日刊サイゾー トップ > 社会  > 「とんだリストラ策!?」”地方切り”を進める朝日新聞の赤字不況ぶり
【由利太郎のディープインサイド】vol.06

「とんだリストラ策!?」”地方切り”を進める朝日新聞の赤字不況ぶり

asahishinbunshaoku.jpg築地の朝日新聞東京本社新館

「世界同時大不況」の嵐が日本でも吹き荒れるなか、大手企業の相次ぐ派遣切りや内定取り消し、正社員のリストラ事情などを日々、新聞が生々しく伝えている。だが、その新聞メディア自身が、この不況のあおりでさまざまな経営見直し策を迫られている。

 たとえば、高学歴、高収入で知られる朝日新聞。その取材費も他社の追随を許さないほどふんだんに使えると羨ましがられたものだが、先ごろ赤字転落が明らかになり、社内で経費削減策を練った結果、2月から取材用の「タクシーチケット」が廃止になったという。

「本社記者はハイヤーを使い放題だが、地方の職場ではタクシーチケットをもらって朝駆け、夜回りをするのが常。チケットも、いったんもらってしまえば乗り放題。ところが、チケットを廃止して現金払いにし、後から領収書清算する方式に変わった。いつも5万円、10万円と現金を所持していないといけないし、経理のチェックも厳しくなるので自ずと倹約効果が現れると思われているようです」(朝日の地方記者)

 こんな末端の経費チェックばかりしても経営が持ち直すとは思えないが、実は、これは氷山の一角。朝日社内でとんだリストラ策が検討されているという。

「うちは『県版』をつくるため、都道府県の県庁所在地にデスクを最低一人ずつ配置しているんですが、これも廃止します。そして中国地方とか四国地方といった各ブロックごとの拠点だけにデスクを置いて、なんとか『県版』を維持できないかと構想しているようですね。でも、こんなリストラって、アリですかね。職場からデスクがいなくなれば、若い記者だけが集う少年探偵団みたいな職場になってしまうと思うのですが。そもそも現場を上がった管理職連中の中には、年収2000万円近い人もいるらしいですからね。手を入れるなら、まずここでしょう」(前同)

 朝日の赤字転落は首脳陣にとってもショックだったようで、全国4カ所にある本社体制を見直し、東京と大阪に本社機能を集約する腹案も抱いているという。

「大手新聞社が全国展開をやりすぎたせいでしょう。本社集約の流れができてくれば、経営力のない毎日新聞なども集約になだれ込み、名古屋や九州から撤退することもありうるでしょうね」(地方新聞社幹部)

 生き残りをかけた新聞業界のサバイバルはいったいどうなっていくのか、今後の展開も順次お伝えしてつもりだ。
(由利太郎)

朝日新聞のトンデモ読者投稿

笑えるものから笑えないものまで。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 社説まで間違えた!? 大誤報連発の毎日新聞は大丈夫か
【関連記事】 読売新聞がジャーナリストを”言いがかり”で言論封殺
【関連記事】 読売・朝日・日経連合が本気で毎日新聞潰しに!

最終更新:2009/02/14 11:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「とんだリストラ策!?」”地方切り”を進める朝日新聞の赤字不況ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...…
写真