日刊サイゾー トップ > 芸能  > なぜ今Wink!? 『淋しい熱帯魚』カバーが続々リリースのワケ
テトラプルトラップ川島蹴太インタビュー

なぜ今Wink!? 『淋しい熱帯魚』カバーが続々リリースのワケ

tetramain.jpg渋谷系 meets Wink はどんなサウンドに?

 突然ですが、あなたはWinkのヒット曲『淋しい熱帯魚』を覚えていますか? 人形のように無表情な2人が歌う「Heart on wave~♪」というサビのメロディーが、頭に焼き付いて離れないという人も多いのではないでしょうか。

 実は今、この曲のカバーソングが3タイトルも相次いでリリースされ、ちょっとした話題を呼んでいるんです。

 今年10月8日にアニメ『テニスの王子様』のキャラクター・手塚国光&真田弦一郎名義で『淋しい熱帯魚』(T.Y.Entertainment)がリリースされたのを皮切りに、10月29日にはマンガ『ロザリオとバンパイア』から生まれた企画盤『ロザリオとバンパイアCAPU2 キャラクターソング4』(キングレコード)でも同曲がカバーされています。

 そして11月5日には、フリッパーズ・ギターの再来と騒がれている渋谷系バンド「テトラプルトラップ」も新譜『淋しい熱帯魚/NANA』(新熊猫音盤/タワーレコード限定発売)で、同曲をカバーしていたのです。なんと、わずか1カ月の間に『淋しい熱帯魚』のカバー曲が立て続けに3曲もリリースされる、という事態が起こっています。

 それにしても、なぜ今『淋しい熱帯魚』なのでしょうか?

 その秘密を探るべく、カバーを出しているアーティストの1人であるテトラプルトラップの川島蹴太氏を直撃してみることにしました。ちなみに川島氏は現在、中国・上海を拠点に音楽活動を行っており、今回は新曲プロモーションのために来日を果たしていました。

 川島さんが『淋しい熱帯魚』をカバーしようと思ったきっかけは何だったんですか?

tetrasub.jpg「中国人の友人の家にいるときに、何気なくYouTubeで昔のJ-POPの映像を見ていたんですよ。そうしたら、Winkの『淋しい熱帯魚』が流れ始めたときに『これは中国の曲なのに、なんで日本人が歌っているんだ?』って言われたんです。それで『エッ!?』と思って。話を聞いてみたら、そこの家族全員が知っているくらい、中国では有名な曲だということがわかったんです。台湾で昔とても人気があった『小虎隊』っていう男性3人組のアイドルグループがいて。その人たちが『淋しい熱帯魚』の中国語版カバーを出していたんですね。ただ、どうやら中国ではこの曲が日本の楽曲のカバーであることは伝わってなくて、完全に中国の楽曲であると思われている感じだったんです。最初はそんな経緯からこの曲に興味を持ったんです」

 それにしても、なぜ今この曲のカバーがブームになっているのでしょうか?

「それはたぶん、Winkの持つ魅力でしょうね。Winkって、今振り返ってみるとPerfumeと重なるところがいくつもあると思うんですよ。特に、無表情で歌って踊るアイドルユニットで音楽性も高い、というところが共通している。Winkの方も、あの時代に例えばカイリー・ミノーグなどの洋楽を積極的にカバーしていたりして、当時としては音楽的にも評価が高かったはずなんです」

 WinkとPerfumeが似ているとは、意外ですね!

「あと、アイドル氷河期から出てきて唯一ブレイクした存在である、っていうのも重なるところがあります。Perfumeがブレイクしている今だからこそWinkが再評価されている、という流れがあるような気がしますね」

 ちなみに川島さんは、Winkに対しては「渋谷系」としての個人的な思い入れもあるのだとか。

「そうそう。Winkを手がけていたレコード会社のポリスターって、フリッパーズ・ギターを初めとする渋谷系の黄金時代を築いたすばらしい会社なんですよ。ポリスターは、Winkがヒットして儲かったお金を使って、フリッパーズの海外でのレコーディングやPV撮影をしていた、っていう経緯もあるくらいで。Winkがいなければフリッパーズもなかったのでは、とも言われているんです。そういう意味で、僕が今『淋しい熱帯魚』をカバーするというのは、渋谷系を代表してWinkに恩返しをする、という意味合いもあるんですよね。まあ、向こうにしてみたら余計なお世話だとは思うんですが(笑)」

 最後に、川島さんの今後の活動予定について教えてください。

「今、中国出身の女の子をプロデュースする計画を準備中です。この子に『上海は夜の6時』っていう曲を歌ってもらおうと思っているんです。東京と上海との時差がちょうど1時間ということで。僕自身は中国に住みながら、遠隔操作で日本にいる中国人アイドルをプロデュースする、っていうのが面白いんじゃないかな、と。そういう形で日中文化交流の新しい歴史を作っていきたいですね」

 Winkのカバーでアイドルソングの魅力に目覚めた川島氏が、次に手がける中国人アイドルのプロデュースとはどんなものになるのか? 気になるところです。
(取材/ラリー遠田)

少年サーフライダー

名曲。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「腹くくった」Aira Mitsukiが見つめるテクノポップな未来
【関連記事】 デビュー曲「鼻毛ボー」引っさげ新世代のディーヴァ誕生!
【関連記事】 アニソンをバックに舞い踊る!? ゴスロリ小学生ユニット登場

最終更新:2008/11/14 11:00

なぜ今Wink!? 『淋しい熱帯魚』カバーが続々リリースのワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

『イカゲーム』密輸で銃殺の衝撃!

 NetFlixで配信され大ヒット中の韓国ド...…
写真
インタビュー

原田龍二が瓜田純士にラブコール!

はみだし者、という意味を持つ“アウトロー”。道なき道を行く彼らは、いつも孤独とともにあ...
写真