日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ぶって姫告白本発売! 自粛された過激内容の“中身”

ぶって姫告白本発売! 自粛された過激内容の“中身”

ピンクのマーカーを手に、ノリノリでサインする姫井氏

 昨日(1月10日)、民主党の“ぶってぶって姫”こと姫井由美子参院議員が、丸の内の「丸善」2階スペースにて『姫の告白』(双葉社)と題した暴露本(?)の出版記念サイン会を行った。

20080111_himei.jpg『姫の告白』(姫井由美子/双葉社)
¥1,200(税抜)

 現場に駆けつけたところ、溢れんばかりの長蛇の列にびっくり。アイドルの握手会かと見紛うほどの盛況ぶりで、報道スペースには100名以上の記者・カメラマンがつめかけ、あまりの人数に急遽、2交代制での撮影・取材が行われたほどだった。

 姫井議員は、黒地にピンクで「姫」と書かれたTシャツを着て、終始ご機嫌のご様子。笑顔で報道陣やファンたち(ご年輩の男性が多かった)に応える様は、こなれたタレントのようだった。

 ところでこの本、事前の発表の時点からかなり話題を集めており、例の不倫騒動の真相や党内部の暴露話、果ては姫井氏自身のヌードまで掲載されるのではないかと、様々な噂が飛び交っていた。地元・岡山の県連からは、「もし出版したら離党勧告だ」などという厳しい声も上がっていたとか。また、自称・岡山県民から脅迫の電話がかかってきたり、2ちゃんねるにサイン会襲撃のスレが立つなどしたため、当日は私服警官や警備員を配置しての厳戒態勢となった。

 実際は、事前に大幅な内容修正が行われたためか、騒動にはならなかったが、それにしても気になるのはその削られた中身だ。

「さすがにヌードはありませんでしたが、パジャマ姿でボタンを外したものや、ベッドでのセクシーカット、水着姿などの写真を掲載予定でした、全部ボツになりましたが(苦笑)。 まだ出版元は決まっていませんが、姫井さんの自称・元不倫相手の男性が暴露本を出す話が出ているようなので、そっちなら写真もいろいろ出てくるかもしれませんね」(双葉社関係者)

 先日の記事でもお伝えした通り、熟女ファンから圧倒的な人気を誇る姫井氏。ファンの皆さんはそちらに期待されたい。ところで、肝心の売り上げは?

「初版1万5000部で、その後すぐに1万部足して現在2万5000部出ているのですが、7日時点で5~6割がすでにハケており、地元・岡山の書店では売り上げ1位になっています。年末は不調で心配していたのですが、年明けから注文が殺到しており、とりあえず一安心ですね」(同上)
 
 姫の政治家としての今後はともかく、出版としてはまずまずの成功となりそうだ。

 ところで、この日筆者は編集長より「実際に姫をぶってみて、感想を聞いてくる」という重要なミッションを授かっていたのだが、屈強な警備員たちと周りを取り囲む報道陣にびびって、成し遂げることができなかった。次回のリベンジに期待されたい。
(編集部)

【関連記事】 新世代のセックスシンボル!? “ぶってぶって姫”の魅力に迫る

最終更新:2008/01/16 20:53
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed