日刊サイゾー トップ > 芸能  > エコ活動に没頭する小沢健二の“真意”とは?(前編)

エコ活動に没頭する小沢健二の“真意”とは?(前編)

20080325_ozaken1.jpgオザケンのインタビューが掲載された
「ROCKIN’ON JAPAN」94年4月号

 1990年代、「渋谷系の王子様」として一世を風靡したオザケンこと小沢健二が、「アンチグローバリズム」を標榜するエコロジスト活動を行っているという。「カローラⅡにのって~買い物に出かけよう~♪」(「カローラⅡにのって」、95年)と歌っていた彼が、今では「車社会って本当に効率がいいのかな? ロバを飼う方が、本当の進んだテクノロジーじゃないのかな?」(日本社会臨床学会刊「社会臨床雑誌 第14巻第3号」掲載の論文「企業的な社会、セラピー的な社会」より)と、資本主義がもたらす自然破壊について警鐘を鳴らしているのだ。


「94年に『ラブリー』『愛し愛されて生きるのさ』などでブレイクした彼ですが、98年からは目立った活動もなくなり、世間的には消えた存在となっているのが現状です。05年10月に、父親であるドイツ文学者・小澤俊夫氏責任編集の季刊誌「子どもと昔話」で、小説『うさぎ!』の連載を開始、文筆家としてひっそりと復帰しましたが、あまり知られていません」(レコード会社関係者)

 この『うさぎ!』では、資本主義や多国籍企業、拝金主義のことなどを総称し、「灰色」と呼んでいる。「お金の塊を、どんどん大きくすることだけが、灰色の考えていることでした」(『うさぎ! 第1話』)と、「灰色」が世界に与えている危険性が、寓話の形で表現されているのだ。

「最初は驚きました。都会っ子の申し子のような存在だったオザケンが、真逆のことを言いだしたように見えたので……。世界的指揮者の小澤征爾を叔父に持つなどエリート一族に生まれた彼が貧困の問題を語るのにも、しっくりこなくって。あまりの“路線転向”に違和感を覚える元ファンも多く、なんだか、今のオザケンのことを語ること自体が、タブーというか、避けられてる感じもありますね」(熱心なオザケンファン)

 戸惑いを覚えるファンも少なくない中、『うさぎ!』の連載は続き、昨年11月、“事件”は起こる。オザケンが、写真家・エリザベス・コールという女性と共に、「映画『おばさんたちが案内する未来の世界』を見る集い」なる自主製作映画の上映会を主催、日本各地を行脚することとなったのだ。このイベント、多くても収容人数200名程度の公共施設などで行われ、驚くほど客との距離も近かったという。上映は、ラテンアメリカでの民衆の生活をとらえた映像に2人が口頭で説明を付け加えたり、ロンロコなるウクレレ風の民族楽器をオザケンが演奏し、音楽をかぶせていく、というスタイル。
(岡沢宏志/後編に続く

【関連記事】 EXILE・ATSUSHIも巻き込んだ詐欺映画『純愛』の手口
【関連記事】 倖田「エロかわ」失速で、安室再ブレイクか !?
【関連記事】 ケミストリー川畑が結婚! で……あの元カノはどうなった?

最終更新:2008/05/21 22:34

エコ活動に没頭する小沢健二の“真意”とは?(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真