 4月からスタートした深夜ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)。西島秀俊、内野聖陽をはじめとしたキャスト陣が原作のイメージにバッチリハマっていると、ネットでもかなりの評...
続きを読む

Microsoft Storeでの販売終了で、がぜん現実味を帯びる電子書籍の脆弱性

 4月にマイクロソフトが突如発表した「Microsoft Store」での販売終了が、電子書籍の危うさを実感させている。  近年、紙に変わって雑誌や書籍を読む手段として普及し...
続きを読む

窮地を救う秘訣は“かわいげ”にある!? 『「かわいげ」は人生を切りひらく最強の武器になる』

 3月12日夜、電気グルーヴ・ピエール瀧氏がコカインを使用したとして麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕された。瀧氏が出演するドラマは代役が立てられ、電気グルーヴの作品は所属...
続きを読む

ゴミみたいな情報ばかりに規制の嵐……Facebookは既にオワコンか

 Facebookの凋落が止まらない。TikTokなど新たなサービスが話題を集める一方でFacebookはオジサンオバサン向けのかび臭いものになりかけているのだ。  近年の調...
続きを読む

終了から1カ月……改めて感じる「Yahoo!ジオシティーズ」消滅の亡失感

 膨大なコンテンツの消滅がジワジワと効いてきている。3月31日にサービスを終了したYahoo!ジオシティーズによってである。  Yahoo!ジオシティーズは、インターネット黎...
続きを読む
ミワリョウスケの「未来はいつも分からない」

業田良家・石塚真一・浅野いにおが絶賛した気鋭の漫画家が描く「世界との出会い方」

 自転車にまたがり、踏み切りが開くのを待つ数分間、ふと目の前の景色がとんでもないと気づくことがある。踏み切りのランプの赤い点滅、発光する矢印、風でしなる黒と黄色のバー、電車...
続きを読む

ヤマハの楽器用『防音室』は「寝室」として使えるのか? 公式に聞いてみた! 【連載:静かに寝たいあなたに】

「幹線道路が近い」「居酒屋やコンビニが家の目の前にある」「隣人や上階、階下の人間がうるさい」など、騒音での睡眠不足に悩んでいる人は少なくない。筆者も耳栓の欠かせない生活を送っ...
続きを読む
【wezzy】

「名探偵コナン」のオチは25年前に決まっていた!? 黒ずくめの組織は凶悪、蘭の就く職業も決定済み

今年で連載25周年を迎える「名探偵コナン」(小学館)。誰もが知る人気漫画であり、毎週土曜日の夕方には、日本テレビ系でアニメも放送されている。しかし、作者である青山剛昌氏の発言がい...
続きを読む
祝・書籍化!

毒舌婚活応援ブログ『結婚物語。』”中の人”に聞く「35歳過ぎた男は結婚できない説」の真偽

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした2018年下半期、突如ネット上に現れた婚活応援ブログが話題を読んでいる。テキストサイト時代の名...
続きを読む
TBS『クレイジージャーニー』でもおなじみ!

北極点目指して、たったひとりで……日本で唯一の北極冒険家・荻田泰永の冒険録『考える脚』

 北極点を目指して、たったひとりで歩く。しかも、食料、テント、必要な道具など、約100kgの荷物をソリに乗せて。  国内外で注目を集め、『クレイジージャーニー』(TBS系)で...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.29

町の至るところに”隠れ人参”が潜む、高麗人参ランド「母子人参像」

 韓国の真ん中あたりに「高麗人参すぎる町」があると聞いて行ってみた。忠清南道(チュンチョンナムド)・錦山(クムサン)郡。人口5万人ほどの小さな町だ。  特産物の高麗人参が、町...
続きを読む

元2ちゃんねる管理人ひろゆきが語る、オワコン日本で生き残る方法とは!?『このままだと、日本に未来はないよね。』

 元2ちゃんねる管理人・ひろゆき氏といえば、毀誉褒貶の激しい人物として知られている。1999年に巨大掲示板2ちゃんねるを開設して以来、独特のセンスで2ちゃんねるを運営・牽引し...
続きを読む
ミワリョウスケの「未来はいつも分からない」

『ラジコフェス』『ソフィ・カル』『ハチクロ』~片想いと失恋をめぐる考察~

 初めてラジオでメールが読まれたのは2013年の3月だった。『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBSラジオ)内の「しまおまほのぼんやり相談室」というコーナー...
続きを読む
【wezzy】

テレビはどうすれば「テレビらしさ」の呪縛を解けるか/小島慶子インタビュー

2018年は「メディア」と「ジェンダー」を考えるうえで、非常に重要な年だった。きっかけは、4月に発覚した福田淳一元財務事務次官によるテレビ朝日の女性記者に対してのセクハラである。...
続きを読む
【同人活動レポート】

駅のロッカーに無記名の同人誌封筒を入れるだけ! 進化する同人誌自家通販

 同人誌はコミックマーケットなどのイベントで頒布されるのがメジャーだが、通販を行うサークルも多い。「とらのあな」など各種通販販社もあるが、自宅から発送する「自家通販」派もいる...
続きを読む

普及すればするほど露わになる「電子書籍」が抱える“最大の危険”とは

 電子書籍サービスの終了が相次ぎ、本をデータで所有することの危うさが浮き彫りになっている。  アメリカのMicrosoftは4月2日に、突如「Microsoft Store」...
続きを読む

イエベ、ブルベは半数が間違っている? 指原莉乃も行った女子界を揺るがすイエベブルベ論争とは

 今年の流行語ノミネート入りもしかねない「イエベ」「ブルベ」。女子界を揺るがすホットワードであり、HKT48・指原莉乃も自身のTwitterで「黄味肌ブルーベースウィンターマ...
続きを読む
【wezzy】

「非常識」非難集中の石野卓球をブッキング、フジロックと電気グルーヴの関係性

4月5日、毎年恒例の野外ロックフェスFUJI ROCK FESTIVAL’19(以下、フジロック。今年は7月26日から28日にかけて開催)の第3弾出演者ラインナップが発表された。...
続きを読む
ミワリョウスケの「未来はいつも分からない」

『学校と先生』『シンドローム』『バンブルビー』~高校生と隕石と、もう戻ることのできない季節の話~

 東京に住むようになって5年がたつ。春が訪れるたびに、街のさまざまな場所に桜が咲いていることに気づかされる。地方出身の私にとって桜は、山に咲くものか、学校の校庭に咲くものであ...
続きを読む

電気がなくても聴けるのに……AMラジオ放送は、近い将来消滅する?

 もう自宅にラジオを持っている人なんて、少数派ではなかろうか。日本民間放送連盟(民放連)がAM(中波)ラジオの放送を取りやめ、ワイドFM(FM補完放送)に転換できるよう総務省...
続きを読む

これは劣化だよ……Googleマップの激変で迷子になるのは避けられない非常事態

 Googleマップがおかしい! 3月21日以降、Googleマップの不具合が明らかになり、戸惑いが広がっている。もはや生活に密着した地図の突然の変化は、確実に生活に支障を来...
続きを読む

絶滅寸前の夜行列車がJR西日本で、まさかの復活! 「銀河」だけど東京~大阪じゃないよ

 2008年に運行を終了した夜行列車・銀河がまさかの復活……と思ったら、ちょっと違った。JR西日本が新たに運行を計画している長距離列車の名前が「WEST EXPRESS 銀河...
続きを読む
【wezzy】

『闇金ウシジマくん』の完結とともに消える!? ヤミ金業界の裏事情

2004年に連載が始まり、長期にわたり人気を集めていた裏社会漫画『闇金ウシジマくん』(小学館)が3月4日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」(同)で最終回を迎え、およそ15年の...
続きを読む

やっぱりエロがないと無理だよ……Tumblrユーザー激減で“エロ再開”はあり得るのか

 やっぱりエロのないTumblrに意味などなかった。昨年12月にアダルトコンテンツを全面的に禁止したTumblrのユーザーの訪問数が今年1月以降、30%近くも落ち込んでいるこ...
続きを読む

『ヒプノシスマイク』コミカライズに傷心のオタクはどう立ち直ればいいのか?~心理学の名著を読み解く~

 今世の中の空気は「好きなものがある人が勝ち組」ムードがあり、日陰の身だったはずのオタクに追い風が吹いている。しかしそんな時代に乗ってイキれるはずのオタク趣味とて案外盤石では...
続きを読む

出版流通の疲弊が深刻化! 中国・九州地方で本の発売日が、さらに一日遅れに……

 4月から、中国地方と九州地方での本と雑誌発売日が1日遅れになることが、日本出版取次協会(取協)から発表された。流通の維持が困難な状態になりつつある出版業界の現状は、いよいよ...
続きを読む

JR東海の運行情報が新公式サイトでわかりやすく! ついでにトイレ問題も解決して

 これで長い静岡通過時間も、多少は気分が楽になるのか。3月16日のダイヤ改正と共にJR東海の公式サイトが大幅にリニューアルされた。  このリニューアルの目玉は運行情報の画面をわ...
続きを読む

暗いニュースばかりだけれど……書店業界は“復活傾向”のワケ

 出版取次大手の日本出版販売(日販)によれば、今年2月の売り上げが前年同月比で0.5%増となった。その理由は、集客イベントが成果を出したものとしている。書店といえば、近頃「閉...
続きを読む

「生まれ変わりました」じゃねえよ……「eBookJapan」がYahoo!ブックストアと一本化でユーザーの怒りが大爆発

「生まれ変わりました」じゃねえよ。3月初っぱなからあちこちで共通の話題になっている老舗電子書店「eBookJapan」とYahoo!ブックストアの一本化。新たな展開による魅力...
続きを読む
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

第3次Queenブームの今読みたい、時空を超えた盗作スペクタクル 『僕はビートルズ』

 皆さんビートルズ好きですか? とりあえず、嫌いってことはないですよね? 昔から、ほとんどの日本人はビートルズとQueenのことが好きだって決まっているんです。いわば、国民総...
続きを読む

衰退した恵方巻の風習……バレンタインやホワイトデーはどうなっていくのか?

 恵方巻に始まり、バレンタインデーにホワイトデーと食べ物に関連する奇習が続く季節である。かつては、この季節の妙な行事はバレンタインだけだったはずなのだが、今じゃホワイトデーも...
続きを読む

また始まる、青春18きっぷの季節──どんどん減っていく利用可能区間への不安

 3月から、岩手県を走る三陸鉄道が、日本最長の第三セクターとして装いも新たに「リアス線」の名称で開業する。県内の盛駅から久慈駅までの163kmを約4時間30分で結ぶ。太平洋の...
続きを読む

超問題作を引っさげ、大型新人監督がデビュー!! 発達障害者の性と承認欲求を描いた『岬の兄妹』

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬の兄妹』は、タブー知らずの大問題作だ。地方都市で暮らす良夫は発達障害の妹・真理子の面倒を見...
続きを読む

もう、再販制いらなくないか? 電子書籍で漫画が売れて講談社は絶好調!

 出版不況という言葉も挨拶のようになり、もはや斜陽産業といわれる出版業界。そうした中で、講談社の決算発表が注目を集めている。純利益が前期の64%増加という好調ぶりを示している...
続きを読む

ダウンロード違法化だけじゃない! 今度は「リンク税」なんてのもやってくる!?

 ダウンロード違法化問題など著作権法改正の流れで、どんどん不自由になる感じのするインターネットの世界。今度は「リンク税」なるものが導入されるのではないかという、新たな脅威が囁...
続きを読む

“イグジスタンス”するために絵を描くことを選んだ画家・はくのがわ

 現在、アウトサイダーアート界隈で話題の一人の女性アーティストがいる。今、大注目の若手画家・はくのがわ(26)だ。躁鬱病と診断されて以来、何度も精神病院の入退院を繰り返しなが...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

カルチャー記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

ブレーク前夜!宮下草薙に聞く

 ハナコが「キングオブコント王者」に輝き、霜降り明星が「M-1」を制し……お笑い界を...…
写真