日刊サイゾー トップ > 芸能  > “もう1人のglobe”マーク・パンサーの裏事業と金銭トラブル

“もう1人のglobe”マーク・パンサーの裏事業と金銭トラブル

marcblog.jpg「マーク・パンサーの健康ブログ」より

 5億円の詐欺容疑で逮捕された小室哲哉の保釈金3000万円を工面するため、妻KEIKOが東奔西走していたころ、”もう1人のglobe”であるマーク・パンサーは石垣島に保有していた約1000坪の自宅などを売却し「不動産長者」になっていたことが、12月11日号の「女性セブン」で伝えられた。

 だが、今度はそんなマークにも金銭トラブルが勃発しそうだという。

「マークはglobeの活動休止中に健康食品を扱う事業を展開していたのですが、この商売の共同事業主から、未払い金3000万円近くがあると返還請求を起こされているというんですよ」(音楽関係者)

 マークは昨年、果物ジュースを取り扱う販売会社の副社長に就任していたが、就任直後からこの会社には「マルチ商法では?」という疑惑が持ち上がっていた。これに対しマークはHP上で「(マルチとは)違うよ。全然違うよ。」などと否定していたが、この一件でマークのイメージは急落。各テレビ局からも実質的に”干された”状態となっていた。

 その後マークはこの会社の副社長を辞任、globeの活動再開に向けて準備を進めていたが、今回の小室の逮捕で新曲のリリースも中止になってしまった。

「マークはこれまで共同事業主に『お金がない』と言って返済を延ばしてもらっていたんですよ。ところが今回の女性週刊誌の報道で、マークが最近5000万円の不動産売却益を得ていたことが明らかになってしまった。これを知った共同事業主が激怒して、ついに強硬姿勢に出たようですね。このままマークが未払い金を返還しなければ、刑事と民事の両方で訴えられることになりそうですよ」(前出)

 栄華を極めた小室ファミリーの中でも代表格であったglobe……こんな未来を誰が予想できたであろうか。

Can’t Stop Fallin’ in Love [Single]

そろそろ季節もキツくなーる。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「それでも妻には高級酒」女と金に翻弄された小室哲哉の転落人生
【関連記事】 小室哲哉被告の妻KEIKOの浪費家ぶりに非難の声
【関連記事】 『999訴訟』松本零士と和解した槇原敬之の影に謎の占い師

最終更新:2008/12/04 11:00
こんな記事も読まれています

“もう1人のglobe”マーク・パンサーの裏事業と金銭トラブルのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...
写真