facebook
twitter
人気連載
矢印

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

戦争中のベトナムで撮影した幻の作品が初公開!『ナンバーテン・ブルース/さらばサイゴン』
写真

オススメ情報
矢印

編集部厳選!「きょうのおっぱい」

田村文香の美巨乳はホントにDカップ!?「もっとあるだろ!」の声が殺到中
写真

イチオシ企画
矢印

観月ありさ“結婚準備”報道で広がる波紋

上原さくらとの泥沼離婚劇も記憶に新しい、フェラーリ王子の正体とは…?
写真

インフォメーション
矢印

俳優・神木隆之介はオタだった!?

神木隆之介がバラエティに出ない意外な理由 プライベートが"オタ"すぎてNG!?



 >   > 「エレーヌとは大違い!?」控えめなTBS加藤シルビアの好感度が急上昇中?

[ 関連タグ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check


shirubiakato.jpg
TBSブログ「加藤シルビアの dzien dobry
~素敵な一日~」より

 シルビアとエレーヌ。これって、何の話題か分かりますか?

 車の名前か、洋菓子の名前のように見えるけど、前者はTBSの女子アナ・加藤シルビアで、後者は日テレの女子アナ・葉山エレーヌのこと。

 「シルビアとエレーヌって、正直、全然見分けがつかない」なんて人もいるだろう。二人の大きな共通点はハーフであること。また、エレーヌが『スッキリ!!』(2007年10月~)レギュラーであるのに対し、シルビアは『はなまるマーケット』(2008年10月~2010年9月)→『みのもんたの朝ズバッ!』(2010年9月~)レギュラーと、"朝の顔"である点も共通している。では、二人の違いはどこなのだろうか。略歴を簡単に見てみよう。

●加藤シルビア:1986年生まれ。父親は日本人で、母親はポーランド人。お茶の水女子大学出身。
●葉山エレーヌ:1982年生まれ。父親は日本人で、母親はフランス人。明治大学出身。

 ちなみに、ネット上では「乳」に関する話題で「シルビア>>>>>エレーヌ」「乳を強調したエレーヌ>>>>痩せてしまったシルビア」という声が多数出ている。

 また、二人の違いに「主婦層の支持率」を指摘する声もある。

「目を大きく見開いて自分からグイグイ前に出て、MCの加藤浩次やテリー伊藤にも積極的に絡む葉山エレーヌに比べ、加藤シルビアはおとなしく控えめに見えるので、主婦層にもウケが良いと思います。特に昨秋まで出演していた『はなまるマーケット』では、美人なのに自分から前に出ず、画面の隅の方で見切れてしまっていることが多く、女性司会者や女性ゲストに対して非常に気を使っている様子が見られました。『隠れ巨乳』と言われているのに、胸をできるだけ強調しない服を選んでいることも多かった印象です。また、隅の方で映っている自覚がないのか、縮こまって座り、うつむいたまま次の段取りの確認らしく原稿・台本などを読み続ける姿も多く見られましたね。仕事ができるかどうかは別として、非常に真面目な印象は、主婦層にも好印象だったのでは」(テレビ関係者)

 『はなまるマーケット』を卒業した後は、『みのもんたの朝ズバッ!』レギュラーを務めているが、ここでの待遇には、「かわいそう」という声も多数あるらしい。

「みのもんたとあまり相性が良くなさそうですね。みのは、シルビアに話題を振っておきながら、彼女が真剣に解説しているときに背を向けてほかの出演者と雑談していたりする場面が多く見られます。また、意地悪な質問をしたり、進行をせかしたりしていることも多く、『みのはシルビアに冷たい』『イジメている』ととらえている視聴者もいるようです。おとなしくはっきりしない様子や段取りの悪さ・言い間違いなどにイライラするのかもしれませんが......」(前出のテレビ関係者)

 美形なのに前に出ない控えめさが、女(主婦)の反感を買わない良さでありつつ、アナウンス力にはまだまだ課題が多そうな加藤シルビア。だが、「デキない子」「みのもんたにイジめられる美女」として同性からの支持を集めていくのも、ひとつの道かも。
(文=田幸和歌子)


ベスト・ヒット!日テレ55 ソニー・ミュージックエディション


エレーヌも悪くはないよ。


amazon_associate_logo.jpg




[ オススメ記事 ]

PR


powered by newziaコネクト
[ 芸能ニュース、エンタメ情報 最新記事 ]

PR


PR





注目のキーワード

オススメ情報

サイゾーメディアの人気記事
トピックス

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。