日刊サイゾー トップ > スポーツ > 格闘技  > 前田日明の新たなる野望(前編) 不良を集めた格闘技大会開催!

前田日明の新たなる野望(前編) 不良を集めた格闘技大会開催!

20080212_maeda1.jpg

 日本中の喧嘩自慢、肝の据わったアウトロー、俺のところに集まれや!

 「格闘王」前田日明がとんでもない格闘技イベントを開催する。全国から腕に覚えのある不良たちを集めて、いきなりリングに上げて試合をさせてしまおうという総合格闘技のアマチュア大会。その名も『THE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)』だ。

 開催日は3月30日(ディファ有明)。出場資格は16~35歳でプロの試合経験が3試合以下の者。まったく格闘技経験がなくてもOKだ。新日本プロレスからUWFを経て、リングスを設立し、現在はHERO’Sのスーパーバイザー。日本に総合格闘技の礎を築いた前田が、この大会で目指すものとは? たっぷりと話を聞いた。

――まずは、『THE OUTSIDER』(以下、アウトサイダー)のテーマを教えてください。

前田 青少年の育成ですよ。

――は? どういうことでしょう。

前田 日本てね、機会が均等じゃないんですよ。海外には、どうしようもない不良や一度道を踏み外してしまったヤツでも、ファイターとして更生している選手がいっぱいいる。日本は皆無でしょ。儒教的な社会道徳が根底にあるからか、”傷もん””汚れもん”にはチャンスがないのが現実なんだ。

――なるほど。世の中から不良のレッテルを貼られてしまった連中に、格闘技という更生の道を与えようというわけですね。

前田 今の日本は社会の大人全体が、子どもを育てる忍耐力がないんだ。やれ18歳で成人させるとか、14歳から刑務所に入れるなんて、子どもと向き合うことから逃げているとしか思えない。昔は親も教師もうるさいぐらいに子どもにつきまとって、身体を張って分からせた。それが教育・育成なんですよ。本当は。

――大人の怠慢で不良になってしまったヤツらを導くのも、大人の責任だと。

前田 不良だけじゃなく、イジメ、ひきこもり、ニート、大人が自分のことしか考えていないから、子どもたちは路頭に迷っている。だからといって俺は政治家じゃないし、全員を救うことはできないんだけど、格闘技の素質があるのに舞台に立つ方法を知らないヤツ、どんな過去があってもリング上の闘いで身を立てたいと思っているヤツには、力を貸してやろうと思ったんですよ。

――ただ、現役の不良が出場すれば、もれなく仲間もついてくるでしょうから、リング以上に会場がやばい雰囲気になるんじゃないですか? 乱闘とか、暴動とか……。

前田 アウトサイダーをやるヒントにもなった「天下一武闘会」って大会があってさ。北九州の不良が一堂に会するって感じなんだけど、試合も客席もきちんとルールを守るんだよ。もともと不良って仲間内の秩序は絶対だし、納得すれば礼儀正しいからね。

――その「天下一武闘会」の試合はどんな感じなんですか?

前田 おもしろい! プロじゃできない試合というか。突進、ぶん回し、スタミナ切れ、ボコボコ、一発大逆転……。軍鶏の喧嘩みたいだけど、それがある意味、格闘技の原点だと思うし。で、選手がみんな素直で純粋なんだ。勝てば「どないや! 俺のパンチすごいやろ」って見得を切って喜ぶし、負けたら泣いて悔しがる。今の世の中、そういうのがないじゃないですか。心に響くんだよ。

――ストレートなんですね。闘い方も、感情の出し方も。

前田 しかも、不良の世界でトップを取るヤツらって、リングに立ったときの存在感が違うんだ。華がある。カリスマを持ってるヤツが多い。なんか、こう人を惹きつけるわけ。

――それはプロ向きなんじゃないですか。

前田 そう。プロの格闘家を育てるときに困るのは、強いんだけど華のない選手。それだけは指導者がいくら頑張っても教えることができないんだ。持って生まれたもの、もしくはリングに上がる前にどういう生き方をしてきたかで培われるものなんでね。

――ということは、アウトサイダーにはプロ選手の発掘という側面もあるんですね。

前田 もちろん。不良を集めてストレス発散に喧嘩させるわけじゃない(笑)。これからの格闘技界を引っ張っていくような選手を見つけたい。可能性は大きいと思うんだ。

――目に留まった選手は、前田さんが面倒を見るということですか?

前田 才能のあるヤツにはどんどんチャンスを与えますよ。マンツーマンで技術的な指導もするし、プロとしてHERO’Sや再旗揚げするリングスに上げることもできる。日本では和彫りの刺青が入っているとテレビに映れないから、プロとして活躍するのは難しいんだけど、そういうヤツは海外にプロモートしてやればいい。母国では試合できない刺青日本人ファイターが外国で大活躍するのも、おもしろいじゃないですか。

――不良と呼ばれる青少年たちの更生と華のあるプロ格闘家の発掘・育成が、アウトサイダーの2本立て構想のようですね。
中編に続く/構成・山崎 淳、写真・伊丹豪)

※参戦者・観戦者募集中!
ぜひ、自分も「THE OUTSIDER」に参加したいという腕に自信のある人
ぜひ、「THE OUTSIDER」の試合を生で観戦したいという人
詳細は、リングス公式ホームページ

最終更新:2013/02/12 11:33
こんな記事も読まれています

前田日明の新たなる野望(前編) 不良を集めた格闘技大会開催!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

「ルネッサ~ンス」で一世を風靡した……という書かれ方もうんざりするほど経験しているで...…
写真