日刊サイゾー トップ > カルチャー

カルチャーの記事一覧 (3993件)

「カルチャー」の最新ニュース。カルチャーに関する最新情報や話題をまとめて掲載しています。

アフガニスタンを舞台に社会派とアクションがマッチしたふたりの男のドラマ『コヴェナント/約束の救出』

 戦争アクションはなかなか複雑な映画ジャンルである。戦争の悲惨さ、人間の愚かさをテーマとしているのも確かながら、銃撃戦や爆発の映像に、日常生活では味わえないハラハラ感を味合わ...

相葉雅紀『“それ”がいる森』Netflix配信開始で酷評相次ぐも…「嘘だろ!?」な面白さ

 22年9月に公開された嵐・相葉雅紀主演ホラー映画『“それ”がいる森』が現在、あらためて注目されている。  というのも、今月からNetflixで配信が開始されたためで、多くの...

『インフォーマ』に続く快作『ブラザーズ』誕生…コンプラ時代を逆行する男たちの魅力

サイゾーから出版され、ドラマ化もされた『インフォーマ』『インフォーマ2』を放ってきた沖田臥竜氏が新作を発表する。タイトルは『ブラザーズ』(角川春樹事務所)。同氏が得意とするア...

【再掲】末期がん患者、かく語りき──叶井俊太郎『エンドロール!』刊行インタビュー

 2月16日、叶井俊太郎さんが亡くなりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。  * * * 以下、再掲 * * *   あっけらかんとしたものだ。数年ぶりに会った映画宣伝プ...

KIBA x 最鋭輝 ロング対談 アーティストとしての探求心~メタルとロカビリーの共通点は?

 かつて日本の音楽シーンにおいて、メタルがメインストリームに近い存在だったときがある。それらはジャパニーズ・ヘヴィメタル、通称「ジャパメタ」と呼ばれ、1980年代の音楽シーン...
『風よ あらしよ 劇場版』レビュー

吉高由里子が主演した大正時代の大河ドラマ 恋と革命に生きた伊藤野枝の波乱すぎる生涯

 大正時代に起きた恋愛スキャンダル「日蔭茶屋事件」をご存知だろうか? 無政府主義者として知られていた大杉栄が、不倫相手の新聞記者・神近市子に首を刺された事件だ。大杉には年上の...

全米を揺るがした“ゲームストップ株騒動”『ダム・マネー ウォール街を狙え!』

 マネーゲームで巨万の富を築いたウォール街の強欲なヘッジファンドに、しがない小口投資家が一発逆転! そんな事実を映画化した『ダム・マネー ウォール街を狙え!』は、大富豪と普通...

『千と千尋の神隠し』初回放送は46.9%! 金曜ロードショー歴代視聴率まとめ

 1月5日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系、午後9時~)で、『千と千尋の神隠し』が約2年ぶりに登場。放送時間を40分延長し、ノーカットで放送される。  スタジオジブリの興...

Gargoyle KIBA~”ライブハウスの帝王”が語る自身のバンドと音楽の世界

 1988年にX(現 X JAPAN)からリリースされたフルアルバム『Vanishing Vision』はインディーズながらも驚異の初動で1万枚以上のセールスを記録し、現在に...

『サツドウ』が10万部超え大ヒットで長期休載『喧嘩稼業』に注目が…

「ヤングマガジン」(講談社)で連載中の雪永ちっち原作、なだいにし作画の漫画『サツドウ』が人気だ。  本作は、平凡なサラリーマンになりたいと願う天才格闘家があらゆる敵をなぎ倒す...

歴史大作映画『ナポレオン』がより面白くなる妻、ジョゼフィーヌへのドン引きラブレター

歴史超大作『ナポレオン』が12月1日(金)に公開される。  英雄と呼ばれる一方で、悪魔と恐れられた男、ナポレオン。その壮大な生涯を、総勢8000人を超えるエキストラと、多額な製作...

末期がん患者、かく語りき──叶井俊太郎『エンドロール!』刊行インタビュー

 あっけらかんとしたものだ。数年ぶりに会った映画宣伝プロデューサー・叶井俊太郎は、すっかりやせ細っていたものの、相変わらず必要以上に大きな声でしゃべる男だった。  叶井が膵臓...

あの『ムショぼけ』がマンガになって帰ってくる…コロナ禍の尼崎からスタートした物語が新章へ

作家・沖田臥竜氏が原作監修を務め、北村有起哉主演でドラマ化もされた『ムショぼけ』が、マンガ化されることが発表された。ストーリーは完全書き下ろしで、ドラマや小説『ムショぼけ』(...
aimiインタビュー

「日本のR&Bは連帯が必要」 aimiが語る、R&Bと〈STAY READY〉への強い想い

 「R&Bシンガー」を名乗って2020年から活動しているaimi。1万4000人が参加した国内大規模のオーディションで準グランプリに輝き、英国マンチェスター留学中には...
ファンク研究家が語る.ENDRECHERI.最新作『Super funk market』

.ENDRECHERI.最新作『Super funk market』から“ファンクマスター”堂本剛の現在地を探る

 サブスクリプション型音楽配信サービスで音源が解禁され、国内外から注目を集めている堂本剛のプロジェクト「.ENDRECHERI.」。今春にはジョージ・クリントンとの共演も実現...
あのアーティストの知られざる魅力を探る TOMCの<ALT View>#26

なぜTUBEは“爽やか”なのか 80~90年代のサウンド探求と「バレアリックなスタジアムロック」

ビート&アンビエント・プロデューサー/プレイリスターのTOMCさんが音楽家ならではの観点から、アーティストの知られざる魅力を読み解き、名作を深堀りしていく本連載〈ALT View...

TOBE第一弾デビューIMP.の「ビルボード8位」で明らかになった「トラジャと同じ課題」

 滝沢秀明氏が今年3月に興した「TOBE」に所属する7人組「IMP.(アイエムピー)」が8月18日にデビュー曲「CRUISIN'」を発表した。  全員が元ジャニーズJr.で、...
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】最終回

森達也監督の劇映画デビュー作『福田村事件』 正義に染まった集団が過ちを犯すメカニズム

 1923年9月1日、相模湾北西部を震源地とする首都圏直下地震「関東大震災」が発生した。マグニチュード7.9と推測される大地震は、建物の崩壊や広範囲にわたる火災を招き、死者・...

『SAND LAND』大規模公開なのに2週目で早くもトップ10圏外…“東宝の聖闘士星矢”に?

 『ドラゴンボール』や『Dr.スランプ』などで知られる鳥山明氏の“隠れた名作”として知られる『SAND LAND』が初めてアニメ映画化されたが、思わぬ失速を見せている。  ...

『ファルコン・レイク』が紡ぐ思春期特有の危うさと、楽しさと隣り合わせの恐怖

 8月25日よりカナダ・フランス合作の映画『ファルコン・レイク』が公開中。原作は邦訳版が第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞に輝くなど、高い評価を得たフランスのバンド...
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.752

インターン制度を悪用した企業犯罪を映画化 ペ・ドゥナが慟哭する『あしたの少女』

 インターンシップといえば、学生が就業体験できる貴重な制度として知られている。日本でも就職活動の一環として活用されていることが多い。だが、そうしたインターン生たちが、入ったば...

ジャニーズがまごつく間に…LDHの「3組同時デビュー」と“戦略”のアップデート

 「Jr.EXILE」から「NEO EXILE」世代へ――。8月23日、LDHの新たなグループが本格始動する。  LDH史上最大規模のオーディションとなった『iCON Z ~...

日本のライブチケット価格は安すぎる?音楽業界を悩ませる深刻な問題と制作事情

 コロナ禍が終息ムードとなったことで、音楽ライブが活況となっている。本格的にエンタメが復活してきた雰囲気があるが、実は音楽業界内では「日本はライブチケットの相場が安すぎて十分...
社会がみえる映画レビュー#27

『君たちはどう生きるか』パンフレットに酷評、それでも興味深い宮崎駿の“予言”

 現在公開中の『君たちはどう生きるか』の劇場パンフレットの評判がよくない。その理由の筆頭は「内容が薄い」ということ。SNSでは「このスカスカぶりで820円は高すぎ」「表紙が(鳥...
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.751

音楽ドキュメント『シーナ&ロケッツ 鮎川誠』 愛することがロックだったマコとシーナの伝説

 ロックは世間の常識にあらがうための武器だと、ずっとそう思ってきた。でも、ロックはもっと大きくて、ずっと深いものらしい。そう教えてくれたのは、福岡出身のロックバンド「シーナ&...
社会がみえる映画レビュー#26

『ミンナのウタ』が『呪怨』以降の清水崇監督のベストを叩き出した理由

 8月11日よりホラー映画『ミンナのウタ』が劇場公開中だ。先に申し上げておくと、本作は1999年製作のオリジナルビデオ版『呪怨』以降の清水崇監督のベスト。めちゃくちゃ恐ろしく...

倉田真由美&苫米地英人トークショーも! 『凶母』オンラインサイン会が8月22日に開催決定

 「だめんず・うぉ~か~」で知られる漫画家・倉田真由美先生が今回初挑戦となるミステリー漫画を上梓!  本作「凶母」の発売を記念して、倉田真由美先生によるサイン会と、ゲストに苫米...
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.750

“変態詩人”クローネンバーグの集大成『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』

 人体解剖のマエストロ、愛と狂気に満ちたインナーワールドを描くアーティストといえば、カナダ在住の巨匠、デヴィッド・クローネンバーグ監督に他ならない。人間の頭部が炸裂する『ス...

三重・桑名「上げ馬神事」の動物虐待騒動 議論の長期化で競馬ファンのやきもき

 歴史あるお祭りも、時代の波には逆らえないようだ。三重県桑名市の多度大社で5月に行われた『上げ馬神事』を巡り、動物虐待ではないかとの声が殺到。ネットでは未だに議論が続いている...

【漫画「凶母」6話】「風俗で働く“首なし母”の足取りを探る――唯一親しくしていた同僚も「顔なし」で

 「殺されたはずの母が、実は生きている!?」  ニセ霊能者・東郷高峰の事務所へ相談にやってきたのは、16年前に起きた「小金井首なし殺人事件」の被害遺児・椿希。  街で偶然、殺...
ページ上部へ戻る

配給映画

カルチャー記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真