イチオシ企画

キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を批評する不定期連載
写真

特集

キムタク次女Koki,華々デビューも前途多難?

話題沸騰中のKoki,、母・静香プロデュースの話題作りでアンチ急増か
写真

人気連載

瓜田純士の夫婦喧嘩が映画で解決!?

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38...…
写真

ドラマレビュー

『高嶺の花』千葉雄大“AV男優”化!?

 石原さとみ主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の第2話が7月18日に放送され、平...…
写真


 >  >   > ラブドールを輸入したら児ポで逮捕

日本から「ロリ系ダッチワイフ」を輸入したカナダ人男性、児童ポルノ所持容疑で裁判に!?

 カナダの51歳の男性が、日本からロリ系ダッチワイフを密輸したとして児童ポルノ所持容疑で2013年に逮捕、現在公判中であると、イギリスのタブロイド紙「デイリー・メール」が2月13日に伝えた。

 この男性はカナダ東部のニューファンドランド島に住む電気技師のケネス・ハリソン氏で、13年1月に日本からハリソン氏宛に送られてきた大きなダンボール箱の中に、女児の体形をした人形が入っていたことから、児童ポルノ所持容疑で逮捕されたのだという。

 この人形は身長130cmほどで、学校の制服が着せられ、下着の中の股間には女性器を模した穴が開いていたという。それに加えて潤滑液も添えられていたことから、ハリソン氏の特殊な性的欲求を満たすためのダッチワイフだと判断された。

 カナダには児童ポルノとそれに準ずる描写などに関する厳しい法律があり、そのため、女児体形をしたダッチワイフも規制の対象となり、これを輸入することは違法となっている。

 ちなみにハリソン氏は、児童ポルノにも禁制品にも当たらないと、無罪を主張している。

 カナダの児童ポルノ規制について、トロント市に住む日本人男性はこう話す。

12
こんな記事も読まれています
関連リンク

日本から「ロリ系ダッチワイフ」を輸入したカナダ人男性、児童ポルノ所持容疑で裁判に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

この世界の片隅に

TBS/日曜21:00~

アニメ超え? あの名作が日曜劇場に

この世界の片隅に

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

フジテレビ/月曜21:00~

Season3は上戸彩ナシで大丈夫!?

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

健康で文化的な最低限度の生活

フジテレビ/火曜21:00~

吉岡里帆が“新人公務員”になって大奮闘!

健康で文化的な最低限度の生活

義母と娘のブルース

TBS/火曜22:00~

綾瀬はるかが“母親”に就職する!?

義母と娘のブルース

高嶺の花

日本テレビ/水曜22:00~

“高嶺の花”石原さとみが峯田和幸と出会い…

高嶺の花

グッド・ドクター

フジテレビ/木曜22:00~

今期の山崎賢人は心優しい小児科医

グッド・ドクター