トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

人気連載

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

北朝鮮版“ゴジラ”は歪んだ映画愛が生み出した!『将軍様、あなたのために映画を撮ります』
写真

オススメ情報

自己顕示欲の肥大は自他をも殺す――権力を手にしたかった男の狂乱

アメリカで人気の「トゥルー・クライム(実録犯罪物)」。それの何が関心を集めているのか? 
写真

イチオシ企画

坂口杏里、借金まみれでAV転落か

バイきんぐ・小峠の元カノでおなじみの坂口がAVデビュー!その裏に、いったい何が――?
写真



 >  >  >   > JUMP山田で『鋼の錬金術師』実写化

[ 関連タグ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

yamadaryo0329

 Hey!Say!JUMP・山田涼介主演の映画『暗殺教室―卒業編―』が、25日に公開初日を迎えた。

「前作が山田クンの初主演映画でしたが、興収も28億円と大ヒットして、日本アカデミー賞で新人俳優賞を獲得しました。事務所はV6の岡田准一クン、嵐の二宮和也クンと同様の“映画俳優”路線を歩ませたいようです」(映画関係者)

 実際、その『暗殺教室』の後も、人気小説家・伊坂幸太郎原作の映画『グラスホッパー』で若き殺し屋を演じた。

「今回の『卒業編』で映画3作目ですが、実質はまだ2作品です。それで、次に事務所が選んだ作品が人気漫画の『鋼の錬金術師』の実写化です。事務所はこの作品で、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を狙いたいようです」(同)

 漫画『鋼の錬金術師』は「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で01年8月号から10年7月号まで連載された人気作品。

「コミックスは累計6,000万部を売り上げ、アニメ化、映画化もされています。最終話が掲載された10年7月号は、通常の2割増しの発行部数でも完売し、9月号に再掲載されるという異例の事態となりました。それくらい人気の高い作品です。ただ、CGを駆使しないと表現できないようなシーンがあるため、監督には『ピンポン』などで知られ、CGに定評がある曽利文彦氏を起用したそうです。撮影は6月から8月くらいまで行われて、イタリアでの海外ロケもあるそうです」(出版関係者)

 現在、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞は岡田、二宮と2年連続でジャニーズが受賞している。

「今年も『海賊とよばれた男』に主演する岡田クンが獲得するんじゃないかっていわれています。『鋼の錬金術師』は来年の夏頃の公開予定なので、山田クンはジャニーズ4年連続受賞を目指して製作に入るようです」(前出の映画関係者)

 ベストジーニスト賞と同じように、“日本アカデミー賞といえばジャニーズの賞”と呼ばれる日も遠くなさそうだ。




[ 関連リンク ]


ページ上部へ戻る

悩殺グラビアすべて見る

Hカップグラドル葉月あやが、びしょびしょに濡れて!?「お風呂で……」
新人グラドル森田ワカナ、ベッドの上で!?「まったく逆の私が……」
美尻グラドル小阪貴恵が、生まれて初めての“アレ”を!?「目隠しつきで……」
グラドル大貫彩香「一番セクシーで、エロイ」!? びちょ濡れで“アレ”が……
“ミラクルボディ”Fカップグラドル和地つかさが、手錠プレイ!?「プライベートでは……」
グラドル小柳歩が“アレ”を舐め尽くす!?「無理やりやらされて……」
Hカップグラドル鈴木ふみ奈、胸も尻もポロリか!?「サイズが全然合っていなくて……」
Fカップグラドル佐山彩香が、ナースコスプレで“アレ”が丸見えに!?「乳下が……」
「本当はダメ……」Fカップグラドル藤田恵名が露出ギリギリで!?
グラビアアイドル宮脇麻那が“Tバック”で誘惑!「かわいく甘えて……」
Eカップグラドル小島みゆ、女豹のコスで“ベッドシーン”で激しく……!?「セクシーにできたと思います!」
Iカップグラドル菜乃花が、ひたすら踊りまくる!? ポロリは「するよね~という感じです(笑)」
グラビアアイドル橋本梨菜のGカップが“はちきれる”!?「少しでも動くと……」

CYZOトークすべて見る

TBS 藤井健太郎
TBSバラエティ好調の立役者に訊く「サンプリング世代のテレビの作り方」

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。