日刊サイゾー トップ > 社会  > 「週刊新潮」に登場した赤報隊実行犯”島村”の真偽
"噂の女"神林広恵のナイショの一説 Vol.02

「週刊新潮」に登場した赤報隊実行犯”島村”の真偽

shinchosekihotai.jpg島村の独占手記を掲載した『週刊新潮』の中吊り

伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ギョーカイの内部情報を拾い上げ、磨きをかけた秘話&提言。

 「週刊新潮」で赤報隊事件の実行犯を名乗る男が実名手記を掲載、これに関しマスコミ業界が仰天している。

 赤報隊事件とは87年から90年にかけて、朝日新聞や中曽根康弘、竹下登などを標的にしたテロ事件。特に87年、朝日新聞阪神支局に男が襲撃、銃弾を受けた小尻記者(当時25歳)が死亡した事件は言論機関を狙ったテロ事件として世間を震撼させた。これら一連の事件に対し、「赤報隊」を名乗る犯行声明が出されたが、02年には時効が成立している。

 その実行犯を名乗る人物の実名手記──。これは超ド級のスクープだ。

 しかし、この手記の真偽に関し、マスコミでは様々な声が上がっている。

「この島村と名乗る実行犯は、過去多くの新聞やテレビ、ジャーナリストなどに接触しているんです。その都度、裏づけ取材を行ったが確証は得られず、また証言もぶれた。そのため、新潮の記事以前は公になっていなかった」(事件に詳しいジャーナリスト)

 この人物については、警察庁も既に捜査済みだという情報もある。

 さらに、当事者である朝日新聞も「客観的事実と明らかに異なる点が多数ある」と指摘、この事件を追ったことのあるジャーリストの有田芳生氏も自身のブログで「秘密の暴露がいまのところない」などと疑問を呈している。

 過去、赤報隊の犯人を名乗る人物は何人もいた。

「未解決事件が時効を迎えた後、犯人だと告白をする人物が現れるのは、この事件に限ったことではない。3億円事件などでも、眉唾の告白者が何人もいた」(前出ジャーナリスト)

 さらにこんな証言をする関係者もいる。

「『新潮』の記事中、実行犯に犯行を依頼したある人物が『公的機関に所属する』とあるのですが、その公的機関とはCIAだという情報を入手した。そのため、新潮社の幹部に当てたところ、知らなかったらしく腰を抜かさんばかりに驚いていました」

 大スクープか世紀の大誤報か。今後どうなるのか、要注目だ。
(神林広恵)

噂の女 (幻冬舎アウトロー文庫)

『噂の眞相』名物デスクの衝撃告白

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 フジテレビ『印税スター誕生』の横暴に出版業界が大激怒!?
【関連記事】 泰葉が暴露本出版へ!? 緊急会見の裏にアノ敏腕編集者の影
【関連記事】 自費系出版社「新風舎」倒産 放漫経営を物語る内部資料の存在

最終更新:2013/10/18 15:57
こんな記事も読まれています

「週刊新潮」に登場した赤報隊実行犯”島村”の真偽のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

瓜田純士がアンチにマジ切れ!?

 “キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が愛妻と共に、2作目のミュージックビ...
写真