イチオシ企画

超絶ラクな白髪ケア方法って!?

「いつから出てたの!?」白髪が分け目からヒョッコリ……+10歳の「老け印象」を救う!
写真

特集

上原多香子、3年越しで発覚したW不倫の代償

芸能界騒然! 夫の自殺の原因は、上原の不倫だった!? 
写真

人気連載

有村架純のすごいセックスって…

今週の注目記事1 「75歳まで働かされるニッポン」(「週刊ポスト」9/1号) 同・…
写真

ドラマレビュー

上原多香子が見るべきドラマ!

 登場人物が、けが人、病人、障がい者のオンパレードも、展開がぶっとんでるせいか「全く…
写真



 >   > 高畑裕太の強姦事件被害者が反論

takahata1014
YouTube「ANNnewsCH」より

 不起訴になった俳優・高畑裕太の強姦致傷事件が、泥仕合の様相となってきた。“無罪”扱いされた被害女性が10月14日発売の「週刊現代」(講談社)で反論。すると、これに高畑側が応戦する形のファックスをマスコミ各社に送り、騒動が蒸し返されている。

 8月の逮捕から17日後の9月9日、高畑が釈放されたのと同時に、代理人の渥美陽子氏、小佐々奨氏の弁護士2名が「悪質な事件ではなかった」「裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件」としたことについて、「週刊現代」で被害女性が反論。

「まるで私がウソをついたかのようなことが書かれていました。私が悪かったというのでしょうか。なぜ加害者のように扱われるのでしょうか」

 女性が異を唱えたのは、高畑側の弁護士が書いた「知り得た事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く」という部分。女性はこれに「一方的に『強姦ではなかった。合意があった』というような主張をしていますが、事実ではありません」と、あくまで強姦自体はあったとしている。

 これを受けて高畑の代理人は14日の午後、マスコミ各社に「週刊現代に掲載された記事について」としたファックスを送り「この点は誤解があります」と再反論。「高畑裕太さんにおいて、当時女性の拒否の意思を認識しておらず、合意があると思い込んでいた」と説明し、あくまで高畑側からの視点を述べたという見解を示した。

 ただ、女性の主張には「当方が把握している事実関係とは異なる点も多々あります」とも書いており「女性は高畑裕太さんの目つきが怖かったこと等を理由に大声を上げるといった抵抗はされなかったとお話しされていますが、この点も例えば『騒ぐと殺す』と脅迫する、口を押さえつけるといった男性側が当初から明らかに強姦であると認識している事例とは異なるものです」と“合意説”を改めて訴えた。

 つまりは示談はしたものの、レイプ自体があった、なかった、の争いとなっているわけだ。高畑側のファックスは末尾に「既に大きな社会的制裁を受けております。これ以上の過剰な報道は慎んで頂きますようお願い致します」とも書かれていたが、マスコミを通じての反論をしておいて、それは無理があるというもの。

 高畑は8月23日、撮影の仕事で群馬・前橋市内のホテルに宿泊した際、フロントの従業員女性に性的暴行をして右手首と指にケガを負わせた容疑で翌日、前橋署に逮捕された。その後、「週刊文春」(文藝春秋)では示談金が1,500万円であったことや、高畑の誘いに乗って女性がエレベーターに同乗、「舌が絡まり合うキス」をした際、激しい抵抗がなく、高畑が「僕はいける」と思ったとする話を報じたが、女性はこの報道も全面否定。「キスをしたなんて絶対にない。そもそも私はエレベーターに一緒に乗っていません」とした。

12


[ 関連リンク ]

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

ごめん、愛してる

TBS/日曜21:00~

TOKIO・長瀬智也で人気韓流ドラマをリメーク!

コード・ブルー

フジテレビ/月曜21:00~

山P主演「ドクターヘリ緊急救命」第3期!

僕たちがやりました

フジテレビ/火曜21:00~

人気青春逃亡コミックを窪田正孝で映像化!

カンナさーん!

TBS/火曜22:00~

渡辺直美がママチャリで大暴走!?

過保護のカホコ

日本テレビ/水曜22:00~

遊川和彦の新作は現代病「過保護」を描く!

黒革の手帖

テレビ朝日/木曜21時~

武井咲主演で超名作ドラマがリブート!

ハロー張りネズミ

TBS/金曜22:00~

瑛太が名探偵・七瀬五郎に!難事件続発

ウチの夫は仕事ができない

日本テレビ/土曜22:00~

錦戸亮主演の、ほっこりお仕事ホームドラマ

悩殺グラビアすべて見る

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。