トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

人気連載

テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」

「失敗のない青春に価値はない!」日テレ版『時をかける少女』が描く、青春のトキメキ
写真

オススメ情報

『もののけ姫』の石火矢衆も…祇園祭でも活躍する、中世賎民が担った役目

かつての京都祇園祭では、中世賎民たちが重要な役割を果たしていたという。その役目とは?
写真

イチオシ企画

能年玲奈「のん」に改名で再始動

本名なのに「能年玲奈」を名乗れない!? 改名は吉と出るか、凶と出るか――
写真



 >  >  >   > JUMP山田で『鋼の錬金術師』実写化

[ 関連タグ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

yamadaryo0329

 Hey!Say!JUMP・山田涼介主演の映画『暗殺教室―卒業編―』が、25日に公開初日を迎えた。

「前作が山田クンの初主演映画でしたが、興収も28億円と大ヒットして、日本アカデミー賞で新人俳優賞を獲得しました。事務所はV6の岡田准一クン、嵐の二宮和也クンと同様の“映画俳優”路線を歩ませたいようです」(映画関係者)

 実際、その『暗殺教室』の後も、人気小説家・伊坂幸太郎原作の映画『グラスホッパー』で若き殺し屋を演じた。

「今回の『卒業編』で映画3作目ですが、実質はまだ2作品です。それで、次に事務所が選んだ作品が人気漫画の『鋼の錬金術師』の実写化です。事務所はこの作品で、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を狙いたいようです」(同)

 漫画『鋼の錬金術師』は「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で01年8月号から10年7月号まで連載された人気作品。

「コミックスは累計6,000万部を売り上げ、アニメ化、映画化もされています。最終話が掲載された10年7月号は、通常の2割増しの発行部数でも完売し、9月号に再掲載されるという異例の事態となりました。それくらい人気の高い作品です。ただ、CGを駆使しないと表現できないようなシーンがあるため、監督には『ピンポン』などで知られ、CGに定評がある曽利文彦氏を起用したそうです。撮影は6月から8月くらいまで行われて、イタリアでの海外ロケもあるそうです」(出版関係者)

 現在、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞は岡田、二宮と2年連続でジャニーズが受賞している。

「今年も『海賊とよばれた男』に主演する岡田クンが獲得するんじゃないかっていわれています。『鋼の錬金術師』は来年の夏頃の公開予定なので、山田クンはジャニーズ4年連続受賞を目指して製作に入るようです」(前出の映画関係者)

 ベストジーニスト賞と同じように、“日本アカデミー賞といえばジャニーズの賞”と呼ばれる日も遠くなさそうだ。




[ 関連リンク ]


ページ上部へ戻る

悩殺グラビアすべて見る

グラビアアイドル宮脇麻那が“Tバック”で誘惑!「かわいく甘えて……」
Eカップグラドル小島みゆ、女豹のコスで“ベッドシーン”で激しく……!?「セクシーにできたと思います!」
Iカップグラドル菜乃花が、ひたすら踊りまくる!? ポロリは「するよね~という感じです(笑)」
グラビアアイドル橋本梨菜のGカップが“はちきれる”!?「少しでも動くと……」
Eカップグラドル里々佳とベッドで“思い切り”……!?「セクシーに仕上がっていると思います!」
Dカップグラドル熊野はるか、ポロリしまくり!?「すごくきわどくて……」
元・人気レースクイーン春菜めぐみが“徹底的に攻められる”!?「脱がされちゃったりして……」
グラドル青山ひかるのIカップが揺れまくり!「パンツがチラリみたいなシーンが……」
国宝級ヒップグラドル安枝瞳の“アレ”がくっきり!?「死ぬほど恥ずかしくて……」
グラビアアイドル兎月りおの引退作は“3分の1が裸”!?「ギリギリの内容になっています!」
Gカップグラドル今野杏南の“拾われたい願望”!? ボロボロの衣装で、ポロリ!
恵比寿マスカッツ・石岡真衣が更衣室で襲われる!?「プールサイドでどんどん脱いでいって……」
Hカップグラドル白川未奈が“アレ”をむさぼり……!?「お尻も鍛え上げてます!」

CYZOトークすべて見る

次世代の天才憑依型芸人 ロバート秋山
「僕が一番クリエイターなのかもしれない……」

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。