日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』  > “松居劇場”第二幕に船越サイドは戦々恐々!?
本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』

船越英一郎サイドは戦々恐々!? “松居一代劇場”第二幕は開くのか?

文=本多圭(ほんだ・けい)

船越英一郎サイドは戦々恐々!? 松居一代劇場第二幕は開くのか?の画像1
船越英一郎

 22歳年下で世界的なチョークアーテイストとしても知られる女優・歌手の松下萌子(39)との熱愛が発覚した俳優の船越英一郎(61)。“悪夢のドロ沼離婚劇“から5年が経過し、いよいよ再婚かと囁かれているが、ニューヨークに移住しているはずの前妻・松居一代が帰国していたことが判明し、松居を知る関係者は、「なにか起こらなければいいが……」と不安の色を隠せないようだ。

 「船越と松下の出会いは4年前。船越がレギュラーを務めていた『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)に松下がチョークアーティストとして出演したのがきっかけです。もっとも、本格交際が始まったのは、昨年の夏頃からのようですが、すでに松下は左手薬指にダイヤの指輪をしています。にもかかわらず、船越が再婚を口にしないのは、ニーヨークから突然、帰国していた前妻の松居一代の動向を恐れているから。彼女は、異常なほど嫉妬深いですからね」(離婚騒動を取材した女性誌記者)

 往年の映画スターだった故・船越英二氏の長男として生まれた船越は、父親と同じ役者の道に進んだが、英二さんは、2001年に芸能界を引退して以降、神奈川県・湯河原で旅館を経営していた。

「長男の英一郎は、旅館の跡継ぎになることを拒み、俳優の道に進みましたが、血は争えないもので、あっという間に頭角を現し、“2時間ドラマの帝王”と呼ばれるようになりました。そんな息子が父親の前に連れて来たのが、3歳年上でバツイチ子持ちの松居一代だった。英二さんは結婚に大反対し、結果、親子は絶縁状態になりました」(知人の映画関係者)

 父親の反対を押し切って結婚した2人は、2006年に『パートナーズ・オブ・イヤー』を受賞。仲良し夫婦としてお茶の間に知られるようになった。

 「ところが実際は、船越が松居の尻に下に敷かれていたんです。しかも、お掃除好きを公言し、掃除グッズ“マツイ棒”をヒットさせてブレイクした松居は、家庭では一切、掃除・洗濯をせず、外国人のお手伝いさん任せ。しかも、彼女たちをこき使うばかりか、虐待まがいの行為をしていると告発されたこともあった。その後、11年に船越が自宅近くにマンションを購入して別居状態になってからは、離婚の噂が流れ始めましたが、松居が噂を強く否定し続けていました」(前出の女性誌記者)

 15年には、松居が自身の出版記念記者会見の際、前月に亡くなった女優・川島なお美さんと船越がかつて不倫関係にあったことを暴露。“自分の本の宣伝に利用した”と、バッシングを浴びたうえ、ついに船越も離婚を切り出し、2017年2月には両者が離婚で合意した、と伝えられた。

 「ところが、松居は黙っていなかった。YouTubeで船越がバイアグラを使用していたことや不倫をしていたことなどを次々と暴露。いわゆる“松居劇場“を始めたのです」(ワイドショー関係者)

 離婚調停に入ってからも、「私は絶対、負けない」と豪語した松居は、自身のブログで“恐怖の告白”と題して自らの主張を訴えたり、YouTubeに「船越英一郎の裏の顔」と題した動画を投稿するなどして船越を挑発したが、結局、17年12月、離婚が成立した。

 「NHKの帯番組『ごごナマ』の司会を務めていた船越は、下手に反論して騒動を大きくする代わりに、離婚後の18年5月、松居の言動を封じるため、彼女を名誉毀損で刑事告訴しました。不起訴処分にはなりましたが、船越側の思惑通り、“松居劇場“は終焉しました」(スポーツ紙記者)

 その後、松居はニューヨークに移住。他方、船越は、昨夏から松下と本格的に交際をスタートさせた。

 「クリスマスも年末年始も一緒に過ごしていますし、松下は婚約指輪らしき指輪をしていますからね。再婚は秒読みだと思いますが……」(前同)

 そんななか、松居の突然の帰国が判明し、関係者は戦々恐々としているという。

「隔離期間中という松居は、滞在先のホテルから連日のように待遇についての不満をブログに綴っています。そのうち、船越をターゲットにするのではないかと、関係者は不安の色を隠せないようです」(前出の女性誌記者)

 悪夢の再来となるのか? 船越が松下との再婚にこぎつけるためには、松居というトラウマを払拭しなければならないようだ。

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴40年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。主な著書に『 スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』など。

サイト:記事一覧

最終更新:2022/01/18 11:24

船越英一郎サイドは戦々恐々!? “松居一代劇場”第二幕は開くのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

源頼朝の命を助けたかったのは後白河法皇?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

DDTレスラー4人衆のサウナ愛

「ととの・う」―1 必要なものがすべてそろう。「材料が—・う」「準備が—・う」2 き...
写真