人気連載

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

【東大生強制わいせつ事件】被害女性の局部にドライヤーで熱風……サディストすぎるエリート学生の素顔とは
写真

オススメ情報

エロ動画をネットにさらす、現役JKたちの“自意識”

一見“リア充”に見える10代女性が、ネットに自己をさらし続けるのはなぜなのか?
写真

イチオシ企画

能年玲奈、芸能界追放は決定的?

所属事務所との契約期限を7月に控え、その動向が注目される能年。キョンキョンは助けてくれるの!?
写真



 >  >  >   > JUMP山田で『鋼の錬金術師』実写化

[ 関連タグ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

yamadaryo0329

 Hey!Say!JUMP・山田涼介主演の映画『暗殺教室―卒業編―』が、25日に公開初日を迎えた。

「前作が山田クンの初主演映画でしたが、興収も28億円と大ヒットして、日本アカデミー賞で新人俳優賞を獲得しました。事務所はV6の岡田准一クン、嵐の二宮和也クンと同様の“映画俳優”路線を歩ませたいようです」(映画関係者)

 実際、その『暗殺教室』の後も、人気小説家・伊坂幸太郎原作の映画『グラスホッパー』で若き殺し屋を演じた。

「今回の『卒業編』で映画3作目ですが、実質はまだ2作品です。それで、次に事務所が選んだ作品が人気漫画の『鋼の錬金術師』の実写化です。事務所はこの作品で、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を狙いたいようです」(同)

 漫画『鋼の錬金術師』は「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で01年8月号から10年7月号まで連載された人気作品。

「コミックスは累計6,000万部を売り上げ、アニメ化、映画化もされています。最終話が掲載された10年7月号は、通常の2割増しの発行部数でも完売し、9月号に再掲載されるという異例の事態となりました。それくらい人気の高い作品です。ただ、CGを駆使しないと表現できないようなシーンがあるため、監督には『ピンポン』などで知られ、CGに定評がある曽利文彦氏を起用したそうです。撮影は6月から8月くらいまで行われて、イタリアでの海外ロケもあるそうです」(出版関係者)

 現在、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞は岡田、二宮と2年連続でジャニーズが受賞している。

「今年も『海賊とよばれた男』に主演する岡田クンが獲得するんじゃないかっていわれています。『鋼の錬金術師』は来年の夏頃の公開予定なので、山田クンはジャニーズ4年連続受賞を目指して製作に入るようです」(前出の映画関係者)

 ベストジーニスト賞と同じように、“日本アカデミー賞といえばジャニーズの賞”と呼ばれる日も遠くなさそうだ。




[ 関連リンク ]


ページ上部へ戻る

悩殺グラビアすべて見る

Gカップグラドル森咲智美がハイレグ初体験! 心も体もムチムチに!?
“元祖土偶グラドル”水樹たまが大事な部分を……!?「何もつけていないんです!」
Fカップグラドル佐山彩香が水着で爆走!?「じろじろ見られて……」
「ポロリの連続で……」グラビアアイドル松嶋えいみが、“黒テープだけで”体を!?
”リアル峰不二子”Gカップグラドル染谷有香が汁を垂らして!?「いろんな体勢で……」
現役女子大生グラドル忍野さらのGカップが!?「だんだんとはだけて……」
「食い込んで大変でした!」グラドルさいとう雅子がシールだけで“大事なところ”を……!?
“ポロリ事件”のGカップグラドル西岡葉月の“下乳”がたまらん!「イヤラシイ感じになっています!」
「1ミリでもずれたら……」Gカップグラドル森下悠里の“下乳”がスゴイ!
152センチHカップ桃井はるかと、お風呂で“アレ”や“コレ”!?「フラフラでした!」
股下76cm! “超美脚”グラドル渡瀬茜がローションでテッカテカ!?
「1枚ずつ脱いでいって……」Gカップグラドル桐生美希の脱ぎっぷりが生々しくていい!
Hカップグラドル葉月あやのバストを“ヒモ”で……!?「ギリギリで危なかったです!」

CYZOトークすべて見る

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士
瓜田、チンコのデカさを見抜く!「ゲス川谷は強烈」「舛添都知事は神の領域」

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。