日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 森進一に重鎮の怒り静まらず…「おふくろさん」は歌わせない!

森進一に重鎮の怒り静まらず…「おふくろさん」は歌わせない!

 作詞家の故・川内康範さんの怒りを買い、「おふくろさん」を歌えない状態が続いていた森進一。10月末になって、川内氏の遺族が森と和解し、”「おふくろさん」解禁”との報道が流れたが、実際には森の前途は多難。森が置かれている状況は、依然芳しくない。

 森は79年に、ナベプロを独立し、一時芸能界を干されていた。そこに救いの手を差し伸べたのが、川内氏と老舗芸能プロGの会長だった。ところが、3年前に森昌子(ホリプロ所属)と離婚した際、森のDVが明らかになり、同会長は激怒。さらに、森が裏で昌子のバッシング情報をメディアに流していたことで、同プロ創設者である堀威夫氏も森を軽蔑。そして、改変問題が勃発。このとき森が、「おふくろさん」は自分のものといった発言をしたり、改変歌詞を歌い始めた頃に所属していたナベプロの責任だという態度を取ったことで、重鎮たちからさらなる顰蹙を買った。そうした影響もあり、近年はNHK以外の局の主要音楽番組には出られない状態が続いている。

「さらに川内先生の相談役だった演歌系に強い大手芸能プロオーナーも、先生の遺志を継いで『森には「おふくろさん」を歌わせない』と断言しています。先生の相談役は3人いたのですが、全員がNHKに対して、強い影響力を持っています。『おふくろさん』を紅白で歌わせないどころか、NHKが重鎮たちに配慮して、森を落選させる可能性もある」(芸能プロ関係者)

 さらに音楽関係者から、同曲を氷川きよしが歌うという説も聞かれた。

「川内氏の相談役だった芸能プロオーナーがかわいがっているのが氷川きよし。彼は昨年秋の川内氏の作家活動55周年を祝うショーにも、ノーギャラで出演している。『おふくろさん』を歌い継がせるには、人気、実力とも資格ありですからね。遺族も、新たに多額の印税が発生するので歓迎でしょう」

 ”森包囲網”を打破するのは、森の誠意次第といえるだろう。
(今上明/「サイゾー」12月号より)

おふくろさん

おふくろさんよ~♪

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「堂々と勝負したるわ!」番長・清原和博が六本木で大暴れ!
【関連記事】 小室哲哉被告の妻KEIKOの浪費家ぶりに非難の声
【関連記事】 SMAP中居正広の過剰な映画キャンペーンにファン激怒中!?

最終更新:2008/12/01 13:09
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed