日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「格闘技を通じてアニメを広めたい」長島☆自演乙☆雄一郎の再始動
【独占インタビュー】

「格闘技を通じてアニメを広めたい」長島☆自演乙☆雄一郎の再始動

jiennotsu013.jpg写真=長谷英史

 2008年、長島☆自演乙☆雄一郎は彗星のようにメディアの表舞台に登場した。初音ミクや涼宮ハルヒをはじめとしたド派手なコスプレ姿で注目を集め、自ら「2ちゃんねらー」「アニメオタク」を自称するキックボクサーは、一躍”時の人”となった。

 当初はその奇抜な入場スタイルばかりが話題になった自演乙も、同年NJKF王座を獲得し、今年2月の「K-1 WORLD MAX 2009」で前回準優勝者のHAYATOを2RKOに斬って落とすと選手としての評価も急上昇。「K-1」進出3戦目にして、初代世界王者アルバート・クラウスと拳を交えることになった。結果、わずか67秒での敗退。練習も通じて「初めて経験した」という衝撃的な失神KOから1カ月を経た長島☆自演乙☆雄一郎に、その本気とも冗談ともつかない姿に隠された本音について語ってもらった。

──前回の試合を振り返って、いかがですか?

「カウンターを狙っていたけど、一度ミスしたらもうダメでした。やっぱり”世界”は違うなぁって。ここからは、負けて這い上がる姿を見てもらいたいですね」

──初めてノックアウトされたそうですが、それで怖さが生まれたりということは?

「それはないですね。ダウンしてからの記憶がないので(笑)。やっぱり格闘技が好きだし、相手が強ければ強いほど楽しいんですよ」

──長島さんが格闘技を始めたきっかけは?

「小学生のとき、犬の散歩をしていたら近所の人に『柔道をやらないか』と誘われて、習い事として始めました。でも全然弱かったですよ。練習もしてなかったし、中学のころは登校拒否みたいなこともしていたし」

──登校拒否をして、アニメを見ていた?

「空を見てました、公園で(笑)。プロの格闘家を意識するようになったのは高校に入ってからですね。高校でフルコンタクト空手を始めたんですが、3年のときに『PRIDE』のヴァンダレイ・シウバを見て、『総合格闘技のプロになりたい』と思ったんです。ちょうど同じ道場で日本拳法も教えていたので習い始めて、大学でも日本拳法部に入って4年間必死で練習しました。アニメは、お金がなかったのでテレビの深夜アニメを見ていました。昔から、生活の大半は格闘技とアニメが占めていましたね」

jiennotsu000.jpg初音ミクのコスで入場する自演乙

──試合でコスプレをしようと思ったのは?

「総合格闘技でプロデビューした後、今のジムに移って、キックボクシングでデビューしたんです。それで、3戦目で東京に行くことになったとき、ネットで『ハルヒ』制服のメンズサイズが売っているのを見つけたんですよ。思わず『キタコレー!』って叫びました(笑)。その瞬間、自分の中でアニメと格闘技がつながりましたね」

──コスプレは、周囲に止められるようなことはなかったですか? ジムとか厳しそうですが。

「『勝っても負けてもボロクソに言われるだろうから、覚悟が必要だぞ』とは言われました。でも、最終的には好きにさせてくれましたね」

──観客の反応は?

「日本人はドン引き(笑)。でも外国人の観客には受けがよく、盛り上げてくれました」

──相手選手も「ふざけんな!」って思いますよね。

「でしょうね(笑)。でも、単に目立ちたくてコスプレするわけじゃない。ただ自分が好きなことをしてるだけなんです。たとえ他の誰かに『何してんねん』と思われても、もし勝てばインタビューで、『ハルヒが好き』って言える。そのとき『ハルヒって何だろう』って、誰かが少しでも興味を持ってくれるかもしれない。そうやって自分の好きなアニメを広げていくのが目的なんです」

jiennotsu012.jpg入場の演出はすべて自分で考えて
いるという自演乙。

──アニメと格闘技の架け橋になりたい、と。

「そうですね。格闘技をする人がコスプレしてもいいし、レイヤーが格闘技をしてもいい。そういう輪が広がればいいですね」

──話を戻しますが、長島選手は”当てカン”がいいという専門家の評価を耳にします。”天才的”という声もあるようですが、キックボクシングの才能という点ではどのように自己評価していますか?

「才能は……ない、と思います。運動神経もよくないし、走るのも遅い。球技も全然ダメだし。ただ、『考え続ける』という才能はあるのかもしれないですね。どこをどうしたら相手が倒れるかを常に考え、他人の技術を見て研究し、練習しています。寝るときとアニメ見るとき以外は常に考えていますね。ぼくはコスプレが本業で、格闘技は趣味だと公言しています。でも、趣味にもプライドがあるので、本気でやるんです。だからこそ、チャンピオンになりたいと思う」

──ちなみに、長島さんのコスプレはほとんどすべて女装ですが、ゲイなんですか?

「違います(笑)。好きなキャラが女の子ばかりなので、その格好をしているだけですよ」

──男性で好きなキャラクターはいないのですか?

「ビリー・ヘリントンか阿部高和。今いちばん戦ってみたいのはビリーですね。総合ルールで、ゴリゴリの寝技で勝負したい」

──やっぱりソッチなんですね。

「いやいや、それは微妙に違うんですよ! 別に男が好きなわけじゃないです」

──じゃ、彼女いるんですか?

「えーと……禁則事項です♪」

 と、最後は『涼宮ハルヒの憂鬱』から朝比奈みくるの名セリフで締めてくれた自演乙。なお、将来の夢は、声優になること。さしあたっての目標としては、海外のアニメイベントにゲストで呼ばれることと、自分のジムを開いてアニソンを流しながら教えることだという。

「常に、倒すか倒されるかの試合をして観客を楽しませたい」と語り、格闘家という自己をアニメという方法で演出する表現者・長島☆自演乙☆雄一郎。エンターテイナーとしての魅力と、その類まれな実力に、今後さらなる注目を集めることはまちがいないだろう。

●ながしま・じえんおつ・ゆういちろう
1984年、兵庫県西宮市生まれ。06年、「リアルリズム」にて総合デビュー。07年からキックボクシングに転じ、翌年NJKF初代スーパーウェルター級王座を獲得。09年より念願かなって「K-1」に参戦中。「自演乙」はいわゆる「2ちゃんねる」用語。

Re:Package(初回限定盤) [Limited Edition]

←ホンモノ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 お金を払えば○○が見える!『クイーンズブレイド』のメディア戦略
【関連記事】 「全県民向けにプリキュア!?」鹿児島県税務課の美少女ポスター
【関連記事】 AmazonのTOP10に7曲ランクイン アニメ『けいおん!』の異常人気

最終更新:2009/05/23 03:02

「格闘技を通じてアニメを広めたい」長島☆自演乙☆雄一郎の再始動のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

深田えいみのセクシーだけじゃないSNSテク

 ”大喜利お姉さん”として新たなファン層を獲得しているセクシー女優の深田えいみ。発売...
写真