日刊サイゾー トップ > 芸能  > 夏目ナナが学ぶ! AVとゲーム業界の意外な共通点とは?

夏目ナナが学ぶ! AVとゲーム業界の意外な共通点とは?

20080415_natsume.jpg豹柄ジャケットに金髪……出で立ちからして風雲児!

 これは、AV女優を卒業し、タレントへと転身した夏目ナナが、各界の“巨匠”に芸能界旅立ちのためのレッスンを受ける対談コーナーである。

【今月の講師】 ゲーム界の風雲児・名越稔洋(ゲームクリエイター)

夏目 名越さんって、もともとゲームをやるほうやったんですか?

名越 全然。超ライトユーザーだったんですよ。ファミコンでスーパーマリオを一応最後までやりました、という程度で。

夏目 それが、なんでゲーム会社に入ることに?

名越 就職先がなかったんです。当時、大学の映画学科にいたんだけど、今から20年前って映画業界が一番ダメなときで、採用募集がほとんどなくて、先輩たちも、テレビのADになったりAV業界に行ったり。その中で、たまたまひとつ上の先輩がセガにいて、声をかけてくれた。今思うと、その人はすごく先見の明がありましたね。「これからは、ハードウェアも良くなってゲームの画面も良くなっていくから、ゲーム業界でも、演出をするとか、“見せる”才能を持った人間が活躍する時代がいずれ来る」という話をされて、具体的にイメージできなかったけど、それはなんとなく夢がある話だなあと。

夏目 実際入ってどうでした?

名越 死ぬほど苦労しましたね。ワケがわからなくて、1年目なんか、ホントにデタラメでした。

夏目 いつも一緒に仕事しているって、みんなゲームが大好きな人ばっかりですよね?

名越 大好きで、それをやるために頑張ってきた人たちだから、気合が入ってましたね。だから、オタクだけどカッコよかったです、みんな。

夏目 全然ブレがないんや(笑)。

名越 スゲェと思った。昔のオタクは気合いが違いましたよ。それに見合っただけの技術とか、「俺はこれ」という職人的な自信を持ってる人が多かったから。でも、ゲーム好きで入った人って、ゲームの考え方でゲームを作ろうとするけど、俺はそれがないから、基本的な発想が違う。そういう意味で、周りから見れば、「コイツ、面白いじゃん」みたいなことはあったんじゃないですか。

夏目 ひとりだけ違うのがよかったんや(笑)。

名越 そうですね。最初はすべてを懸けるほど肚は決まってなかったし、正直言うと腰掛け的に入ったんです。だけど、やってみれば面白いし、仕事って一生懸命やったらやった分だけ返ってくる。それでやり続けていくうちに、部下もできるし、責任も出てくるでしょ。それで、気がついたら自分の後ろについてきたもののデカさにビックリ、みたいな感じで。そうすると、「いつ辞めよう」より「次はどうしよう」ということで押し流されて、この4月で20年目です(笑)。

夏目 20年! 名越さんって体育会的なイメージが強いけど、働き方も体育会系なんですか?

名越 そうですね。ゲーム業界って、「頭を働かせる」ことと「体を使って汗かく」ことが両立しない部分があって不健康な業界だなと思ったので、とりあえず、「もっと気合い入れて、一生懸命働こうよ」みたいな(笑)。情報産業的なスマートさとは逆のものをこの世界に持ち込んだのは、自分が最初だとは思います。たとえば、目の前にいる人間相手に直接話さずにメールしてるヤツがいたら、俺は、「それは違う」と言うし。人として正しいことをやろうよ、みたいな考えは、ゲーム業界にとってはずいぶんと体育会系だったんでしょうね。

夏目 特にゲーム業界に対して、今でも気に食わんと思うとこは?

名越 働いてる本人が、「どうせゲームだし」「確かにゲームだもんね、俺らは」みたいなこと言ってるの見ると、「なんでそんなに卑屈になるのか?」って思います。

夏目 それわかる! 私がいたAVの世界でも、「どうせAV女優だから」って人がいるんですよ。私は、その「どうせ」の意味がわからん。自分で飛び込んだ世界やのに、自分に誇りを持てないってのが、もう許せへんのよ。ゲームでも、そういう子っておるんや。
(この続きは、「サイゾー」5月号で!)

夏目ナナ(なつめ・なな)
1980年、大阪府生まれ。テレビレポーターなどを経て、04年、AVデビューし、累計出荷数100万本以上という金字塔を打ち立てる。昨年8月、「AV女優引退」を宣言し、女優・タレントとして大いに活躍中。オフィシャルサイト

名越稔洋(なごし・としひろ)
(株)セガ R&Dクリエイティブオフィサー。1965年、山口県生まれ。東京造形大学映画学科卒業後、89年、セガに入社。『デイトナUSA』『スーパーモンキーボール』『龍が如く』など、多くのゲームをプロデュース。ワイルドな風貌と発言でも注目を集める、ゲーム界の風雲児。

龍が如く 見参!

超人気シリーズの最新作が登場

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

0805hyoushi.jpg

サイゾー 2008年 05月号

「崩壊寸前!? ジャニーズ大追及」

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

【関連記事】 「名越稔洋×佐藤江梨子」異色クリエイティブ対談
【関連記事】 AV引退の夏目ナナにアントニオ猪木が喝っ!!
【関連記事】 “元芸能人”AV嬢 今だから話せる、芸能界マル秘話

最終更新:2008/05/21 22:34

夏目ナナが学ぶ! AVとゲーム業界の意外な共通点とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真